【副業で営業】募集内容と各エージェントの特徴【応募時の注意点も】

副業で行う営業案件の募集内容について解説しています。営業の副業を始めるにあたり、募集内容で確認するべき点や、応募前後の流れ、注意点まで述べています。セールスに特化した、オススメの副業エージェントも紹介しました。副業で営業を検討中の人はぜひ参考にしてください。

【副業で営業】募集内容と各エージェントの特徴【応募時の注意点も】のイメージ

目次

  1. 1【副業】営業案件の募集内容と確認項目について
  2. 2副業の営業案件に応募する前とした後の流れ
  3. 3営業に特化した副業エージェント3選
  4. 4副業の営業案件に応募するときの注意点
  5. 5まとめ

営業の副業を検討中でしょうか。

営業未経験者でも副業として営業を始めることが可能になりました。

しかし、副業の営業案件とはどんな内容なのか、どうやって案件を探せばいいのかわからない方も多いと思います。

わけもわからず案件に応募をしてしまうと時間と労力だけがかかり、報酬はなしという事態になる恐れも。

この記事では、営業案件の主な募集内容や、案件を探す際や応募時の大切なポイントを紹介しています。

未経験者でも稼げる営業の副業で、今日から収入の柱を増やしましょう!

【副業】営業案件の募集内容と確認項目について

【副業】営業案件の募集内容と確認項目について

まずは案件の主な募集内容と、応募の前に確認しておきたい項目をご紹介します。

案件を探す際には、以下を参考にしましょう。

1ー1.営業案件の主な募集内容

1ー1.営業案件の主な募集内容

まずは、営業案件の主な募集内容を3つ具体例と共にご紹介します。

・新規事業の顧客開拓
・FC加盟店希望者の紹介
・MEO対策の販売代行

では、1つずつ見ていきましょう。

1ー1ー1.新規事業の顧客開拓

営業案件の主な募集内容に、新規事業の顧客を開拓する仕事があります。

見込み客をクライアントへ紹介したり、契約を成立させることで報酬が支払われるのです。

従来の飛び込み営業や電話営業よりも、効率よく見込み客を集められるため、依頼をする企業は年々増加しています。

画像の案件は新型福利厚生サービスの新規開拓で、見込み客をクライアントに紹介後、クライアント自身が商談や契約を行います。

1ー1ー2.FC加盟店希望者の紹介

FC加盟店希望者の紹介は、FC加盟店を募集している企業へ加盟希望者を紹介する仕事です。

画像の案件は、飲食店のFC加盟希望者を企業へ紹介し、実店舗へ案内。

試食やクライアントによる概要説明を経てFC加盟店への契約が成立すると、紹介者に報酬が支払われます。

営業の仕事は企業への紹介で、その後の交渉や契約はクライアント自身が行うため、営業初心者にも挑戦しやすい案件です。

1ー1ー3.MEO対策の販売代行

MEO対策とは「Map Engine Optimization」の略で、Googleマップで表示される店舗情報を最適化し、Web検索や地図での検索順位が上位になるように対策をします。

店舗の経営者に対して、来店に結びつくMEO対策を行うサービスを販売するのが「MEO対策の販売代行」です。

画像の案件は、集客に悩む店舗経営者をMEO対策を行うクライアントへ紹介し、契約が成立すると報酬が支払われます。

1ー2.募集内容における確認項目とは

1ー2.募集内容における確認項目とは

営業の募集内容で確認したい項目は以下の3つです。

・報酬形態
・サービスの内容が分かりやすいか
・サービスの単価

営業の案件は、商材となるサービス内容・単価・報酬形態が様々です。

案件へ応募する前には、必ず確認をしましょう。

1ー2ー1.報酬形態

営業の報酬形態は必ず確認しましょう。

営業の報酬形態は「成果報酬型」「固定報酬型」「複合型」の3つがあります。

「成果報酬型」は、あがった成果に応じて報酬が支払われる報酬形態。

「固定報酬型」は、成果に関係なく月単位で報酬が支払われる報酬形態。

「複合型」は成果報酬型と固定報酬型を組み合わせた報酬形態です。

成果報酬型は成果の数に左右されますが報酬に上限がなく、固定報酬型は報酬に上限があるものの、月単位で安定して稼ぐことができます。

営業スキルに自信があり青天井に稼ぎたい人は成果報酬型、毎月の報酬の見通しを立てたい人は固定報酬型がオススメです。

それぞれの報酬形態の詳細は、以下の表にまとめました。
 

成果報酬型 ・成果によって支払われる報酬金額が変わる
・1件あたり幾らと定められている場合と、売上の何%かが支払われる場合がある
・相場は1件あたり1.5~2万円、もしくは売上の30%~50%程
固定報酬型 ・成果に関係なく月単位で一定の報酬が支払われる報酬形態
・報酬金額の上限はあるが、成果を上げる前に報酬の見通しが立つ
複合型 ・成果報酬型と固定報酬型を組み合わせた報酬形態
・月単位の固定報酬に加えて、成果に応じて報酬が支払われる
・固定給は、主に営業前の資料作成や戦術の構築などに、成果報酬はその後の営業成果に支払われる

1ー2ー2.サービスの内容が分かりやすいか

営業の案件を探す際は、サービスの内容がわかりやすいかが重要です。

内容がわかりやすいサービスとは、ターゲットが明確で、顧客が自分へのメリットを想像しやすいサービスのこと。

内容がわかりづらいサービスは、成果をあげるのに営業スキルが必要になるため、営業経験が浅い人にはオススメできません。

ですから、営業の副業をこれから始める人は、内容がわかりやすく営業をかけやすいサービスを選びましょう。

1ー2ー3.サービスの単価

商材となるサービスの単価も重要になります。

なぜなら、サービスの単価は成約率に影響するからです。

単価が高すぎるサービスは成約率が低く、営業スキルや稼働時間が多く必要になる可能性があるため、初心者は注意してください。

単価が低すぎる、かつ売上の何%かが報酬として支払われる成果型報酬の場合は、稼働時間や見合った報酬が得られない可能性があります。

なので、応募の際にはサービスの単価を確認しましょう。

副業の営業案件に応募する前とした後の流れ

副業の営業案件に応募する前とした後の流れ

主な営業案件の内容や、応募前に確認するポイントをご紹介しました。

ここからは、副業の営業を始めるために具体的な流れを確認しましょう。

流れは以下の通りです。
 

  • 【STEP1】希望の条件を決める
  • 【STEP2】副業エージェントに登録する
  • 【STEP3】希望を満たす案件に応募する
  • 【STEP4】面談をし契約締結

では、見ていきましょう。

2ー1.【STEP1】希望の条件を決める

2ー1.【STEP1】希望の条件を決める


まずは事前に希望条件を決めましょう。
 

  • 本業の合間にどの程度の時間動けるのか
  • 幾ら稼ぎたいのか
  • 見込み客の紹介だけなのか商談や契約まで自分でやるのか
  • どのエリアで活動可能か
  • どのジャンルの営業をしたいのか

希望の条件を明確にしておくことで、本業との両立に無理がない案件を探しやすくなります。

2ー2.【STEP2】副業エージェントに登録する

2ー2.【STEP2】副業エージェントに登録する

次に副業エージェントに登録します。

副業エージェントとは、企業と副業希望者をマッチングしてくれるWebサイトです。

営業未経験者が営業の案件を自力で探すのは難しいため、副業エージェントに登録をして探します。

副業エージェンは、Kasookuなどがあり無料で利用することが可能です。

2ー3.【STEP3】希望を満たす案件に応募する

2ー3.【STEP3】希望を満たす案件に応募する

エージェントに登録をしたら、希望を満たす案件を探し応募します。

条件に合うものがなければ、少しずつ範囲を広げて探しましょう。

営業未経験者は、まずは経験を積むことが大切です。

2ー4.【STEP4】面談をし契約締結

2ー4.【STEP4】面談をし契約締結

案件に応募後、クライアントと面談をして契約を締結します。

面談方法は、メール・電話・対面・ビデオミーティングなどクライアントによって様々です。

2ー5.【STEP5】契約時に定めた報酬を受け取る

2ー5.【STEP5】契約時に定めた報酬を受け取る

見込み客の紹介や契約成立など、成果を達成したら契約時に定めた報酬を受け取ります。

報酬が支払われるタイミングは案件によって違う場合があるので、事前に確認をしましょう。

営業に特化した副業エージェント3選

営業に特化した副業エージェント3選

応募の流れがわかった所で、営業に特化した副業エージェントを3つご紹介します。

以下の3つのエージェントは営業に特化しているため、営業案件を探したい人に特にオススメです。

3ー1.Kasooku

3ー1.Kasooku

Kasookuは、日本初の営業に特化した副業エージェントサイトです。

詳しく見ていきましょう。

3ー1ー1.Kasookuの特徴

Kasookuは以下のような特徴があります。

・様々な報酬形態の案件が掲載されている
・営業初心者でも挑戦しやすい
・遠方でもリモート面談が可能

kasookuは成果報酬型だけでなく、固定報酬型や複合型の案件が掲載されているため、月に一定の金額を稼ぎたい人にオススメです。

そして、営業初心者を歓迎する案件も掲載されているため、初めての人も応募しやすくなっています。

また、電話やWeb会議でのリモート面談が可能なので、遠方でも応募が可能です。

3ー1ー2.Kasookuはこんな人にオススメ

Kasookuは固定報酬型や複合型の案件が掲載されているため、毎月一定の金額を稼ぎたい人にオススメのエージェントです。

3ー2.Saleshub

3ー2.Saleshub

Saleshubは、顧客を探す企業に知人を紹介し、商談をセッティングするリファラル営業プラットフォームです。

詳しく見ていきましょう。

3ー2ー1.Saleshubの特徴

Saleshubは以下のような特徴があります。
 

  • 知人紹介システムで人脈をいかせる
  • 認定サポーター制度がある
  • 登録している企業は1,400社以上

Saleshubは、顧客を探す企業にあなたの知人を紹介して報酬を得るシステムで、あなたの人脈をいかすことが可能です。

登録企業は1,400社以上で、幅広いジャンルの案件を探すことができます。

認定サポーターの審査に通ると、認定サポーター限定の案件を見ることが可能なほか、イベントへの招待などの特典も。

チャットでサポートスタッフに相談することができるので、初心者でも安心して利用ができるエージェントです。

3ー2ー2.Saleshubはこんな人にオススメ

Saleshubは、人脈の広さに自信がある人にオススメするエージェントです。

また、スタッフと相談して案件を探したい人にもオススメします。

3ー3.sidebizz

3ー3.sidebizz

sidebizzは、さまざまな条件の案件を探せるリファラル営業プラットフォームです。

詳しく見ていきましょう。

3ー3ー1.sidebizzの特徴

sidebizzは以下のような特徴があります。
 

  • 見込み客紹介だけの案件もある
  • 企業へ案件の相談などが気軽にできる
  • 人脈をいかすことができる
  • 初心者にオススメの案件が探しやすい

sidebizzには、見込み客紹介だけでも報酬が支払われる案件が掲載されています。

そのため、商談のセッティングや交渉は難しいという人でも、稼ぐことが可能です。

公式Webサイトのトップページでは、初心者にオススメの案件が簡単に探せるようになっています。

企業へ案件に関する相談が気軽にできるようになっているため、初めてでも応募しやすいエージェントです。

3ー3ー2.sidebizzはこんな人にオススメ

sidebizzは人脈に自信がある人や、見込み客の紹介だけで稼ぎたいという人にオススメのエージェントです。

また、応募の前に案件の相談をしたいという人にもオススメします。

副業の営業案件に応募するときの注意点

副業の営業案件に応募するときの注意点

ここまで、案件への応募の流れと、オススメのエージェントを見てきました。

エージェントで案件を見つけて応募する前に、注意するべきポイントをご紹介します。

4-1.本業の副業規定を確認する

4-1.本業の副業規定を確認する

応募の前に、必ず本業の副業規定を確認しましょう。

副業を解禁する企業が増えているとは言え、まだまだ副業を禁止したり制限をしている企業は数多くあります。

特に公務員は、原則として一般企業の利益になる副業は禁止されているため、注意が必要です。

また以下に当てはまる場合は、解雇や本業の会社から訴えられる可能性があります。
 

  • 競合他社に利益をもたらす案件である
  • 本業のイメージを損なう営業行為
  • 本業の顧客情報を利用しての営業

社内規定への抵触や情報漏えいにあたるため、注意しましょう。

まとめ

副業営業の募集内容は、FC加盟店希望者の紹介から、新規事業の顧客開拓、既存サービスの販売代行まで多岐に渡ります。

募集内容としては案件ごとに違いがありますが、募集内容を見るとき確認すべき項目は報酬形態・サービスの分かりやすさ・単価の3つです。

どれも営業活動そのものに直結する重要な項目です。

今回の記事では、応募前後の流れも解説しました。

上記3つの項目を抑えつつ、希望に合うものがあればぜひ応募してみてください。

また、副業ブームのいま、把握しきれないほどの副業エージェントが存在します。

営業に特化したエージェント3選も紹介しましたので、自分にあったエージェントに登録しましょう。

この記事を参考に、副業としての営業案件にぜひ応募してください。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ