副業で営業代行をはじめる方法【DOFAがオススメ】

営業代行は営業スキルが活かせる副業です。休日に活動できるため、本業との両立も可能です。 この記事では、営業代行をはじめる方法を詳細に解説しています。 また、副業として営業代行をはじめる際にオススメなサービスについても、重要な判断軸とともに紹介しています。

副業で営業代行をはじめる方法【DOFAがオススメ】のイメージ

目次

  1. 1営業代行の仕組みとは?
  2. 2営業代行の注意点
  3. 3副業としての営業代行の始め方
  4. 4営業代行を副業として始めるのにオススメなエージェント
  5. 5まとめ

副業をする人や副業を解禁する企業が増えた今、副業で営業をしたいとお考えですね?

実際にやるとなると、「副業といえばWEBやITスキルがないとできない…」「自分は営業職だしライターには向いてない…」と思ってしまいますよね。

ですが、そんなことはありません。

今回は営業職にオススメな副業、営業代行について紹介します。

営業代行は、営業スキルを活かして稼げる方法です。

あなたが営業職ならいますぐに副業を始められます。

休日や隙間時間を利用して稼ぐことができたら嬉しいですよね。

この記事を読めば、副業への一歩を踏み出せます!
 

営業代行の仕組みとは?

営業代行の仕組みとは?

営業代行とは、企業のサービスや製品を売るための営業活動を個人が代わりに行うことです。

営業の成果に対して、報酬をもらう仕組みです。

採用や教育の余裕がない企業、または営業リソースの足りない企業は、営業業務をフリーランスや派遣会社などに外注します。

営業代行の業務内容は、テレアポやweb集客、見込み・既存顧客への連絡やフォロー、商談への同行や交渉代行など多岐に渡ります。

これらを一部のプロセス代行から、アポから交渉まで代行する場合もあります。

営業代行を行う場合、個人の名前は使用せずに企業の名前を使います。
 

1ー1.報酬形態について

報酬形態について

報酬形態についての解説です。

営業代行には固定報酬型と成果報酬型があります。

固定報酬型では、企業との契約が成立した時点で報酬額が決まっています。

受注や売り上げなどに対する成果に関係なく、業務を遂行することに対して一定の料金が支払われる仕組みです。

多くの成果をあげようと、あまり成果が上げられなくても報酬は一律になります。

安定した収益を望みたい方には固定報酬型がオススメです。

一方で成果報酬型とは、行った営業代行の成果によって報酬が変動します。

契約した企業が求める成果が出た場合に発生するので、良い結果を出せればその分報酬も上がる仕組みです。

複合型もあるので自分の求める報酬を選ぶことができますね。

複合型とは、固定の月額費用と成果に応じた報酬が発生します。

報酬の形態、案件、内容、取引先や企業、営業代行ではこれら全てを自分で選択することができます。

その為、自分の強みを活かした副業代行をすることが可能です。
 

営業代行の注意点

営業代行の注意点

営業代行を行うにあたって、注意点は3つあります。

詳しく説明していきますね。
 

2ー1.務める企業が副業OKかどうか

務める企業が副業OKかどうか

まず、あなたの務める会社が副業を禁止しているかを確認しましょう。

完全にNGな会社もあれば、副業の内容によっては可能な会社もあります。

なので、あなたの勤める会社が副業を禁止しているのであれば、副業はできません。

内緒で副業をしてバレてしまうと、信頼や雇用にも関わってきてしまうので、しっかりと確認してから行いましょう。
 

2ー2.営業スキルや経験があるか

営業スキルや経験があるか

副業として営業代行をする際、スキルや経験が必要です。

営業代行は成績が報酬に直結してきます。

もともと営業の経験やスキルを持っているかも、営業代行を依頼する企業からしたら大きな判断材料の1つです。

未経験や成果を上げていないと、企業もなかなか契約に踏み込めません。

成績を上げられなければなかなか依頼を得られないため、稼ぐことが難しくなってしまいます。

逆に、いい成績を上げることができれば案件を簡単に取れるようになるでしょう。

企業もスキルや成果を出しているとそれが信頼に変わり報酬も上がります。
 

2ー3.企業が注意している点を知る

企業が注意している点を知る

企業が副業代行を検討する際にチェックしている点は4つあります。

・事例や実績はあるか
・プロセスを開示しているか
・自社の商品・サービス、顧客ニーズをきちんと理解しているか
・行動、案件、目標管理のマネジメント体制は確立されているか


自分が企業から選ばれるにはどうしたら良いのか、行動や言動の参考にしましょう。

企業としては営業代行を契約する際にこんな不安要素があります。

・初期費用だけ取られて成果がでなかった。
・営業プロセスがわかりにくく、課題が何かもわからずに、成果が出ず終わった。
・アポイントや受注といった成果はあったが、質が悪く、結局受注率が低かった。

今後副業を続けて行く上でも成果は重要になって来ます。

注意点も確認しつつ、副業を始めましょう。
 

副業としての営業代行の始め方

副業としての営業代行の始め方

副業として営業代行を始めるには、5つのSTEPがあります。

1.営業代行会社に登録
2.企業へ営業代行の応募
3.自身の人脈に営業活動
4.アポイントメント・契約が成立
5.成果に応じた報酬を受け取る


以下で詳細について説明します。
 

3-1.営業代行会社に登録

営業代行会社に登録

営業代行会社には無料で登録することが出来ます。

まずは登録してどんな案件があるのか覗いてみるのもいい方法です!

案件をみて、自分が営業代行をできそうな案件を探します。

その際、企業によって報酬や条件も変わってくるので、きちんと確認しましょう。
 

3-2.企業へ営業代行の応募

企業へ営業代行の応募

自分の強みを活かせそうな案件、望む収益が得られる案件が見つかったら早速企業へ営業代行の応募をしましょう。

企業へ応募した後、実際に具体的な打ち合わせを行うことになります。

この打ち合わせは実際に企業の担当者と顔を合わせて行うのが一般的です。

その際に、具体的に営業を代行する商品やサービスの内容、契約した企業が営業の際に重視してほしい事柄、目標の売上額などの、諸々のヒアリングが行われます。

あなたの人柄や営業の方向性など、意思の疎通に問題がなければ、そのまま契約という流れが多いです。
 

3-3.自身の人脈に営業活動

自身の人脈に営業活動

企業との契約が済んだら、案件に見合った企業や個人に対して営業活動を始めましょう。

人脈を多く持っているのであれば、あなたの人脈を利用して営業活動をすることが可能です。

案件内容に合う知り合いの企業や個人がいれば強いですね。

紹介した時点で収益が発生する案件、成約が決まってから収益が発生する案件があるので案件を選ぶ際の1つの目安にしましょう。
 

3-4.アポイントメント・契約が成立

アポイントメント・契約が成立

アポイントメント、契約が成立です。

案件によってはアポイントの時点で報酬が出るものもあります。

もちろん契約が成立してから報酬が出る場合もあるので、案件の詳細を確認しておきましょう。
 

3-5.成果に応じた報酬を受け取る

成果に応じた報酬を受け取る

一通りの営業活動を終えたら成果に応じた報酬を受け取りましょう。

成果報酬型であれば、契約に至った際のみ報酬が発生します。

1アポあたりで報酬を決めているものと、売上の何%という形で決めているものがあります。

商品の単価によって大きく変動しますが、1アポあたりは1.5~2万円、売上では30~50%が相場と言われています。

営業コストを営業代行会社が先出しするので、報酬額は受注額の50%以上になることが一般的です。

紹介のみの営業代行であれば営業工数がさほど掛からない為、受注額の20%程度が普通です。

固定報酬の場合は、50〜60万円が相場になります。

もちろん、業務内容やレベル、料金形態によって差があります。
 

営業代行を副業として始めるのにオススメなエージェント

これから紹介するエージェントは3つあります。

・DOFA(Kasooku)
・ Saleshub
・プロの副業


エージェントは以下のポイントを重視して選択しましょう。

・利用額
・サポートの充実度
・案件数 


以下では、上記の視点からオススメなエージェントを紹介していきます。
 

4-1.DoFA(kasooku)

kassokuはDOFAが提供している無料のエージェントサービスです。

kassokuの特徴は4つあります。

・セールスに特化しているから営業職のキャリア相談に最適
・スタートアップから大手企業まで豊富な求人案内
・副業だけでなく転職のマッチングもサポート
・営業の気持ちがわかるセールスマンのサポート


kassokuは副業のやり方から企業の紹介まで丁寧に支援してくれるので、これから副業を始めたい人にオススメです!

副業に関しての多くの支援を受けることができます。

例えば、副業をしたいけれど会社で禁止されている方には、転職支援と副業支援をセットでしてくれます。

転職をしたいけど自分に会う企業があるかわからない場合は、副業から始めることで自分に合うか判断できます。

副業を始めるか迷っている、始め方がわからない方にも手厚い支援を受けることができます。

なので、副業をこれから始めたいけど不安が多い方、今後副業を本格的にやっていきたい方にオススメです!

4ー2.Saleshub

Saleshubはお客さんを紹介して欲しい企業と、お客さんを紹介できる個人を繋ぐマッチングサービスです。

Saleshubの特徴は3つあります。

・企業と(潜在)顧客とのアポイントをセッティングすることで紹介のお礼としてお祝い金を貰える。
・時間に縛られることなく、ノルマなどもないので副業で取り組みやすい。
・月30万円以上稼いでいる人や一回の商談成功で160万円稼いだ事例もある。


Saleshubでは、人脈を多く持つ人におすすめです。

なぜなら、企業が求めている人を繋げると、あなたに紹介料が入ってくるからです。

人を繋ぐことで企業からご協力金が送られます。

人脈を多く持っているほど、利益を上げることができますね。

セールスハブは新しいタイプの副業として現在6000人以上が利用しています。

登録企業数は1,400社以上あるので、人脈に自信があるという人にオススメします。

4-3.プロの副業

プロの副業は、本気で副業に取り組みたい人にオススメのエージェントです!

まずは無料登録しましょう。

プロの副業はあなたのプロフェッショナルなスキル、経験、人脈を活かし、ライフスタイルに合わせて「週1」「月1」から仕事をすることことが可能です。

プロの副業の特徴は3つあります。

・プロの副業独自の案件ネットワーク(特に広告、マーケティング業界に強み)
・非常勤高額案件多数(週一で月次30万以上可能)
・週1〜週3などライフスタイルに合わせた様々な働き方が可能(案件によってリモートワークも可)


副業で大きな収益を上げたい人には、プロの副業がオススメです。

なぜなら、プロの副業が持つ案件は、高額案件が多いからです。

プロフェッショナルスキルを持った人材が、複数の会社やプロジェクトに参画して結果を出し、所得に反映されるという仕組みです。

スキルや人脈、経験に自信がある方はそれを使って高額案件に挑むことが出来ます。

高額案件が多く、副業を通して大きな収益を上げたい!という方にオススメなエージェントです。
 

まとめ

まとめ

営業職の方が今までの経験で得たスキルを活かして、自身の得意分野で稼げる副業が営業代行です。

営業職は企業が成長するうえで重要な職種であり、高収入が見込める副業です。

そのため営業代行は高いニーズのある新しい働き方といえます。

まずは営業代行会社、エージェントを利用して副業への一歩を踏み出しましょう!
 

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ