フルコミッション営業の副業とは?【営業に自信がある人必見】

フルコミッション営業の副業について、メリットやデメリット、注意点を説明しています。営業に自信がある人にはフルコミッション営業の副業がオススメです。また、具体的な始め方も説明しています。この記事を読めば、フルコミッション営業の副業を始める事が可能です。

フルコミッション営業の副業とは?【営業に自信がある人必見】のイメージ

目次

  1. 1フルコミッション営業とは?【副業もOK】
  2. 2副業でフルコミッション営業を始めるメリット・デメリット
  3. 3フルコミッション営業の副業を始める方法【興味知識のある業界を選ぶ】
  4. 4副業でのフルコミッション営業が向いている人
  5. 5副業でフルコミッションの営業をするときの注意点
  6. 6まとめ

フルコミッション営業の副業に興味があるようですね?

フルコミッションの営業で稼ぐことは可能ですが、事前に知っておくべきメリットやデメリット、注意点があります。


メリットやデメリット注意点を知ることは、副業を成功させる大事なポイントなのです。

この記事を読めばフルコミッション営業の副業の始め方、自分がフルコミッション営業の副業に適しているかしっかりわかります。

以下で詳しくみていきましょう。

フルコミッション営業とは?【副業もOK】

フルコミッション営業とは?【副業もok】

フルコミッション営業の副業は、完全成果主義の仕事です。

成果を上げた分だけ収益が上がり、成果が上がらなければ収益もない仕組みになります。

土日だけでできる案件もあるなど、副業としても行うことができるのです。

1ー1.完全成果主義の働き方

完全成果主義の働き方

完全成果主義の働き方とは、ノルマや固定収入が存在せず自分のあげた成果に伴って収益が決まります。

また、自分のすきま時間、土日だけでも行うこと可能です。

成果をあげるほど収益が上がるので、スキルに自信がある人にとっては魅力的な副業になります。

副業でフルコミッション営業を始めるメリット・デメリット

副業でフルコミッション営業を始めるメリット・デメリット

これまで副業で行うフルコミッションの概要について説明しました。

フルコミッション営業について理解したところで、副業で行うメリット・デメリットが気になる人も多いのではないでしょうか?

ここからは、副業でフルコミッション営業を始めるメリットとデメリットについて説明します。

2ー1.メリット

メリット

営業でフルコミッション営業を始めるメリットは以下の3つです。
 

  • 収入が青天井に稼げる
  • 働く時間を自分で決定できる
  • 成果直結なのでモチベーションが上がりやすい

それぞれ、見ていきましょう。

2ー1ー1.収入が青天井に稼げる

副業でフルコミッション営業をする場合、収入が青天井に稼げます。

自分が成果を上げただけ収益を得ることができるので、収入に限りがありません。

収入が青天井に稼げる可能性を秘めていることは、フルコミッション営業のメリットです。

2ー1ー2.働く時間を自分で決定できる

フルコミッション営業の副業では、働く時間を自分で決定できます。

多くの時間を割くこともできますし、土日だけなど少ない時間から始めることもできるのです。

自分の生活スタイルや求める収益に基づいて、働く時間を自分で決定できる事はメリットと言えます。

2ー1ー3.成果直結なのでモチベーションが上がりやすい

フルコミッション営業は、成果直結なのでモチベーションが上がりやすいです。

成果を上げれば上げるほど収入は増えます。

副業を行う上でモチベーションは成果につながるため、大切なのです。

2ー2.デメリット

2ー2.デメリット

続いて、デメリットも確認しましょう。

副業で行うフルコミッション営業のデメリットは以下の2つです。
 

  • 成果がなければ収入はゼロ
  • スケジュール管理など事務的な負担がある

以下で述べていきます。

2ー2ー1.成果がなければ収入はゼロ

フルコミッション営業を始めるデメリットとして、成果がなければ収益はゼロという点があります。

成果をあげられれば大きな収益が得られる一方で、成果をあげられない可能性もあるのです。

時間をかけたとしても、必ず収益が得られるわけではありません。

収益がゼロになってしまう可能性がある事は、副業におけるフルコミッション営業のデメリットと言えます。

2ー2ー2.スケジュール管理など事務的な負担がある

スケジュール管理など事務的な負担があることもデメリットといえます。

会社員として勤める場合、営業を行うことが最優先です。

しかし副業でフルコミッション営業を行う場合、会社員としては発生しなかった経理などの業務が生まれます。

スケジュール管理など事務的な負担が生まれる事は、フルコミッション営業の副業としてのデメリットです。

フルコミッション営業の副業を始める方法【興味知識のある業界を選ぶ】

フルコミッション営業の副業を始める方法【興味知識のある業界を選ぶ】

これまで副業でフルミッション営業を始めるメリットデメリットについて説明しました。

メリットとデメリットについて理解したところで、フルコミッション営業を始めたいと思う人も多いのではないでしょうか。

フルコミッション営業の副業を始める方法は2つあります。
 

  • セールス特化の副業マッチングサイトを使う
  • 企業と代理店契約を結ぶ


以下で述べていきます。

3ー1.セールス特化の副業マッチングサイトを使う

企業と代理店契約を結ぶ

フルミッション営業の副業を始める方法として、セールス特化の副業マッチングサイトを使う方法があります。

副業マッチングサイトとは、クライアントを探す個人と案件を出している企業をマッチングさせるサービスです。

副業マッチングサイトを使うことで自分の興味や知識のある案件を選べるので、効率よく副業を行えます。

3ー2.企業と代理店契約を結ぶ

フルミッション営業の副業を始める方法として、企業と代理店契約を結ぶ方法があります。

代理店契約とは、事業会社の代わり営業を行う契約です。

代理店のアントレでは、独立したい人を支援しています。

案件も提示されているので、自分の希望に沿った案件をアントレから探せるのです。

セールス特化の副業マッチングサイトを使う

3ー2ー1.kasooku

Kasookuはセールス特化の副業マッチングサイトになります。

副業マッチングサイトの中でも、営業に特化した案件が多いです。

様々な案件が登録されているため、自分の興味や知識のある業界を選ぶことができます。

興味や知識のある業界を選ぶことで、成約するだけ収益が生まれるコミッション営業のメリットを生かすことができるのです。

なので、フルコミッション営業の副業を始める方法として、Kasookuに登録することをお勧めします。

副業でのフルコミッション営業が向いている人

副業でのフルコミッション営業が向いている人

これまで、フルコミッション営業の副業を始める方法について説明しました。

次に、副業でのフルコミッション営業が向いている人の特徴を3つ紹介します。
 

  • 営業スキルがあって固定報酬よりも稼ぐ自信がある人
  • 主体的に行動でき、PDCAを回せる人
  • とにかくたくさん稼ぎたい人

以下で述べていきます。

4ー1.営業スキルがあって固定報酬よりも稼ぐ自信がある人

4ー1.営業スキルがあって固定報酬よりも稼ぐ自信がある人

営業スキルに自信があり、固定報酬よりも稼ぐ自信がある人は副業でのフルコミッション営業がオススメです。

フルコミッション営業では成果が出ないと報酬を受け取れませんが、固定報酬が定められていないので一件の成約に対する報酬が高くなります。

固定報酬とは、案件を獲得した時点で収益が決まっている形態です。

固定報酬ではあげた成果に関係なく報酬が決まっています。

なので、営業スキルに自信がある場合、固定報酬が定められていないフルコミッション営業がオススメです

4ー2.主体的に行動できてPDCAを回せる人

4ー2.主体的に行動できてPDCAを回せる人

主体的に行動できてPDCAを回せる人にも、副業でのフルコミッション営業が向いています。

フルコミッションの営業は成果主義だからです。

成果がない状況で同じ戦略を使ってフルコミッションの営業をしても、報酬はゼロ。

成果が望ましくないときは、原因を分析し改善案を考え実行する必要があるのです。

なので、成果に向けて常に改善していく力がある人は、フルコミッションの営業が向いています。

4ー3.とにかく多く稼ぎたい人

4ー3.とにかくたくさん稼ぎたい人

とにかく多く稼ぎたい人も、副業でフルコッション営業に向いています。

副業でのフルコミッション営業では成果の分だけ稼ぐことができるうえ、固定報酬よりも報酬が高いため、収益を大きくあげたい人には向いているのです。

固定報酬では成果を上げたところで収益は変わらないので、多く稼ぐ事は難しくなるのです。

なので、多く稼ぎたい人は、フルコミッション営業が向いています

副業でフルコミッションの営業をするときの注意点

副業でフルコミッションの営業をするときの注意点

これまで、副業でのフルコミッション営業が向いている人について説明しました。

ここからは、副業でフルコミッションの営業するときの注意点をみていきましょう。
 

  • フルコミッション営業は業務委託契約を結ぶ必要がある
  • 無理をしすぎない【フルコミッション以外の働き方もある】
  • 会社にバレたくない場合は住民税を普通徴収にする

以下で述べていきます。

5ー1.フルコミッション営業は業務委託契約を結ぶ必要がある

正社員でのフルコミッションは違法【業務委託契約】

フルコミッション営業で働きたい場合、業務委託契約を選ぶ必要があります。

正社員の場合、フルコミッション営業として働く事は違法です。

業務委託契約とは正社員とは異なり、特定の案件を成約させると言う業務に対し、収益が発生する仕組みです。

なので、フルコミッション営業の副業では業務委託契約を結びましょう

5ー2.無理をしすぎない【フルコミッション以外の働き方もある】

無理をしすぎない【フルコミッション以外の働き方もある】

副業でフルコミッションの営業する場合、無理をしすぎないことに注意しましょう。

無理をする事で、本業に影響が出てしまう可能性があるのです。

副業に力を入れてしまうことで、睡眠不足や疲労が溜まりやすくなります。

睡眠不足や疲労が、本業に支障をきたしミスが生まれてしまうのです。

なので、本業に支障をきたさない様にするためにも、必要以上に力を入れることは控えましょう。

5ー3.会社にバレたくない場合は住民税を普通徴収にする

会社にバレたくない場合は住民税を普通徴収にする

住民税は普通徴収に変更しましょう。

副業により収益が増えると、住民税の変化により会社にバレてしまう可能性があります。

そこで、住民税を普通徴収にすることで、個人で住民税の支払いを行い会社に住民税額の通知が行かないようにするのです。

会社に副業がバレたくない場合、住民税は普通徴収に変更しましょう。

まとめ

本記事では、フルコミッション営業の副業について紹介しました。

収入が青天井で働く時間を自分で決定できると言うメリットがありますが、成果がなければ収入はゼロです。

そして、スケジュール管理など全部的な負担があるというデメリットもあります。

副業を始める方法は企業と代理店契約を結ぶか、Kasookuなど営業特化のマッチングサイトを利用しましょう。

本記事を読んで、フルコミッション営業の副業に挑戦してみてください。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ