副業での営業は稼げる?営業マンが副業を始めるべき理由と方法を解説

営業のお仕事を副業としてはじめるべき理由とその方法について解説しています。 副業としての営業について、稼ぎ方から注意するべきポイントまで網羅的に解説。 この記事を読んだあなたが、副業に向けて一歩踏み出せるような記事になっています。

副業での営業は稼げる?営業マンが副業を始めるべき理由と方法を解説のイメージ

目次

  1. 1副業で営業って稼げるの?
  2. 2副業で営業をして稼ぐ方法とは
  3. 3副業で営業をはじめるには
  4. 4副業で営業をする際の注意点
  5. 5副業で営業をするのにおすすめな業界
  6. 6営業マンこそスキルを活かした副業をするべき理由
  7. 7まとめ

働き方改革により副業ブームが訪れ、「自分にもできる副業はないかな…」と考えていませんか?

ただ、副業と聞くと「エンジニアやデザイナーなど、IT系のスキルを持つ人しか儲からないんじゃないの?」と思うかもしれません。

今回は、営業マンであるあなたに向けて、以下のことをご紹介します。

・副業の営業は稼げるの?
・副業の営業でどうやって稼ぐの?
・副業を行なう上での注意点は?
・副業の営業でおすすめの業界は?


あなたの持つ営業スキルを存分に生かし、副業で営業をして稼ぐだけではなく、自分自身の成長につなげましょう。
 

副業で営業って稼げるの?

副業で営業って稼げるの?

営業マンが副業で営業をすると稼げます。

なぜなら、営業マンは顧客との信頼関係を構築することに長け、コミュニケーション能力やヒアリング力が他の職種の人に比べて高いからです。

営業スキルを活かすことで、例えおすすめする商品が自社の商品と違っても、自分自身で販売戦略を練り、成果を上げることができるからです。

現在では企業の代わりに営業を行い、報酬を得る「営業代行」という仕事も広まっています。

営業代行では、主に下記4つの業務があります。

・テレアポ
・Webでの集客サポート
・見込み客への商談同行や交渉代行
・既存顧客のアフターフォロー

自分の得意とする営業を行うことで、副業として稼ぐことができるのです。
 

副業で営業をして稼ぐ方法とは

副業で営業をして稼ぐ方法とは

副業で営業をして稼ぐ方法は、自分自身に適した案件を見つけて契約を結び、戦略を考えて成果を上げることです。

副業で行なうため、時間の捻出が難しくなるからです。

顧客に関しても、どの顧客に勧めるかの戦略は重要です。

手当たり次第に副業の商品を勧めると、あなたの信用だけではなく自社の信用を失うことになりかねません。

副業での営業で稼ぐためには、案件内容や戦略が重要になってきます。
 

2ー1.案件を選ぶ際に気をつけること

案件を選ぶ際に気をつけること

案件を選ぶ際には、以下の点に気をつけましょう。

・成果報酬が低い
・長時間拘束される

闇雲に案件をとっていては消耗し本業にも支障を来たすことになってしまうからです。

現在は副業での営業案件も増えています。

しかし、中には条件の良くない案件もあります。

副業なので、あくまで稼ぐという目的を忘れずに数多くある案件の中から、自分にとって最適かつ条件の良いものを選ぶ必要がありますよね。

案件を選ぶ際は、報酬額と拘束時間には特に気をつけましょう。
 

副業で営業をはじめるには

副業で営業をはじめるには

ここまで、副業でする営業は稼げるのかどうかや、稼ぐ方法について紹介してきました。

また、実際に副業で営業をやってみたいけど、具体的にどうやって案件を獲得すればいいのかお悩みの人もいるかもしれません。

ここからは、副業で営業を始める方法を2つご紹介していきます。
 

3ー1.自力で案件を獲得する

自力で案件を獲得する

副業で営業をしたい場合、自力で案件を獲得できます。

なぜなら、最近ではランサーズやクラウドワークスといった、webを介して個人で仕事を取れる「クラウドソーシング」や副業サイトから仕事を取ることができるからです。

また、本業の営業職での人脈を活かし、営業で困っている人にアプローチすることで案件を獲得することも可能です。

日々の営業トークの中で情報を集め、つながりを多く持つことで自力で営業の仕事を受注できるチャンスが増えていくのです。
 

3ー2.エージェントに登録する

エージェントに登録する

「自力で仕事を取るのが難しい…」という人は、エージェントへの登録がおすすめです。

エージェントに登録することで、あなたに合った実力を発揮できる営業のお仕事を紹介してもらえるからです。

案件に応募したあとは、担当者との面談をエージェントが設定してくれます。

自分自身で面談日時の調整などのやり取りをする必要がない点も嬉しいポイントです。

また、報酬などの契約条件の交渉もエージェントが仲介してくれます。

「契約時よりも報酬が少ない」といった不利な交渉が行われないようにサポートしてくれることも特徴です。

副業で営業の仕事を受注したいけどなかなか仕事が受注できない人や、なるべく手間を掛けずに仕事を受注したい人は、エージェントに登録してみましょう。
 

副業で営業をする際の注意点

副業で営業をする際の注意点

ここまで、副業の始め方や稼ぐ方法について紹介してきました。

一方で、案件の取り方を理解し、「実際に副業での営業に挑戦しよう!」と思っている人も多いはず。

しかし、副業での営業には大きな注意点があるので気をつけてください!

以下2つの注意点を確認し、注意点を念頭に置いてから取り組みましょう。
 

4ー1.成果がなければ報酬はゼロ

成果がなければ報酬はゼロ

副業での営業は、成果を挙げられないと報酬はありません。

なぜなら、成果報酬型が一般的だからです。

営業代行では、完全歩合制である「フルコミッション型」で契約を結ぶ企業が一般的です。

なので、成果をあげれていなければ、遅かれ早かれ報酬はゼロになるでしょう。

計画性を持ち、主体性を持って仕事を進めていかないと報酬に大きく影響してきます。

多くの時間を費やしても、成果を挙げられないと報酬はゼロです。

いかに成果を上げるかを考えながら行う必要があります。
 

4ー2.本業に支障を来す恐れがある

本業に支障を来す恐れがある

副業をすることで、本業に支障を来す恐れがあります。

休日や業務中の休憩時間、業務時間後に副業を行うことで十分な休息が取れず、本業のパフォーマンス低下になりかねないからです。

また、取り扱う内容によっては、企業の信用問題に発展する恐れもあります。

本業で知り得た情報を使って副業を行った場合、所属会社や取引先などの信用を失うことになりかねません。

なので、副業を行う際は自己管理や情報管理を徹底し、本業に支障を来さないように注意しましょう。
 

副業で営業をするのにおすすめな業界

副業で営業をするのにおすすめな業界

副業として営業をする際には、稼げる業界で行うことが重要といえます。

なぜなら、限られた稼働時間で、いかに効率よく稼ぐかという視点が重要だからです。

稼げる業界としておすすめなのは主に2つ。

・保険業界
・不動産業界

以下で、なぜ保険業界と不動産業界がおすすめなのか解説します。
 

5ー1.保険業界

保険業界

副業として営業をするのに、まずオススメなのが保険業界です。

理由は下記の通りです。

・インセンティブ報酬が高額(保険契約料金の20%、多いところでは70%になるところも)。

・人々の生活に直結した商品のため、絶えず需要がある。

3つ紹介しましたが、シンプルに報酬単価が高額かつ需要が絶えないという点がポイントです。

インセンティブ報酬額は会社によって異なりますが、保険契約料金の20%、多いところでは70%になるところも。

例えば、100万円の契約が成立した場合、20%としても20万円インセンティブ報酬で受け取ることができるのです。

このように保険業界は、需要が安定的にあり報酬単価も高額なため、稼ぐことが重要な要素である副業には大変オススメな業界です。
 

5ー2.不動産業界

不動産業界

次にオススメなのが不動産業界です。

理由は下記の通りです。

・1件あたりの取引金額が大きく報酬が高額(売り上げの数%〜10%)である。

・生活に欠かせない不動産は需要が安定的である。

・既存の顧客から別の顧客を紹介してもらえることがある。

大きな理由は保険業界と共通しており、需要が継続的にあり、報酬が高額な点がポイントです。

例えば、不動産売買の営業で、マンションが1件売れると数千万円の売上になります。

報酬額は売り上げの10%を超えるところもあり、1件で数百万円のインセンティブ報酬が手に入ることもあるのです。

インセンティブ報酬は会社ごとに様々ですが、10%を超えるところもあります。

例えば、数千万円のマンションが1件売れると数千万円の売上の10%。

つまり、1件で数百万円のインセンティブ報酬が手に入ることもあるのです。

不動産取引は単価が大きいため、信頼できる人に頼みたいと思うのは当然のことです。

丁寧なヒアリングやアフターフォローを行い、顧客の信頼度アップが報酬アップに繋がるのです。

このように不動産業界は報酬が高額なだけでなく、一度顧客との信頼関係を築けば、顧客が顧客を呼ぶということもあり、副業として営業をするにはオススメの業界だと言えます。
 

営業マンこそスキルを活かした副業をするべき理由

営業マンこそスキルを活かした副業をするべき理由

営業で副業をする方法や注意点、おすすめ業界を紹介してきました。

しかし、「なぜ営業マンは営業の副業をするべきなの?」と思う人もいるでしょう。

営業マンこそスキルを活かし、副業をするべき理由は4つあります。

・本業のスキルをそのまま活かせる
・自分自身の成長につながる
・成果報酬なので収入に限度がない
・本業のない土日で副業ができる


以下で、4つの理由に関して詳しく説明します。
 

6−1.本業のスキルをそのまま活かせる

本業のスキルをそのまま活かせる

営業マンが副業で営業をすることで、本業のスキルをそのまま活かせます。

なぜなら、例え売る商品が違っても、コミュニケーション力やヒアリング力、情報収集力、問題解決力などは他業界の営業においても必要不可欠だからです。

持ち前の営業スキルを活かすことで、副業の営業も容易にできます。

また、自社の商品を顧客に売る際に、副業の営業商品を持っておくのも1つの手です。

複数の顧客に商品を提案すると多くの時間を費やしてしまいます。

しかし、1人の顧客に対し、複数の商品を提案できれば効率よく営業をすることが可能です。

営業スキルを活かすことで、副業の営業もスムーズに進めていきましょう。
 

6ー2.自分自身の成長につながる

自分自身の成長につながる

副業の営業を行なうことで、自分自身の成長につながります。

業種にもよりますが、本業とは異なる内容の営業を行なうことで、本業では身につけられないスキルを習得することができるからです。

例えば、下記2つのようなスキルが身につきます。

・商品の売り方を普段とは違う切り口で紹介する
・口頭での説明ではなく文章にまとめて説明する

副業の商材によって、本業では身につかないスキルを習得し、個人のレベルアップにもつながります。

また、別の商材を扱うことで他業界への知見を広げることも可能です。

自社の商品を扱うことで、自社や他社の同類商品の知識は広がります。

しかし、他業界の商品知識には疎くなりがちです。

さまざまな知識を持つことで営業マンとしてトークの幅が広がります。

さらに、幅広い知識を持つことで顧客から頼られやすい存在になれます。結果的に顧客の悩みや課題解決へと繋がりやすくなることも。

副業としての営業には、本業にも繋がるメリットがたくさんあるのです。
 

6ー3.成果報酬なので収入に限度が無い

成果報酬なので収入に限度が無い

副業の営業は収入に限度がありません。

なぜなら成果報酬型が多く、収入に限度が無いからです。

契約が取れれば取れるほど報酬は上がっていくため、稼ぎたい人には営業の副業はぴったりといえます。

なので、収入をあげるには悩みを抱えている顧客に対し、いかに効率的なアプローチをできるかが鍵となります。
 

6ー4.本業のない土日で副業ができる

本業のない土日で副業ができる

フルタイムで働いているサラリーマンは、本業のない土日で副業できる点も大きな魅力です。

平日の仕事中や勤務後は、本業に追われ副業できない人もいるかと思いますが、土日なら集中して副業に取り組めるからです。

商談や交渉など、アポイントが取れないと副業がなかなか進みませんよね。

平日に時間を捻出するのが難しい場合でも、土日の方が都合がいいという顧客も多くいます。

例えば、小売店や太陽光発電、ガスや電気の営業などは土日でも対応可能です。

休日を使って副業をしたい人は、土日を効率的に使って副業の営業をしていきましょう。
 

まとめ

まとめ

副業で営業をすることで稼げます稼ぐことは可能です。

成果報酬型なので報酬に上限が無いほか、本業の営業とも両立しやすく、自身の商材も増えるなどのメリットがあります。

一方で、成果報酬が一般的なので、成果がでなければ報酬はありません。

稼ぐには戦略が必要不可欠です。

また、副業で営業をするなら、報酬単価の高い保険業界・不動産業界がオススメです。

営業で副業をしたい人をターゲットとしたサービスもあるので、まずは登録することからはじめましょう。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ