【徹底解説】副業としての営業職フリーランスの働き方について

副業としての営業職フリーランスの働き方について説明しました。メリットやデメリット、注意点も述べています。商材を理解する、横のつながりを大切にするなど、副業としての営業職フリーランスで成功するポイントについても説明しています。この記事を読めば。副業としての営業職フリーランスの働き方についてしっかりわかります。

【徹底解説】副業としての営業職フリーランスの働き方についてのイメージ

目次

  1. 1フリーランスという働き方とは?【5人に1人】
  2. 2営業職のフリーランスって?【副業もOK】
  3. 3副業で営業職フリーランスをやるメリット・デメリット
  4. 4【案件の獲得方法】副業としての営業職フリーランス
  5. 5副業としての営業フリーランスで成功するためのポイント
  6. 6副業として営業フリーランスするときの注意点
  7. 7まとめ

副業としての営業職フリーランスに興味があるようですね?

実際に、副業として営業職フリーランスとして大きな収益を得ている人はいます。

副業として営業フリーランスを行うことは可能ですが、知っておくべきメリットやデメリット、注意点があるのです。

本記事では、副業で行う営業職フリーランスのメリットやデメリット、注意点や案件獲得方法を解説します。

本記事を読めば副業としての営業職フリーランスの始め方やメリット、注意点がしっかりわかります。

是非参考にしてください。

フリーランスという働き方とは?【5人に1人】

フリーランスという働き方とは?【5人に1人】

まずは、フリーランスという働きについて見ていきましょう。

フリーランスという働き方は、企業に勤めず個人で案件を取り仕事をする方法です。

2018年現在、5人に1人はフリーランスとして働いています。(出典:lancers

経済規模は20兆円を超え、日本の総給与支払額の10%を占めているのです。

フリーランスの平均年収も昨年比で20%向上しており、フリーランスという働き方が浸透しています。

1ー1.副業からでもOK!営業フリーランスがいまアツい

副業からでもOK!営業フリーランスがいまアツい

副業からでもできる営業フリーランスが今、注目を浴びています。

土日からでも副業フリーランスが可能なうえ、高い報酬が望めるからです。

企業の営業職は多忙なわりに給料がなかなか上がらず、悩んでいる営業マンが多くいます。

企業の給与では固定給+歩合給が一般的です。

歩合給の平均は7千円~1万円程度で、2万円を超えることもあるのです。

多大な労力をかけて成約を獲得しても、数千円の歩合給となると営業マンのモチベーションはなかなか上がりません。

一方で営業フリーランスの場合は、固定報酬・成果報酬・固定報酬+成果報酬という報酬形態があります。

完全歩合給を選んだ場合固定給がなくなるため、1件の契約で高額報酬が期待できるのです。

フルコミッションの歩合給では、一件の成約で5万円や8万円というケースもあるので、大きな収益を得ることが可能です。

副業でも大きな収益を望めることから、営業フリーランスは今注目されています。

営業職のフリーランスって?【副業もOK】

営業職のフリーランスって?【副業もOK】

営業職のフリーランスについて、2つの観点から説明します。
 

  • 仕事内容
  • 報酬形態

以下で詳しく述べていきます。

2ー1.仕事内容【顧客開拓から成約まで】

2ー1.仕事内容【顧客開拓から成約まで】

営業フリーランスの仕事内容は顧客開拓から成約まで行います。

案件によって仕事内容は異なるものの、殆どは顧客開拓から成約まで行うのです。

これまで培った営業のスキルや経験があれば、決して難しいことではありません。

顧客開拓から成約まで成し遂げることが、営業職フリーランスの仕事内容です。

2ー2.報酬形態

報酬形態

営業職フリーランスの報酬形態は3つあります。
 

  • 固定報酬
  • 成果報酬
  • 固定報酬+成果報酬

固定報酬は、契約の時点で報酬額が決まっている形態です。

成約件数件数にかかわらず、報酬は増減しません。

また、成果報酬は発生した成約件数が報酬に直結します。

多くの成約を獲得できれば、その分収益も増える形態です。

そして、固定報酬+成果報酬とは、あらかじめ一定の固定報酬が決まっており、そこに成約した数によりインセンティブが生まれる形態になります。

自分の営業スキルや希望の働き方に合わせて、最適なものを選びましょう。

2ー2ー1.副業でやるなら成果報酬がオススメ

副業で営業を行う場合、成果報酬がオススメです。

成果報酬では成約するほど多くの収益が望めるので、稼ぐことができるからです。

固定報酬が定められている報酬形態では、成約件数が関係しません。

固定報酬ではインセンティブが低い傾向にあり、ミーティングやノルマを課せられる場合も多くあります。

副業で行う場合多くの時間確保は難しく、単価が低いとなかなか稼ぐ事が難しいです。

そのため副業で営業を行う場合、成果報酬の特徴が副業に適しています。

副業としての営業フリーランスをする場合、報酬形態は成果報酬を選択しましょう。

副業で営業職フリーランスをやるメリット・デメリット

副業で営業職フリーランスをやるメリット・デメリット

これまで、営業職のフリーランスについて説明しました。

次に、副業で営業職のフリーランスをするメリット・デメリットを説明します。

副業で営業職のフリーランスを始める前に知っておくべきことなので、しっかり確認しましょう。

3ー1.メリット

メリット

副業で営業職フリーランスをやるメリットは以下の3つです。
 

  • 商材に縛りがない【本当に売りたいものを売れる】
  • 収入が青天井【軌道に乗れば仕組み化して独立もあり】
  • 自分のペースで稼働できる

以下で詳しく説明します。

3ー1ー1.商材に縛りがない【本当に売りたいものを売れる】

商材に縛りがないことは、副業としての営業職フリーランスをするメリットになります。

営業をする商材に縛りがなく、本当に売りたいものを売れることは、営業のモチベーションにも繋がるからです。

営業職フリーランスの場合、自分で売りたいもの、自信のある案件を選んで契約できます。

企業勤めの営業職の場合、本当に売りたいかどうか関係なく企業の商品をお客様に勧めなければいけません。

商材に縛りがなく自分で選べることは、営業職フリーランスのメリットです。

3ー1ー2.収入が青天井【軌道に乗れば仕組化して独立もあり】

収入が青天井ということも営業職フリーランスのメリットになります。

成約件数に伴い収益が上がるので、大きな収益が望めるのです。

自身の働き方や案件次第によって、月収100万を超えることも可能なのが営業職フリーランスです。

副業での成果が軌道に乗れば、仕組み化をして独立するという選択肢も見えてきます。

働き方や成果次第で収入が青天井なことは、営業フリーランスの大きなメリットです。

3ー1ー3.自分のペースで稼働できる

自分のペースで稼働できることは、副業で営業職フリーランスを行うメリットになります。

自分の隙間時間や休日に稼働することができるので、無理なく副業を行えるのです。

企業に務めるわけではないので、働く時間や方法、案件数も自分で決めることができます。

副業でも多くの収入を得たい人は多くの案件を抱えることもできます。

また、あくまで副業程度で行いたい人は少しの案件で副業を始められるのです。

自分の生活やペースに合わせて稼働できることは、営業職フリーランスの大きなメリットになります。

3ー2.デメリット

デメリット

副業で営業職のフリーランスをする上で、成果が挙げられないと収入が得られないデメリットがあります。

以下で詳しく見ていきましょう。

3ー2ー1.成果を挙げられないと収入が得られない

成果を挙げられないと収入が得られないというデメリットもあります。

成果報酬での契約をした場合、成果を出せば高い収入が見込めますが、反対に成果がなければ収入もゼロです。

固定報酬での契約も可能ですが、成果がなければいずれ契約は解除されてしまいます。

成果をあげないと収入を得られないという点は、営業フリーランスのデメリットと言えるのです。

【案件の獲得方法】副業としての営業職フリーランス

【案件の獲得方法】副業としての営業職フリーランス

これまで、副業で営業職フリーランスをやるメリット・デメリットについて説明しました。

メリット・デメリットを理解し副業を始めようと思っても、案件の取り方がわからない人も多いです。

そこで、営業職フリーランスのマッチングサービスを使って案件獲得する方法を紹介します。

以下で、詳しく見ていきましょう。

4ー1.営業職フリーランスのマッチングサービスを使う

営業職フリーランスのマッチングサービスを使う

副業で行う営業職フリーランス向けの案件を獲得する方法として、フリーランスのマッチングサービスがあります。

エージェントが繋げてくれることで、より簡単に案件を得ることが可能です。

どんな案件があるのかもサイトを見ればわかるため、副業初心者には便利なサービスになります。

営業に特化した副業のマッチングサービスがあるので、以下で紹介していきます。

4ー1ー1.Kasooku

Kasookuはセールス案件に特化した副業マッチングサービスです。

営業で困っているスタートアップやベンチャー企業は、フルタイムでの優秀な人材確保が難しいため、Kasookuを使用します。

土日だけでできる案件もあるので、自分にあった働き方ができる条件を選ぶことができるのです。

副業で営業職フリーランスを始める場合、Kasookuに登録しましょう。

副業としての営業フリーランスで成功するためのポイント

副業としての営業フリーランスで成功するためのポイント

案件獲得方法について理解したとこで、営業のフリーランスで成功するためにはどうしたらいいのか悩む人もいると思います。

そこで、ここからは営業フリーランスで成功するためのポイントをみていきましょう。

ポイントは、以下の3つです。
 

  • 商材の理解を徹底する
  • 横の繋がりを大事にする【知人経由の案件も】
  • うまく行かなかった時はPDCAを回す

以下で説明していきます。

5ー1.商材の理解を徹底する

商材の理解を徹底する

副業の営業フリーランスとして成功する上で、商材の理解を徹底することは大事なポイントです。

商材の理解が曖昧なまま営業をしても、なかなか成果は上がりません。

商材は誰が求めているのか、どんな企業や人にとって有益なのか、どんな特徴があるのか知る必要があるのです。

したがって、商材を徹底的に理解することは営業活動をする上で大切なポイントといえます。

5ー2.横の繋がりを大事にする【知人経由の案件も】

横の繋がりを大事にする【知人経由の案件も】

副業としての営業フリーランスで成功するには、横の繋がりを大事にしましょう。

フリーランスにとって、横の繋がりや人脈も大きな武器になるのです。

フリーランスとして副業をすることで、本業だけをしていても出会えないような人と出会えます。

知人経由で案件をもらえることも多くあるので、今持っている横の繋がりや人脈は大切にするべきといえるのです。

5ー3.うまく行かなかった時はPDCAを回す

うまく行かなかった時はPDCAを回す

営業フリーランスでうまく行かなかった時はPDCAを回しましょう。

うまく行かなかった時、そこには原因があるからです。

営業活動のPDCAを回して常に改善しながら営業を実行することは、成功する上で大切なポイントになります。

なので、日頃からPDCAを回すことを意識して仕事をするべきです。

副業として営業フリーランスするときの注意点

副業として営業フリーランスするときの注意点

ここまで、営業フリーランスで成功するためのポイントを紹介しました。

成功するためのポイントを理解したところで、注意点についても気になる人もいるでしょう。

そこで、副業としての営業フリーランスをするときの注意点を2つ紹介します。
 

  • 本業に支障をきたさない範囲で働く
  • 会社にバレたくない場合は住民税を普通徴収にする

以下で述べていきます。

6ー1.本業に支障をきたさない範囲で働く

本業に支障をきたさない範囲で働く

副業としての営業フリーランスをする場合、本業に支障をきたさない範囲で働きましょう。

副業による疲労から本業に支障をきたし、信頼を失ってしまう可能性があります。

副業に力を入れすぎてしまうと、疲労や睡眠不足から本業でのミスに繋がってしまう可能性もあるのです。

副業をするからといって、本業を疎かにしていいということはありません。

本業に支障をきたさない範囲で働くということを忘れないよう注意しましょう。

6ー2.会社にバレたくない場合は住民税を普通徴収にする

会社にバレたくない場合は住民税を普通徴収にする

住民税は普通徴収に変更しましょう。

副業により収益が増えると、住民税の変化により会社にバレてしまう可能性があるのです。

そこで住民税を普通徴収にすることで、個人で住民税の支払いを行い会社に住民税額の通知が行かないようにできます。

なので、会社に副業がバレたくない場合、住民税は普通徴収に変更しましょう。

まとめ

まとめ

副業としての営業職フリーランスの働き方について紹介しました。

商材に縛りがなく自分のペースで働けるというメリットがある一方、成果をあげられなければ収入が得られない可能性があるというデメリットもあります。

副業としての営業フリーランスをする上で、商材の理解や横の繋がりを大事にすることは成功する上で大事なポイントです。

本業に支障をきたさない範囲で働き、会社にバレたくない場合は住民税を普通徴収へ切り替えるという注意点も述べました。

本記事を参考に、副業としての営業職フリーランスへの一歩を踏み出しましょう。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ