未経験でもOK!ライターの副業で月5万稼げる方法を紹介!

ライターの副業について詳しく解説しています。この記事では、ライターの副業を始める具体的な方法から、ライターの副業で稼ぐ上でのポイント、会社にバレずに副業する方法まで網羅的に紹介。この記事を参考に、ライターの副業を始めましょう!

未経験でもOK!ライターの副業で月5万稼げる方法を紹介!のイメージ

目次

  1. 1ライターの副業とは?
  2. 2Webライターの副業がオススメな理由
  3. 3Webライターの副業をはじめる最も簡単な方法
  4. 4おすすめのWebライター募集サイト3選
  5. 5Webライターの副業でいくら稼げる?
  6. 6最初の目標!月5万安定して稼ぐための3つのポイント
  7. 7副業ライターに必要な確定申告について
  8. 8Webライターに向いているのはこんな人
  9. 9まとめ

今人気のライターの副業、あなたも気になっているのではないでしょうか。

しかしライターというと、「むずかしそう」「未経験でもできるの?」と思う人も多いはず。

また、副業が職場や周囲にバレることを心配している人も、多いことでしょう。

この記事では、ライターの副業のポイントをまとめて知ることができます。

ライターの副業で、自宅にいながらこっそり毎月の収入を増やしましょう!

ライターの副業とは?

ライターの副業とは?

ライターの副業とは、メディアに掲載する文章を作成する副業です。

仕事の内容は、記事・エッセイ・レポート・書評・アンケートの回答など、さまざま。

ライターは主に、雑誌や書籍の仕事を請け負う、紙媒体のライターと、Web上に掲載する文章を請け負うWebライターにわかれます。

1-1.【Webライター】Webサイトやブログの記事を作成する

【Webライター】Webサイトやブログの記事を作成する

Webライターは、主にWebサイトやブログの記事を作成します。

紙媒体のライターに比べ、案件数も多く参入しやすいことから、初めてライターの副業をする人はWebライターがオススメです。

Webライターの副業がオススメな理由

Webライターの副業がオススメな理由

Webライターの副業がオススメな理由は、その敷居の低さです。

副業を始めるにあたっての初期投資がほとんどいらない、未経験者でも稼げるなど、たくさんの理由があげられます。

それでは、オススメする具体的な理由を見ていきましょう。

2ー1.必要なのはパソコンのみ

必要なのはパソコンのみ

Webライターは、パソコンさえあれば始めることができます。

パソコンは、インターネットと文章の作成ができればいいので、自宅にパソコンがあれば、それ以上の費用はかかりません。

2ー2.未経験でもすぐに稼げる

未経験でもすぐに稼げる

Webライターは、未経験でもすぐに稼ぐことができます。

なぜなら、Webライティングは高度な文章表現が必要とされず、わかりやすく伝わる文章を書くことができれば、仕事が可能だからです。

最初に、Webライティングに関する基本的なテクニックを学ぶ必要はありますが、テクニックを理解すれば、未経験者でも仕事を受けて稼ぐことができます。

2-3.隙間時間で稼げる

隙間時間で稼げる

Webライターの仕事は、まとまった時間がとれない人でも、隙間時間で稼ぐことができます。

案件によっては、3分~10分で出来るものもあるからです。

経験をつみ積み、短い時間で文章を書けるようになれば、さらに効率よく稼ぐことができます。

本業が忙しい人でも副業ができるのが、Webライターなのです。

2-4.在宅仕事だから周囲にバレない

在宅仕事だから周囲にバレない

Webライターの副業は、在宅で出来るため、周囲にバレることなく稼ぐことができます。

仕事の受注や納品、依頼主とのやりとりまで、全ての作業を自宅からインターネットを介して行うためです。

Webライターの副業は、知人や職場にバレることなく、副業をしたいという人には最適と言えます。

2ー5.一生もののスキルが身につく

一生もののスキルが身につく

Webライターの副業は、一生もののスキルを身につけられます。

Webライティングの仕事を通じて、文章力や、物事の解説力をつけることができるのです。

身につけたスキルは、文章に関係する仕事だけでなく、あらゆる職やコミュニケーションに活かされます。

Webライターの副業によって、生涯役に立つスキルを習得できるのです。

Webライターの副業をはじめる最も簡単な方法

Webライターの副業をはじめる最も簡単な方法

ここまで、Webライターの副業がオススメな理由を見てきました。

「私もやってみたい!」と思われたことでしょう。

それでは、Webライターの副業をはじめる、最も簡単な方法を紹介します。

3-1.まずは記事を書くための基礎を学ぶ

まずは記事を書くための基礎を学ぶ

まずは記事を書くために、文章とWebライティングに関する基礎を学びます。

Webは、文章のわかりやすさが重視されるため、難しい表現を使う必要はありません。

ネットユーザーにわかりやすく伝わり、読まれる記事を書く方法は、以下のサイトや本で学びましょう。
 

  • 沈黙のWebライティング / 松尾 茂起 ・上野 高史

Webに適したライティング方法を、個性的なキャラクター達による会話形式で、学ぶことができます。

アニメを見る感覚で、Webライティングが学べるので、初心者にオススメの一冊です。

バズ部は、記事やブログをより多くのネットユーザーの届け、読ませるためのポイントを紹介しています。

ユーザーの目を引くキャッチコピー、最後まで読ませる文章術など、Webライターの副業をはじめる前にまず読みたいサイトです。

・迷わず書ける記者式文章術 / 松林薫

元日本経済新聞記者による、速く・正確に・わかりやすい文章を書く技術が学べる本です。

ライティング未経験者も、迷わず書けるようになる、プロ直伝のメソッドが紹介されています。

3-2.募集サイトなどで仕事を請ける

募集サイトなどで仕事を請ける

基礎を学んだら、早速Webライターを募集するサイトなどで仕事を請けましょう。

ライティングは、実践で学ぶのが一番の上達方法です。

次は、おすすめのWebライター募集サイトを紹介します。

おすすめのWebライター募集サイト3選

おすすめのWebライター募集サイト3選

Webライターの仕事探しは、クラウドソーシングサイトという、企業と働く人をマッチングするサイトの利用がオススメです。

初心者が仕事を請けるのにオススメなクラウドソーシングサイトを、3つ紹介します。

4-1.ランサーズ

ランサーズは、クラウドソーシングの最大手サイトです。

以下のような4つの特長があります。
 

  • 豊富なジャンルの案件が掲載されている
  • クライアントと直接やり取りするのでスピーディー
  • WordPressへの入稿なども勉強できる
  • 適正な報酬の案件を簡単に検索できる

1つずつ、見ていきましょう。

豊富なジャンルの案件が掲載されている

常時500件以上のライティングに関する案件が掲載されており、それ以外にも幅広いジャンルの案件が掲載されています。

クライアントと直接やり取りするのでスピーディー

文章を依頼する企業と直接やり取りすることで、記事修正の細かなやり取りをスピーディーに行うことができます。

WordPressへの入稿なども勉強できる

作成した文章を、WordPressというブログソフトを使って入稿する依頼もあるため、WordPressの勉強もしたいという人にもオススメです。

適正な報酬の案件を簡単に検索できる

ランサーズは、報酬が相場より低い案件を検索時に外し、適正な報酬の案件を簡単に探すことができます。

ランサーズは、副業を考える人なら登録しておきたいクラウドソーシングサイトです。

4-2.クラウドワークス

クラウドワークスは、ライティング関係の案件が多数掲載されているクラウドソーシングサイトです。

以下のような3つの特長があります。
 

  • 常時3,000件近いライティング関係の案件が掲載されている
  • クライアントと直接やり取りできる
  • WordPressへの入稿なども勉強できる

1つずつ、見ていきましょう。

常時3,000件近いライティング関係の案件が掲載されている

クラウドワークスは、常時3,000件近い案件が掲載されているので、経験を積みたいライティング初心者でもできる案件が数多くあります。

クライアントと直接やり取りできる

ランサーズ同様、クライアントと直接やり取りをするので、スピーディーかつ、クライアントの求めるものをダイレクトに知ることができます。

WordPressへの入稿なども勉強できる

こちらもランサーズ同様、作成した文章をWordPressで入稿する依頼もあるため、WordPressの勉強もしたい人にオススメです。

以上の特長から、クラウドワークスは、ライティングの経験を積みたい初心者にオススメのサイトと言えます。

4-3.サグーワークス

サグーサークスは、ライティングに特化したクラウドソーシングサイトです。

以下のような4つの特長があります。
 

  • 在宅ライター向けの案件に特化している
  • 仲介手数料がかからない
  • 初心者から経験者まで、ライターのスキルに合わせた案件を掲載
  • ポイント制で、貯めたポイントを色々なものに交換できる。

1つずつ、見ていきましょう。

在宅ライター向けの案件に特化している

サグーワークスは、在宅のライターに向けた案件のみを掲載しているサイトなので、在宅でできる案件をすばやく探せます。

仲介手数料がかからない

大手クラウドソーシングサイトのように、仲介手数料がかからないので、効率よく稼ぐことができます。

初心者から経験者まで、ライターのスキルに合わせた案件を掲載

初心者にはアンケートや100文字~800文字程度の案件があり、テストに合格したライターには高単価の案件が用意されているなど、スキルに合わせて案件を選ぶことができます。

ポイント制で、貯めたポイントを色々なものに交換できる

1ポイント1円のポイント制で、貯まったポイントは現金だけでなくアマゾンギフト券などに交換できます。

サグーワークスは、スキルに合わせたライターの仕事をすばやく見つけたい人にオススメのサイトです。

Webライターの副業でいくら稼げる?

Webライターの副業でいくら稼げる?

未経験でも簡単にはじめられるWebライターの副業、一体いくら稼げるのか気になる人もいるでしょう。

こちらでは、副業Webライターの毎月の平均収入がいくらなのか、ご紹介します。

5-1.副業Webライターの月平均は3〜8万円

副業Webライターの月平均は3〜8万円

副業Webライターの収入は平均で3~8万円程です。
 

  • ライター経験半年~1年未満で、3万~5万程度
  • 1年以上2年未満で、5万~10万程度
  • 2年以上で、10万以上

Webライターは、スキルや稼働時間により収入が大きく変わるので、これ以上稼ぐことも可能です。

基本的に、経験に従い収入アップが可能になります。

最初の目標!月5万安定して稼ぐための3つのポイント

最初の目標!月5万安定して稼ぐための3つのポイント

Webライターの初心者は、まず月5万安定して稼ぐことを目標にしましょう。

月5万を稼ぐためにはどうすればいいか、3つのポイントを紹介します。

6-1.まずは1文字1円を目安にする

まずは1文字1円を目安にする

まずは、1文字1円を目安に案件を探しましょう。

Webライターの収入は、文字単価によって決まります。

Webライティングの基礎を学んでいれば、1文字1円の案件は十分こなせるので、初心者だからと言って1文字1円以下の案件を選ぶ必要はありません。

6-2.SEOの知識をつける

SEOの知識をつける

文字単価を1円以上に上げるために、SEOの知識をつけましょう。

SEOとは”Search Engine Optimization”の略で、検索に最適化するという意味です。

Googleなどの検索サイトで特定のキーワードを検索した際に、記事が上位に表示されるように対策することを、SEO対策といいます。

検索の上位に表示される記事を書く知識があれば、あなたの文章にSEO対策という付加価値がつき、単価を上げることが可能なのです。

SEOについては、バズ部の記事を参考にしましょう。

SEOで成果を出すために必要な知識と、どう実践すればいいのかが、丁寧に解説されています。

6-3.テストを受けて単価の高い案件を探す

テストを受けて単価の高い案件を探す

テストを受けて、単価の高い案件が探せるライター募集サイトを利用しましょう。

クラウドソーシングサイトのサグーワークスでは、テストに合格すると「プラチナライター」に認定され、文字単価1円以上の単価の高い案件を請けることができます。

テストは何度でも挑戦でき、不合格でも記事への指摘やアドバイスを受けられるので、ぜひ挑戦しましょう。

副業ライターに必要な確定申告について

副業ライターに必要な確定申告について

ライターの副業で稼いだ場合、確定申告が必要になります。

会社から支払われた給料は、会社が手続きをおこなってくれますが、副業で稼いだ分は自分で経費を計算し、税務署への申告を行う必要があるのです。

ライターの場合、原稿を依頼したクライアント側が、原稿料の1割程度を源泉徴収してライターに変わり納税する場合があります。

そうでない場合で、収入から経費を引いた所得金額が年20万以上であれば、所得税を支払う必要がありますので、必ず確定申告をしましょう。

所得金額が年20万以下でも、申告でお金が戻ってくるケースがあるので、確定申告することをおすすめします。

7-1.職場にバレないで副業する為には

職場にバレないで副業する為には

職場にバレないよう副業をするには、確定申告の際に住民税を自分で納付することが必要です。

副業の所得金額が年20万以上になった場合、翌年の住民税が上がることで、会社に副業がバレる可能性があります。

「職場にはバレたくない」という人は、確定申告する際に住民税を自分で納付するように指定しましょう。

Webライターに向いているのはこんな人

Webライターに向いているのはこんな人

Webライターに向いているのは、「クライアントやネットユーザーのために文章を書ける」人です。

Webライターは、クライアントが求める文章や、ネットユーザーが読みたい文章を書くのが仕事です。

文章を書くのが好きであっても「自分の世界を自分の言葉で表現したい」という人には、あまりオススメしません。

求められた記事を書くために、文章力を磨く努力ができる人に向いていると言えるでしょう。

まとめ

まとめ

ライターは未経験でも始めやすい副業です。

記事を書くためのテクニックをある程度学ぶ必要がありますが、パソコンで文章を書くことができる人であれば、稼ぐことができます。

積極的に仕事を請けて、収入と一生モノのスキルを身につけましょう。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ