ネットワークエンジニアの経験を活かして副業をする方法を解説します

ネットワークエンジニアの経験を活かした副業について詳しく解説しています。ネットワークエンジニアの副業の概要、副業案件の具体例、案件を探す方法、注意点を網羅的に紹介。この記事を読むことで、ネットワークエンジニアの副業への一歩を踏み出せるような内容になっています。

ネットワークエンジニアの経験を活かして副業をする方法を解説しますのイメージ

目次

  1. 1ネットワークエンジニアの経験を活かした副業は可能です
  2. 2【具体例】ネットワークエンジニアの経験を活かせる副業案件
  3. 3ネットワークエンジニアの副業案件を探す3つの方法
  4. 4気をつけて!ネットワークエンジニアが副業をするときの注意点
  5. 5まとめ

ネットワークエンジニアの副業に興味がおありですね?

ネットワークエンジニアの経験を活かした副業をすることは可能です。

ネットワークエンジニアには、Webやネットワークに関する知識全般が求められます。

また、副業をする上での注意点を知ることも必要です。

そこで本記事では、ネットワークエンジニアの副業の概要や案件の具体例、注意点をご紹介します。

本記事を読めば、ネットワークエンジニアの経験を活かせる副業案件を見つけることが可能です。

本記事を参考にして、副業への一歩を踏み出しましょう!

ネットワークエンジニアの経験を活かした副業は可能です

ネットワークエンジニアの経験を活かした副業は可能です

ネットワークエンジニアの経験を活かした副業はできます。

しかし、ネットワークエンジニアの副業について詳しく知らないという方も多いのではないでしょうか。

そこで、まずはネットワークエンジニアの副業について、以下の4点を確認していきましょう。

・そもそもネットワークエンジニアの仕事内容って?
・ネットワークエンジニアの副業をするために必要なスキル
・ネットワークエンジニアの将来性
・サーバーエンジニアやインフラエンジニアとの違い

ネットワークエンジニアの副業について理解すれば、副業を成功させられる可能性がアップします。

以下で、詳しく見ていきましょう。

そもそもネットワークエンジニアの仕事内容って?

そもそもネットワークエンジニアの仕事内容って?

そもそも、ネットワークエンジニアの仕事内容はどのようなものなのでしょうか。

ネットワークエンジニアとは、コンピュータネットワークの設計・構築・運用・保守を行う技術者のことです。

ネットワークエンジニアの仕事内容は、以下の工程に分類されます。
 

設計 ・クライアントからヒアリング
・詳細設計
構築 ・ネットワーク機器の設定
・テスト
運用・保守 ・ネットワークの変更や増設
・故障やトラブルへの対応

「設計」は、クライアントがどのようなシステムを構築したいのかをヒアリングし、ネットワーク機器(ルータ・スイッチなど)の設置内容、ケーブルの配線ルートなどの詳細な設計を行う業務です。

「構築」では、詳細設計に基づいて実際にネットワーク機器の設置・設定を行い、正常に動作することをテストしてクライアントへ提出します。

「運用・保守」は、状況に応じたネットワーク機器の設定変更・構成変更、故障やトラブルの発見・対応を行う業務です。

工程毎に担当するエンジニアが分かれていることが大半で、未経験の場合は運用・保守から始めて、構築、設計へと徐々に携わる分野を広げていきます。

ネットワークエンジニアは、ネットワークの設計、構築から運用・保守まで、幅広い専門知識と技術が必要とされる仕事です。

ネットワークエンジニアの副業をするために必要なスキル

ネットワークエンジニアの副業をする為に必要なスキル

次に、ネットワークエンジニアの副業をするために必要なスキルを確認していきましょう。

ネットワークエンジニアの副業をするためには、以下の3つのスキルが必要になります。
 

技術面のスキル ネットワークに関するスキル
パーソナルスキル コミュニケーション能力
副業をするスキル 時間管理能力

ネットワークエンジニアには、まず以下の3つに大別される「ネットワークに関するスキル」が必須です。

・WAN系(主にITUで規格化された技術 )→ADSL、CATVなど
・LAN系(主にIEEEで規格化された技術)→イーサネット、ルーティングなど
・インターネット系(主にIETFが中心となって規格化している技術)→メール、WWWサーバなど

WAN系の需要が低くなり、インターネット系の需要が高くなっています。

ネットワークエンジニアは、専門的知識のないクライアントにヒアリングや提案を行い、他のエンジニアと意見交換をしながら業務を進める必要があるため、「コミュニケーション能力」が必要です。

更に、副業を成功させるには時間の有効活用が重要なポイントとなるため、「時間管理能力」も必要になります。

具体的には、副業の優先順位を上げ、ゲームやスマホをいじるといった不要な時間を副業に使う、通勤電車の中やお昼休みなどの隙間時間を有効活用するといった工夫をしましょう。

ネットワークエンジニアの副業をする為には、ネットワークに関する技術面のスキル、コミュニケーション能力、時間管理能力が必要です。

ネットワークエンジニアの将来性

ネットワークエンジニアの将来性

続いて、ネットワークエンジニアの将来性について確認していきましょう。

インフラを必要としている企業の多くは既にネットワーク構築を終えているため、新規でネットワーク設計、構築を行う案件は少なく、運用・保守を行う案件が中心となっているのが現状です。

運用・保守は継続的に行っていく必要があるため、需要が急激に下がることはないと考えられます。

更に今後、自前のネットワークからクラウドサービスへ移行する企業も増加すると予測されるため、サーバーやネットワークの仮想化技術といったクラウドに関するスキルを身に付けることが望ましいです。

また、最近のネットワークはインターネットで利用されている技術が基礎になっており、サイバー攻撃による脅威が深刻化しているため、ファイアウォールやIDSといったセキュリティスキルは今後ますます求められます。

運用・保守案件の需要は継続してありますが、クラウドスキルとセキュリティスキルを身に付ければ、ネットワークエンジニアの将来性は更に明るいです。

サーバーエンジニアやインフラエンジニアとの違い

サーバーエンジニアやインフラエンジニアとの違い

では、ネットワークエンジニアと、サーバーエンジニアやインフラエンジニアとの違いはどこにあるのでしょうか。

以下が、3者の概要です。
 

ネットワークエンジニア ネットワークに特化した業務を行うエンジニア
サーバーエンジニア サーバーに特化した業務を行うエンジニア
インフラエンジニア ITインフラ全般の業務を行うエンジニア

サーバーエンジニアは、ネットワークエンジニアの仕事の領域の、特にサーバー周りの構築や設定、カスタマイズを行います。

インフラエンジニアに明確な定義はありませんが、ネットワークエンジニアとサーバーエンジニアを合わせてインフラエンジニアと呼んでいる企業が多いです。

職種名が同じでも、実際の仕事内容は企業ごとに大きく異なる場合があるため、副業をする際には業務内容をしっかり確認しておく必要があります。

【具体例】ネットワークエンジニアの経験を活かせる副業案件

【具体例】ネットワークエンジニアの経験を活かせる副業案件

ネットワークエンジニアの副業の概要を確認してきました。

ここでは、ネットワークエンジニアの経験を活かせる副業の、具体的な案件をご紹介します。

・ネットワーク設定
・ネットワーク機器の設定
・ネットワークの運用
・ネットワークエンジニアについての記事執筆
・技術講師

具体的な案件を知ることで副業のイメージが湧き、モチベーションをアップさせることが可能です。

以下で詳しく見ていきましょう。

ネットワーク設定

ネットワーク設定

ネットワークエンジニアの経験を活かして、ネットワーク設定の副業をすることができます。

以下で、具体的な案件の詳細を見ていきましょう。
 

案件 Ciscoのルーター、IPネットワークの設定
仕事内容 ・クライアントの技術的な要望をヒアリング、環境などを確認
・顧客向けの提案書の作成
・実装、デモンストレーションなど
報酬 時給2,000円、交通費支給あり
必須スキル Ciscoのルーター、IPネットワークの知識と経験

衛星通信サービスの提供、衛星通信機器の販売・レンタルを行うIT企業の案件です。

週3日、1日4時間からの勤務ができます。

ネットワーク機器の設定

ネットワーク機器の設定

ネットワークエンジニアの経験を活かして、ネットワーク機器の設定の副業ができます。

以下で、具体的な案件の詳細を見ていきましょう。
 

案件 PC・ネットワーク機器設定
仕事内容 企業や店舗でPC・ネットワーク機器など各種機器のセットアップ、入れ替え作業
報酬 完全出来高制 10,000円~15,000円/1件
必須スキル 未経験者OK、パソコンの基本的な設定ができる方大歓迎

法人、店舗向けPCサポートサービスの案件です。

週1日からOKで、空いている日に働けます。

ネットワークの運用

ネットワークの運用

続いて、ネットワーク運用の案件をご紹介します。
 

案件 銀行向けネットワーク運用
仕事内容 ・障害対応
・申請書対応
・NW設定変更
・業務改善
・FW設定変更
報酬 〜700,000円/月
必須スキル ネットワーク運用経験3年以上

銀行向けネットワーク運用の業務委託案件です。

最高月収70万円の高額な報酬が得られます。

ネットワークエンジニアについての記事執筆

ネットワークエンジニアについての記事執筆

ネットワークエンジニアについての記事執筆の副業をすることも可能です。

ネットワークエンジニアの知識・経験を活かして記事を執筆し、収入を得られます。

具体的な案件を1つ見てみましょう。
 

案件 IT・Web・エンジニア業界の転職に関する記事の作成
執筆内容 「ネットワークエンジニア・転職」のようなキーワードで記事執筆
文字数 5,000文字
報酬 1記事5,000円

上記以外にも、グルメ・金融・不動産など様々なジャンルの記事執筆案件があります。

初めは文字単価が低めですが、経験を積み記事の質を高められれば文字単価5円程度まで上げることも可能です。

ネットワークエンジニアの知識・経験を活かして、本業の合間に記事執筆の副業をすることができます。

技術講師

技術講師

ネットワークエンジニアの経験を活かして、技術講師の副業をすることもできます。

具体的な案件を1つ見てみましょう。
 

案件 ネットワーク系インストラクター
仕事内容 スクール内、企業研修などにおけるメイン講師及びサブ講師
報酬 案件により異なる
必須スキル 実務経験は必須、講師の経験は不問

最近では、ネットワークエンジニアにもプログラミングスキルが求められることが増えています。

プログラミングスキルがある場合は、例えば「CodeCamp」で、自分の得意な言語で、好きな時間に、完全リモートで技術講師の副業をすることが可能です。

1レッスンあたり1,800円~2,800円の報酬が得られます。

技術講師の副業は、ネットワークエンジニアの知識や経験を活かして、比較的高額な報酬を得ることが可能です。

ネットワークエンジニアの副業案件を探す3つの方法

ネットワークエンジニアの副業案件を探す3つの方法

ネットワークエンジニアの経験を活かせる副業の具体的な案件を見てきました。

では、実際にネットワークエンジニアの副業はどう探せば良いのでしょうか。

ここでは、ネットワークエンジニアの副業を探せるオススメのサービスを3つご紹介します。

・Kasooku
・CrowdTech
・Green

ネットワークエンジニアの副業を探せるオススメのサービスを知れば、希望の案件を見つけることが可能です。

以下で、順に詳しく見ていきましょう。

Kasooku

Kasooku

Kasooku」は、ネットワークエンジニアの副業案件を多く取り扱う副業マッチングプラットフォームです。

詳しい企業紹介がされており、副業初心者歓迎・リモート面談可といった条件で案件を探すことも可能なため、不安なく副業を始めたい人にオススメできます。

個人ユーザーは完全無料でプラットフォームを利用することができ、案件を探す・企業と面談をする等に料金はかかりません。

具体的な案件を1つ見てみましょう。

株式会社デザイア・プラス
 

案件 ハード・ソフトのシステムの第三者検証業務
仕事内容 ハード・ソフトのシステムの第三者検証、品質保証業務
報酬 月収:8万円〜36万円
(時給:2,000円〜3,000円)
採用要件 インフラエンジニアスキル

サーバー・ネットワークの設計、構築、運用、携帯電話基地局インテグレーションのトータルサポート、ソフトウェア・ハードウェアの検証支援を行っている会社の案件です。

週10~30時間で稼働できます。

Kasookuは完全無料で利用できるため、費用をかけずに副業を始めたい人にオススメです。

CrowdTech

CrowdTech

CrowdTech」は、フリーランスエンジニア・デザイナーに特化したキャリアサポートサービスです。

クライアント企業から、業務を登録会員に再委託してマッチングを実現します。

具体的な案件を1つ見て見ましょう。
 

案件 データセンタNWの維持保守業務
仕事内容 データセンターにおけるインフラ運用・維持・保守、リリース作業、
障害対応、ユーザ問合せ対応など
報酬 375,000〜525,000円/月
必須スキル ・CCNP相当のNW知識
・NW運用経験
・L3SW、L2SW、FWの操作経験
・ルーティング知識 OSPF、BGP
・冗長化知識 VRRP、HSRP、リンクアグリゲーション、FlexLink
・その他 NW知識 VLAN、NAT、QoS、VPN等
・DNSの知識

以上の案件のほかにも、週3日・4日OKの仕事も多数扱っています。

取扱案件の33%がリモートワークなため、自由な働き方を実現したい人にオススメです。

Green

Green

Green」は、IT・Web企業が最も多く利用する転職・求人サイトです。

企業と直接連絡が取れ、「気になる」で企業への興味を気軽に伝えられます。

企業とマッチングしたら、カジュアル面談をすることが可能です。

具体的な案件を1つ見てみましょう。

株式会社 ジェネスティコンサルティング
 

案件 ネットワークエンジニア:ポテンシャル採用
仕事内容 サーバ・ネットワークのインフラ構築からWeb系システム開発など、スキルマッチしたプロジェクトを担当
報酬 年収300万円〜700万円

エンジニアの希望するキャリアをかなえるためエンジニアファーストのSESを実現している会社で、働きながらスキルアップできる環境が整っています。

社内の雰囲気がわかる詳しい企業紹介がされており、働く企業をじっくり選びたい人にオススメです。

気をつけて!ネットワークエンジニアが副業をするときの注意点

気をつけて!ネットワークエンジニアが副業をするときの注意点

ネットワークエンジニアの副業を探せるオススメのサービスを見てきました。

ここからは、実際にセキュリティエンジニアが副業をするときの注意点を3つご紹介します。

・そもそも本業の会社で副業が禁止されていないか?
・会社にバレたくない場合は住民税を普通徴収にする
・確定申告を忘れずに行う

注意点を把握しておけば、ミスを未然に防いで副業を成功させることが可能です。

以下で、詳しく見ていきましょう。

そもそも本業の会社で副業が禁止されていないか?

そもそも本業の会社で副業が禁止されていないか?

そもそも、本業の会社で副業が禁止されていないか確認が必要です。

社内規定で副業を禁止している企業もあります。

禁止されているのに副業をした場合、減給や降格、最悪解雇されてしまう可能性があるのです。

副業を始める前に、本業の会社で副業が禁止されていないか確認しましょう。

会社にバレたくない場合は住民税を普通徴収にする

会社にバレたくない場合は住民税を普通徴収にする

会社に副業がバレたくない場合は、住民税を「普通徴収」にしましょう。

普通徴収の場合は、会社ではなく個人で住民税を支払います。

給料から天引きされる「特別徴収」の場合は、副業の分だけ住民税額が高くなり、会社にバレてしまうのです。

確定申告の際に、住民税の納付方法の項目で普通徴収を選択することで、会社にバレずに副業をすることができます。

確定申告を忘れずに行う

確定申告を忘れずに行う

確定申告を忘れずに行いましょう。

副業の所得が20万円を超えた場合は、確定申告が必要になります。

所得は、収入全てではなく、収入から経費を差し引いた額です。

義務があるにもかかわらず申告を怠ると、重加算税などのペナルティーを科されてしまいます。

副業の収入が20万円以下の場合でも、医療費控除や住宅ローン控除を受けて確定申告を行えば、還付金を受け取れる可能性もあるのです。

副業の所得が20万円を超えたら、忘れずに確定申告を行いましょう。

まとめ

ネットワークエンジニアの経験を活かした副業について詳しく見てきました。

ネットワークエンジニアの経験を活かした副業をすることは可能です。

案件は、Kassokuのような副業マッチングサービスや、副業エージェントで探せます。

住民税を普通徴収にする、確定申告を忘れずに行うといった注意点に気を付け、副業への一歩を踏み出しましょう!

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ