デザイナーの副業をしよう!始め方や注意点を解説【月収5万UP】

デザイナーはデザインの副業をするべきです。副業をすることで、自分のリアルな市場価値を知ることができ、スキルアップにも繋がるからです。本記事では、具体的な案件獲得方法からする上での注意点、合わせてオススメな副業も解説しています。本記事を参考に、知識を身につけ、失敗せず稼げる副業デザイナーになりましょう。

デザイナーの副業をしよう!始め方や注意点を解説【月収5万UP】のイメージ

目次

  1. 1デザイナーが副業をするべき2つの理由
  2. 2デザイナーがデザインの副業を行うメリット・デメリット
  3. 3案件はどう取る?デザイナーの副業を始める方法
  4. 4確認必須!デザイナーの副業をする上での注意点
  5. 5【デザイナー向け】デザインの仕事と合わせてオススメな副業2選
  6. 6【未経験の人へ】デザインの副業をする為にまず勉強しよう!【オススメの勉強法】
  7. 7まとめ

デザイナーの副業に興味がおありですね?

デザイナーの副業は、案件も多く稼げるので始めるべきです。

しかし、デザイナーの副業を始める前にメリットやデメリット、注意点を知っておかないと副業に失敗して上手く稼げなくなる可能性も。

そこで本記事では、デザイナーの副業を始める前に知っておくべきメリットやデメリット、注意点を具体例と共に紹介します。

本記事を読めば、デザイナーの副業のリットやデメリット注意点を理解し、副業を始めることが可能です。

以下で述べていきます。

デザイナーが副業をするべき2つの理由

デザイナーが副業をするべき2つの理由

デザイナーは副業をするべきと言えます。

デザイナーが副業をするべき理由を知る事は、目標設定やモチベーション向上に効果的になります。

デザイナーが副業するべき理由は2つです。
 

  • 自分の市場価値を知れるから
  • 年収をあげられるから

それぞれ見ていきましょう。

理由①:自分の市場価値を知れるから

自分の市場価値を知れるから

デザイナーとして副業をすることで、自分の市場価値を知ることが可能です。

なぜならデザイナーの副業に挑戦することで、自分が今どれほど市場価値があるのかを知ることができます。

デザイナーはスキルや経験値があるほど、単価の高い仕事が取りやすいです。

デザイナーの副業を行い、自分の市場価値を知ることをおすすめします。

理由②:年収を上げられるから【案件数も豊富】

年収を上げられるから【案件数も豊富】

デザイナーの副業をすることで、年収を上げる事ができます。

デザイナーの副業は案件数が豊富で、単価も良いです。

以下で具体的な案件をみていきましょう。

案件

UIUXのデザイン案件になります。

時給は、2,500円〜からです。

上記のような案件が沢山あるので、自分のスキルにあったものを選びましょう。

デザイナーがデザインの副業を行うメリット・デメリット

デザイナーがデザインの副業を行うメリット・デメリット

デザイナーが副業をすべき2つの理由について説明しました。

デザイナーが副業をすべき理由について理解したところで、メリットとデメリットが気になる方も多いのではないでしょうか。
        
デザインの副業を行うメリットとデメリットを理解することは、ミスマッチを防ぐために大切です。

2ー1.メリット

メリット

デザイナーがデザインの副業をするメリットを見ていきましょう。

メリットを知ることで、あなたが本当にデザインの副業をするべきなのかがわかります。

デザイナーがデザインの副業をするメリットは3つです。
 

  • スキルアップに繋がる
  • デザイン以外のビジネススキルが身につく
  • 独立という将来の選択肢が増える

以下でそれぞれ紹介します。

2ー1ー1.スキルアップに繋がる

デザイナーがデザインの副業をすることで、スキルアップに繋がります。

なぜなら、デザイナーとしてスキルの幅が広がり経験値を積むことが可能だからです。

副業では、自分の挑戦したい分野や得意な分野の案件を選ぶことができます。

新たな分野に挑戦することで知識や経験を得ることができ、デザインスキルを向上させることが可能です。

デザイナーがデザインの副業を行い経験を積むことは、スキルアップに繋がります。

2ー1ー2.デザイン以外のビジネススキルが身につく

デザイン以外のビジネススキルが身につくことも、デザイナーが副業をするメリットです。

企業に努めているデザイナーの主な業務はデザインです。

デザインのスキルアップも見込める上に、デザイン以外のビジネススキルも身につける事ができるのが、デザイナーの副業になります。

デザイナーの副業をする場合、営業力や交渉するビジネススキルも必要になります。

2ー1ー3.独立という将来の選択肢が増える

デザイナーがデザインの副業をすることで、独立という将来の選択肢が増えます。

デザインのスキルも上がり、デザイン以外のビジネススキルも身につくため、独立も可能な状態になるのです。

独立すると収益や自分の求めるように働けます。

独立という将来の選択肢が増えることは、デザイナーの副業を行うメリットです。

2ー2.デメリット

デメリット

これまで、デザイナーがデザインの副業をするメリットについて述べてきました。

しかし、メリットがあればデメリットも存在します。

デザイナーがデザインの副業をするデメリットを知ることは、ミスマッチを防ぐのに効果的です。

以下でデザイナーがデザインの副業をする、2つのデメリットについて見ていきます。
 

  • 多忙になる
  • 案件数は豊富だがライバルも多い
1つずつ、見ていきましょう。

2ー2ー1.多忙になる

デザイナーとしてデザインの副業を行うことで、多忙になります。

なぜなら、業務後や休日に作業をする必要があるからです。

休日に作業を行うことで、自由時間が少なくなり疲労も溜まりやすくなります。

休日や趣味の時間を返上し稼働する必要があることは、デザイナーとしてデザインの副業を行うデメリットです。

2ー2ー2.案件数は豊富だがライバルも多い

デザインの副業は、案件数は豊富ですが案件を求めるデザイナーも多くいます

多くの案件に、数人のデザイナーが応募をし、受注が簡単ではありません。

ライバルも多いため、なかなか自分のほしい案件が獲得できないということもあります。

しかし、他のデザイナーよりもデザインスキルや営業力、経験があれば案件に困ることはないです。

案件数と共にライバルも多いことは、デザイナーとしてデザインの副業をするデメリットになります。

案件はどう取る?デザイナーの副業を始める方法

案件はどう取る?デザイナーの副業を始める方法

デザイナーがデザインの副業をするメリットとデメリットについて述べてきました。

メリットとデメリットについて理解したところで、実際に副業を始めたいと思っている方も多いのではないでしょうか。

始める方法について知ることで、すぐに副業を開始することが可能です。

デザイナーの副業を始める方法は以下の4つになります。

 

  • 副業募集サイトを使う
  • ビジネスマッチングサービスを使う
  • メールで直営業
  • ブログやSNSなどプル型営業

以下で見ていきましょう。

3ー1.副業募集サイトを使う

Kasooku

デザイナーの副業を行うには、副業募集サイトを利用する方法があります。

ここでは、副業募集サイトのKasookuというサイトをみていきましょう。

3ー1ー1.Kasooku

Kasookuは、副業募集サイトです。

KasookuにはWebデザイン案件が豊富に紹介されているため、簡単に求人を探して応募できます。

以下で、具体的な案件を見ていきましょう。

Kasooku

LP制作の案件です。
 

業務内容 LP制作  
報酬案
業務時間
5~10万円/月
週5時間〜10時間
 
採用条件 toB向けのWEBページ制作経験のある方
Illustrator、Photoshop、HTML、CSSを使用しての制作経験をお持ちの方
LPデザイン経験のある方歓迎!
1年以上WEBページ制作に携わっている方歓迎!
 


この案件では、LP制作が業務内容になります。

週に5時間〜10時間なので自分の求める業務時間を選ぶことが可能です。

Webページの制作経験がある方、そして1年以上業務経験のある人は歓迎条件に当てはまるため、おすすめな案件になります。

3ー2.ビジネスマッチングサービスを使う

ビジネスマッチングサービスを使う

デザイナーの副業を行う方法として、ビジネスマッチングサービスがあります。

ビジネスマッチングサービスを使うことで、簡単にデザイナーを求めている人と繋がれるので、副業案件を探すことが可能です。

以下で2つのビジネスマッチングサービスを紹介します。
 

  • Wantedly
  • Yenta

3ー2ー1.Wantedly

Wantedly

Wantedlyはビジネスマッチングサービスです。

新卒採用や中途採用、インターン、そして副業や委託案件を探すことのできるサイトになります。

副業や受託案件を探すを選択し、デザイン案件を選択すればすぐに案件をみつけることが可能です。

デザイナー、副業を選択すると1,374もの案件があります。

多くの案件があるので、登録しましょう。

3ー2ー2.Yenta

Yentaはオススメのビジネスマッチングサービです。

様々な業界のデザイナーを求めている人と繋がる事ができるので、おすすめできます。

ビジネスに特化した、完全審査性のマッチングアプリのため、マッチングする人の質が保証されています。

一日10人だけをスワイプすることができるので、無駄なマッチングはうまれません。

相手とマッチすれば、メッセージのやり取りが可能です。

3ー3.メールで直営業

メールで直営業

デザイナーの副業を始める方法として、メールで直営業をすることも可能です。

自身のデザイン実績やポートフォリオを企業サイトのお問い合わせフォームに送り、営業しましょう。

企業が興味を持ってくれた場合は返信があり、どんなスキルがあるのかなど一度アポを取ることになります。

アポで両者の希望が一致すれば、業務委託契約を結び、副業開始です。

直営業はハードルが高そうですが、スキルや実績があれば難しいわけではないので挑戦することをおすすめします。

3ー4.ブログやSNSなどプル型営業

ブログやSNSなどプル型営業

ブログやSNSなどプル型営業も、デザイナーの副業を始める方法です。

プル型営業とは、SNSやブログ、を通して集客し、その中から見込み顧客を探すことになります。

自分のデザインスキルや作品、知識について発信を行いつながりを増やしましょう。

ブログやSNSを使い発信力をつけ、デザイナーを探している人に知ってもらうという方法です。

確認必須!デザイナーの副業をする上での注意点

確認必須!デザイナーの副業をする上での注意点

これまでデザイナーの副業を始める方法について紹介しました。

もう副業を始めることも可能ですが、その前に注意点を確認しましょう。

注意点を知っておくことで、副業で成功させられる確率が上がります。

デザイナーの副業をする上での注意点は3つです。
 

  • 会社にバレたら困る場合は対策を!
  • 案件を取りすぎない
  • 見積もりは慎重に出す

以下で見ていきましょう。

4ー1.会社にバレたら困る場合は対策を!

会社にバレたら困る場合は対策を!

対策を行うことで、デザイナーの副業が会社にバレる確率を大きく下げることが可能です。

副業がバレないようにする対策には3つ方法があります。
 

  • 本業と関わりの会社で副業を行わない
  • 住民税を普通徴収にして納める
  • 周りに副業のことを喋らない

以下で見ていきましょう。

4ー1ー1.本業と関わりの会社で副業を行わない

副業を行う際、本業と関わりのある会社で行わないようにしましょう。

本業と関わりのある会社で副業を行うことで、知人や同僚にバレる可能性が高まるからです。

本業と関わりのある会社は、少なからずあなたの同僚や上司と繋がっています。

悪気はなくとも、あなたが副業をしていることを漏らしてしまうかもしれません。

知り合いが働いている可能性のある企業で働くことで、あなたの副業がバレる確率は高まります。

4ー1ー2.住民税を普通徴収にして納める

デザイナーの副業を行う際、住民税は普通徴収にして収めましょう。

住民税は収益によって報酬が変わり、副業で得た収益により住民税が変わります。

普通徴収とは個人で住民税を支払う方法です。

変更しない場合、企業が住民税の支払いを行う特別徴収が一般的になります。

4ー1ー3.周りに副業のことを喋らない

副業がバレたくない場合、関連することを周りに喋らないようにしましょう

副業をしていることを知った友人や同僚が、悪気もなく第三者に伝えてしまう可能性があるからです。

噂は簡単に広がってしまうので、副業をバレたくない場合は第三者に喋らないようにしましょう。

4ー2.案件を取りすぎない【本業副業どちらも破綻します】

案件を取りすぎない【本業副業どちらも破綻します】

デザイナーの副業を行う際、案件を取りすぎないようにしましょう。

案件を取りすぎてしまうことで、忙しく納期が守れず質にも影響が出てしまう可能性があります。

案件を取りすぎ手一杯にしてしまうことで、本業と副業も中途半端になってしまい、どちらも上手く仕事を回せなくなってしまうかもしれません。

破綻を防ぐ為、デザイナーの副業を行う際は案件を取りすぎないようにしましょう。

4ー3.見積もりは慎重に出す【自分が満足する値付けが理想】

見積もりは慎重に出す【自分が満足する値付けが理想】

デザイナーの副業をする際、見積もりは慎重に出しましょう。

満足できない収益の場合、副業を続けることは難しくなるからです。

自分のスキルに対して安い収益しか得られないと、副業に対するモチベーションや質が下がります。

自分が満足する値付けが理想なので、副業を行う際見積もりは慎重に出しましょう。

副業を行う前に、どのくらいの稼働時間でいくら報酬が欲しいのか、など素直な希望条件を決めることで見積もりを出す時迷わずにすむので役立ちます。

【デザイナー向け】デザインの仕事と合わせてオススメな副業2選

【デザイナー向け】デザインの仕事と合わせてオススメな副業2選

これまで、デザイナーの副業をする上での注意点について述べてきました。

次に、デザインの仕事と合わせてオススメな副業2選をみていきましょう。

デザインの仕事と合わせてオススメな副業をすることで、新たな収益源を生むことができるというメリットがあります。

デザインの仕事と合わせてするべき副業は2つです。
 

  • 【ブログ】営業にもなるし広告収入も得られる
  • 【MENTA】得意を教える

それでは見ていきましょう。

5ー1.【ブログ】営業にもなるし広告収入も得られる

【デザイナー向け】デザインの仕事と合わせてオススメな副業2選

ブログはデザインの仕事と合わせてオススメな副業です。

デザイン力やデザイン知識を活かせるブログ運営は、営業にもなり広告収入を得ることもできます。

ブログ自体がデザインのスキルを示してくれるので、営業にも使えるのです。

また、Google AdSense広告を使うことで、広告がクリックされる度に収益が発生します。

デザインスキルを活かし広告収入を得られるブログは、デザイナーの仕事と合わせてオススメできる副業です。

5ー2.【MENTA】得意を教える

menta

デザイナーの副業として、MENTAもオススメです。

MENTAは自分のスキルを他者に教えることで収益を得ることができます。

第三者にデザインスキルを教えることで収益を得られる為、デザイナーにオススメな副業です。

【未経験の人へ】デザインの副業をする為にまず勉強しよう!【オススメの勉強法】

【未経験の人へ】デザインの副業をする為にまず勉強しよう!【オススメの勉強法】

これまでデザインの副業と合わせてオススメな副業を紹介しました。

しかし、中には未経験でデザインの副業を考えている人も多いのではないでしょうか。

未経験からデザインで稼ぐことは可能ですが、そのためにはまず勉強をしましょう。

デザインのおすすめ勉強方法は3つです。
 

  • デジハリオンラインスクール
  • Udemy
  • Schoo デザイン学部

以下で見ていきましょう。

6ー1.デジハリオンラインスクール

デジハリオンラインスクール

デジハリオンラインスクールでは、未経験からデザインを学べます。

グラフィックデザインやWeb制作など、自分の求めるスキルを学ぶことが可能です。

オンライン受講が可能なため、本業や学生をしながらでも学ぶことができます。

スタッフのサポートも充実しているため、不安なことがある人はまず相談しましょう。

Dreamweaver/HTML5/CSS3講座、Webデザインの基礎を学ぶ講座は全4ヶ月74,800円です。

その道のプロにから本当に必要な知識を学べるので、就転職、フリーランスに強いという特徴があります。
 

6ー2.Udemy

udemy

Udemyでは専門家からデザインスキルを学ぶことができます。

また、選べるトピックが無数なのでキャリアアップと自己成長のためのライブラリを作ることが可能です。

100,000のオンラインコースがあり学習期限がないので自分のペースで学習を行えます。

PythonやIllustratorなど様々なコースがあるので、他分野に渡りデザインを学びたい人におすすめです。

6ー3.Schoo デザイン学部

Schoo デザイン学部

Schooデザイン学部でも、デザインのスキルを身につけることができます。

基礎から応用編までコースが分かれているので、自分のレベルに合った教材を選ぶ事が可能です。

例えば、明日から使えるデザイン基礎理論という講座があり、初心者が基礎を一時間で完了できるコースになります。

月額980円でプレミアム会員に登録すると、動画が見放題になるので登録することがおすすめになります。

また、様々な講師の学習動画を見て学ぶことが可能なため、自分に合った動画で学びましょう。
 

まとめ

デザイナーの副業について述べてきました。

デザイナーがデザインの副業をすることで、スキルアップに繋がり独立という将来の選択肢も広がります。

しかし、多忙になるというデメリットも忘れないようにしましょう。

デザイナーの副業を始めるには、Kasookuやビジネスマッチングサービスに登録するという方法もありました。

この記事を参考に、副業への一歩を踏み出しましょう!

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ