副業の確定申告はどうしたらいい?会社にバレない方法まで徹底解説!

本記事では、確定申告の方法や20万円ルール、会社にばれない方法も紹介します。 本記事を読めば、確定申告についての知識が付き注意点も理解することができるので、確定申告への不安がなくなります。

副業の確定申告はどうしたらいい?会社にバレない方法まで徹底解説!のイメージ

目次

  1. 1そもそも確定申告とは?【得することも!?】
  2. 220万円ルールについてわかりやすく解説!
  3. 3結局どっち?副業の確定申告が必要なパターンを4つ紹介
  4. 4必ず確認!確定申告の方法を3STEPで解説
  5. 5副業が会社にバレるのは確定申告が原因?
  6. 6青色申告は申請できる?副業の確定申告をお得に!
  7. 7気をつけて!副業分の確定申告を無視するとどうなる?
  8. 8まとめ

副業の確定申告についてお悩みですね?

副業をしている場合、確定申告を行わないと脱税の疑いをかけられてしまうこともあるので注意が必要です。

確定申告について、正しい知識をつける必要があります。

そこで本記事では、確定申告の方法や20万円ルール、会社にばれない方法も紹介しました。

本記事を読めば、確定申告についての知識が付き注意点も理解することができるので、確定申告への不安がなくなります。

わかりやすく説明していくので、ぜひ参考にしてください。

そもそも確定申告とは?【得することも!?】

そもそも確定申告とは?【得することも!?】

まず、そもそも確定申告とはなんなのかについて説明します。

確定申告とは、利益を国に申告し税金を収めることです。

詳細について、以下2つの点から確定申告を説明します。
 

  • 利益を正しく申告して税金を納める【副業でも本業でも例外なし】
  • 副業で赤字だった場合は確定申告することでお得に!?

それでは見ていきましょう。

1ー1.利益を正しく申告して税金を納める【副業でも本業でも例外なし】

利益を正しく申告して税金を納める【副業でも本業でも例外なし】

確定申告とは、利益を正しく申告し税金を納めることです。

自分が払わなければいけない税金を国に決めてもらうため、自らの収入を申告します。

2月16日から3月15日のおよそ1か月の間に申告を行い、納める税金を確定しましょう。

給料分は会社が行ってくれていますが、副業分は自ら確定申告をする必要があります。

1ー2.副業で赤字だった場合は確定申告することでお得に!?

副業で赤字だった場合は確定申告することでお得に!?

副業で赤字だった場合は、確定申告をすることでお得になる可能性があります。

一定条件のもとで副業が赤字になった場合、損益通算が使えるからです。

損益通算とは、副業で生じた赤字を会社員で稼いだ給料と相殺することで総所得を下げ、住民税と所得税を減額するといった方法になります。

副業に要した経費の一部が、税金の軽減としてキャッシュバックされるのです。

注意点として、損益通算を利用する場合は副業の収入を事業所得として国に認めてもらう必要があります。

事業所得として国に認めてもらうには、開業届を出した上で副業の収入が事業規模か継続的に売り上げが発生しているか、反復されているかがポイントです。

20万円ルールについてわかりやすく解説!

20万円ルールについてわかりやすく解説!

これまで、そもそも確定申告とは何なのかについて説明しました。

確定申告について理解したところで、他にも知っておくべきルールがあります。

その1つが20万円ルールです。

20万円ルールについて、以下2つの観点から述べていきます。

20万円ルールの計算は所得種別により異なるため、理解しておかないと異なった申告をしてしまう可能性があるのです。
 

  • そもそも20万円ルールって?
  • 20万円ルールの注意点

2ー1.そもそも20万円ルールって?

そもそも20万円ルールって?

20万円ルールとは、サラリーマンが副業で得た収入を確定申告する必要があるかどうかを決める基準です。

副業の所得が20万円以下の場合は、確定申告しなくてもいいというルールになります。

本業以外の収入で20万円を超えない限り、確定申告の必要はありません。

2ー2.20万円ルールの注意点

20万円ルールの注意点

20万円ルールは上記の通りですが、実は注意点が3つ存在あります。
 

  • 20万円の計算は所得種別によって異なる
  • 医療費等の控除を受ける場合は20万円以下でも確定申告が必須
  • 住民税の申告は金額に関係なく必須

注意点を知らずに、計算方法の際に誤った判断してしまうと、結果的に脱税になってしまうこともあるので注意が必要です。

それぞれ見ていきましょう。

2ー2ー1.20万円の計算は所得種別によって異なる

20万円の計算は所得種別により異なります。

所得種類は大きく以下の4つ。
 

  • 雑所得
  • 譲渡所得
  • 事業所得
  • 給与所得

アルバイトなどの給与所得では、給料が20万円なら確定申告は必要になります。

譲渡取得とは、土地、建物、株式、などの資産を譲渡することで発生する所得です。

雑所得や事業所得では、売上を立てるための経費を差し引けます。

20万円の計算方法について、詳細を表にまとめました。

【所得種別の20万円の計算】
 
雑所得 収入金額から必要経費を差し引く
譲渡所得(長期譲渡所得) 収入 ― 経費 ― 50万円)÷ 2
譲渡所得(短期譲渡所得) 収入 ― 経費 ― 50万円
事業所得 本業の給与所得と合算した所得から事業所得の損失を差し引く
給与取得 収入金額(源泉徴収される前の金額) - 給与所得控除額 = 給与所得の金額

自分の収益がどこに分類されるかにより、20万円の計算は異なるので注意しましょう。

2ー2ー2.医療費等の控除を受ける場合は20万円以下でも確定申告が必須

医療費等の控除を受ける場合、20万円以下でも確定申告が必須になります。

控除にはそれぞれが抱える個人的な事情を考慮し、税負担を公平にする目的があるのです。

公的年金受給額から、扶養や生命保険などの所得控除を差し引き金額が余った場合には確定申告の必要があります。

2ー2ー3.住民税の申告は金額に関わらず必須

住民税の申告は、金額に関わらず必須になります。

住民税は収益によって納税額が変動し、収益に関わらず発生するからです。

住民税は所得税とは異なり一律10%かかります。

収益が少なくても多くても、住民税の申告は行いましょう。

結局どっち?副業の確定申告が必要なパターンを4つ紹介

結局どっち?副業の確定申告が必要なパターンを4つ紹介

これまで、20万円ルールについて述べてきました。

20万円ルールについて理解したところで、確定申告が必要なのかと迷う方もいると思います。

そこで、副業の確定申告が必要な4つパターンを紹介します。
 

  • 副業で給与所得として20万円以上を稼いだ人
  • 副業で給与所得以外で20万円以上儲かった人
  • 給与所得で2,000万円以上ある人
  • 保険料などの税金控除を受けようとする人

該当するパターンがない場合、詳しくは最寄りの税務署へ相談しましょう。

確定申告が必要なパターンを理解することで、自分がどこに当てはまるのか理解し確定申告を迷わず行う事が可能です。

以下で述べていきます。

3ー1.副業で給与所得として20万円以上を稼いだ人

副業で給与所得として20万円以上を稼いだ人

副業で給与所得として20万円以上を稼いだ人は、確定申告を行う必要があります。

給与所得にあたる副業は、アルバイト・パートになります。

本業以外の給料、つまりアルバイトやパートで得る収入が1年間で20万円以下の場合、確定申告する必要がありません。

副業で給与所得として20万円以上を稼いだ人は、確定申告が必要です。

3ー2.副業で給与所得以外で20万円以上儲かった人

副業で給与所得以外で20万円以上儲かった人

副業において給与所得以外で、20万円以上儲かった人も確定申告が必要です。

売上から経費を差し引いたものが所得になります。

経費には交通費や物の購入費用、自宅がオフィスの場合は光熱費などを経費として申告可能です。

20万円以上の収益を得ると、確定申告が必要になります。

3ー3.給与所得で2,000万円以上ある人

給与所得で2,000万円以上ある人

給与所得で2,000万円以上ある人も確定申告が必要になります。

なぜなら、給与所得を2,000万円超えると年末調整の対象外となるからです。

年末調整の対象外となった場合は別途、確定申告をする必要があります。

給与所得で2,000万円以上ある場合、確定申告を行いましょう。

3ー4.保険料などの税金控除を受けようとする人

保険料などの税金控除を受けようとする人

保険料などの税金控除を受けようとする人も、確定申告が必要です。

所得税の確定申告では、その年に支払った保険料の控除を申告することができます。

控除金額は以下の通りです。
 

  所得税控除 住民税控除
一般生命保険料 4万円 2万8000円
介護医療保険料 4万円 2万8000円
個人年金保険料 4万円 2万8000円
合算による適用限度額 12万円 7万円

そのためには確定申告が必要になるので、保険料などの税金控除を受ける人は確定申告を行いましょう。

必ず確認!確定申告の方法を3STEPで解説

必ず確認!確定申告の方法を3STEPで解説

これまで、確定申告が必要な4つのパターンについて説明しました。

確定申告が必要な4つのパターンを理解したところで、確定申告の方法を知りたい方が多いですよね。

そこで、確定申告の方法を3ステップで解説します。
 

  • ステップ1:必要書類を準備する
  • ステップ2:申告書の記入【ネットでも取得可能】
  • ステップ3:税務署へ提出

確定申告の方法は複雑ですが、この章を読めば理解できます。

確定申告の方法を理解することで、確定申告をスムーズに行うことが可能です。

以下で説明します。

STEP1:必要書類を準備する

必要書類を準備する

確定申告を行う際、まずは必要書類を準備しましょう。

確定申告書には二種類あります。
 

  • 確定申告書A
  • 確定申告書B

確定申告

  確定申告書A 確定申告書B
使用する人 申告する所得が雑所得や給与所得、公的年金、一時所得、配当所得に当てはまる人。 所得の種類は関係なく個人事業主やフリーランスの人。

医療費の控除を受ける場合は医療費控除の明細書、給与を受け取った場合は源泉徴収票が必要です。

また、フリーランスの人や個人事業主の方が確定申告を行う場合は、1年間の収入を確認できる書類が必要になります。

インターネットを通じて申告する場合は、マイナンバーカードの電子証明書とICカードリーダライタも準備が必要です。

STEP2:申告書の記入【ネットでも取得可能】

申告書の記入【ネットでも取得可能】

次に、申告書の記入を行いましょう。

確定申告書は全て税務署の窓口で入手可能で、国税庁HPからもダウンロード可能にです。

以下で確定申告書の記入内容を表で説明します。
 

収入金額等 この部分には、源泉徴収票に記載されている、1年間に支払われた給与合計額「支払金額」を ア 給与の項目に記入してください。
所得金額 給与所得控除後の金額は源泉徴収票に書かれています。
配当所得、雑所得、一時所得がない場合は、先ほど記入し給与の額を最後の枠である合計の部分にそのまま記入しましょう。
各種控除金額 給与所得控除後の金額は源泉徴収票に書かれています。
配当所得、雑所得、一時所得がない場合は、先ほど記入し給与の額を最後の枠である合計の部分にそのまま記入しましょう。

全ての控除額を記入した後、その合計金額を合計欄に記入します。

ここまで記入したら、税金の計算を行いましょう。

(課税される所得金額の計算)
所得金額の合計 (第一表9欄の金額) (第一表25欄の金額)
所得から差し引かれる金額の合計 差引金額(A-B) (千円未満の端数切捨て)

(課税さCの金額れる所得金額に対する税額の計算)
Cの金額 課税される所得金額に対する税額
0円 0円
1,000円~1,949,000円 C×0.05円
1,950,000円~3,299,000円 C×0.1-97,500円
3,300,000円~6,949,000円 C×0.2-427,500円
6,950,000円~8,999,000円 6,950,000円~8,999,000円
9,000,000円~17,999,000円 C×0.33-1,536,000円
8,000,000円~39,999,000円 C×0.4-2,796,000円
40,000,000円~ C×0.45-4,796,000円
出典:国税庁

計算が終わり残りの空欄を記入すれば完了です。

STEP3:税務署へ提出

税務署へ提出

申告書の記入が完了したら、税務署へ提出しましょう。

提出方法は3つあります。
 

  • 税務署の窓口へ直接提出するか郵送
  • インターネットで提出できるe-Tax
  • 税務署に設置されてある時間外収受箱に投函

確定申告の期日である2月17日から3月15日までに忘れず提出して下さい。

税務署へ提出する際の持ち物は以下の通り。

”個人事業主”の場合
 
  • 決算書(収支内訳書または青色申告決算書)
  • 確定申告書B
  • 控除の証明書
  • マイナンバーに関する証明書のコピーなどの添付書類

”会社員”と”事業者でない人”の場合
 
  • 確定申告書A
  • 控除の証明書
  • マイナンバーに関する証明書のコピー
  • 印鑑                

上記の物が必要です。

副業が会社にバレるのは確定申告が原因?

副業が会社にバレるのは確定申告が原因?

これまで確定申告の方法について述べてきました。

次に、副業が会社にバレるのは確定申告が原因ということを以下の2点から述べていきます。
 

  • 会社に副業がバレるメカニズム
  • 住民税を普通徴収にすれば会社にバレる確率は下がる

会社に副業がバレるメカニズムを理解することで、会社にバレる確率を下げることができます。

以下で述べていきます。

5ー1.会社に副業がバレるメカニズム

会社に副業がバレるメカニズム

会社に副業がばれる原因はいくつかあります。
 

  • 本業に支障をきたすほど働く
  • 副業していることを他言する
  • 住民税が変わる

副業に力を入れすぎてしまうことで、本業でミスをするきっかけになってしまいます。

また、副業していることを他言することで噂が広がってしまう可能性があるのです。

これらのことは、会社に副業がバレるきっかけとなってしまいます。

また、住民税は収益によって変化し、副業を行うことで住民税が変わるのです。

その変化も副業がばれてしまうきっかけになります。

5ー2.住民税を普通徴収にすれば会社にバレる確率は下がる

会社に副業がバレるメカニズム

住民税を普通徴収にすれば会社にバレる確率は下がります。

上記でも述べたとおり、住民税は収益により変化します。

住民税が変わると企業に副業がばれるきっかけになります。

住民税の支払いは、企業が手続きを行ってくれる特別徴収が一般的です。

普通徴収とは、住民税の支払いをすべて個人で行う形態になります。

副業がバレたくない場合、住民税を普通徴収に変更しましょう。

しかし、市区町村により若干対応が異なるので事前に確認することをおすすめします。

青色申告は申請できる?副業の確定申告をお得に!

青色申告は申請できる?副業の確定申告をお得に!

副業の確定申告をお得にできる青色申告について説明します。
 

  • そもそも青色申告って?
  • 注意!青色申告できる所得は限られている

青色申告を理解することで、節税が可能です。

以下で述べていきます。

6ー1.そもそも青色申告って?

そもそも青色申告って?

青色申告とは、節税効果がある確定申告方法です。

青色申告を行った場合、青色申告特別控除を受けることができます。

青色申告特別控除では、所得内容に応じ65万円もしくは10万円の所得控除を受けられます。

65万円の所得控除を受けられる人は、以下の条件をすべて満たす人です。
 

  • 不動産所得か事業所得のいずれかがある
  • 日々の取引を複式簿記で記帳している
  • 確定申告時に貸借対照表と損益計算書を添付する
  • 申告期限内に提出する
これらの条件を1つでも満たせない場合は10万円の所得控除になります。

また、青色申告では純損失の繰越しが可能です。

純損失の繰越しとは、一定の所得赤字になった場合、翌年から最長3年間赤字を繰り越し計上することができます。

これらの特徴があるため、青色申告は節税効果を期待できます。

6ー2.注意!青色申告できる所得は限られている

注意!青色申告できる所得は限られている

青色申告できる所得は限られているため注意が必要です。

青色申告を利用できる所得は、以下の所得だけになります。
 

  • 事業所得
  • 不動産所得
  • 山林所得
サラリーマンのような給与所得や退職金は、青色申告の対象とならなりません。

青色申告の対象になるには、開業届を出している必要があります。

気になる人は、一度税務署に確認しましょう。

気をつけて!副業分の確定申告を無視するとどうなる?

気をつけて!副業分の確定申告を無視するとどうなる?

これまで、副業の確定申告をお得にできる青色申告について述べてきました。

次に、副業分の確定申告を無視するとどうなるのか述べていきます。

副業分の確定申告を無視すると、負担の重い無申告加算税が課される可能性があるので、しっかり理解しましょう。

7ー1.負担の重い無申告加算税が課される可能性あり!

負担の重い無申告加算税が課される可能性あり!

副業分の確定申告を無視すると、負担の重い無申告加算税が課される可能性があります。

もとの税額に加え、50万円までは15%、50万円を超える部分は20%の割合を乗じて計算した金額を支払わなければいけなくなるのです。

バレないでやり過ごせるということはないので、税金の支払いはしっかり行いましょう。

まとめ

副業の確定申告のついて述べてきました。

以下、表にまとめましたのでおさらいしましょう。
 

20万円ルール 所得種別によって計算方法が異なり、住民税の申告は金額に関わらず必要
確定申告が必要な人
  • 服業で給与所得として20万以上稼いだ人
  • 給与所得以外で20万以上儲かった人
  • 給与所得で2,000万円以上ある人
  • 保険料などの税金排除、保険料などの税金控除を受けようとする人
会社に副業がバレる原因 住民税。住民税は普通徴収に変更する
青色申告できる所得
  • 事業所得
  • 不動産所得
  • 山林所得

この記事を参考に、確定申告をしっかり行いましょう!

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ