営業の副業を検討中の人必見!営業案件が見つかる副業サイト5選

実はいくつかの副業サイトを知っているだけで、営業の案件をすぐに見つけることができるのです。本記事では、営業職の副業をするメリット・デメリット、始める方法、オススメな副業サイトを紹介します。この記事を読めば、副業サイトで営業の案件を探す方法がわかります。

営業の副業を検討中の人必見!営業案件が見つかる副業サイト5選のイメージ

目次

  1. 1営業職の副業が注目されている理由
  2. 2まず確認!営業職の副業をするメリット・デメリット
  3. 3何がある?営業職の副業を始める方法
  4. 4これで安心!営業職の案件が見つかる副業サイトまとめ
  5. 5気をつけて!営業職の副業をするときの注意点
  6. 6まとめ

営業の副業案件が見つかる副業サイトをお探しでしょうか?

実はいくつかの副業サイトを知っているだけで、営業案件の副業をすぐに見つけることができるのです。

本記事では、営業職の副業をするメリット・デメリット、副業を始める方法、オススメな副業サイトを紹介します。

本記事を読めば、副業サイトに登録し副業を始めること可能です。

以下で述べていきます。

営業職の副業が注目されている理由

営業職の副業が注目されている理由

今、営業職の副業が注目されています。

理由を以下で説明します。

1ー1.稼げるから【具体的に稼げる金額も紹介】

稼げるから【具体的に稼げる金額も紹介】

営業職の副業は、大きく稼げるので注目されています。

時給1,000円を下回るような稼ぎにくい副業が多い中、営業職の副業で稼げる金額は大きいです。

そこで、具体的な案件を紹介します。

稼げるから

上記の案件では、月収が4万円〜12万円です。

成果報酬も選べるので、営業力に自信がる場合は青天井に稼ぐことも可能です。

もし、本業が営業職であるなら、ノウハウも身につけているので新たに何かを1から始めるより工数も少なく稼げます。

まず確認!営業職の副業をするメリット・デメリット

まず確認!営業職の副業をするメリット・デメリット

これまで、営業職の副業が注目されている理由について述べてきました。

では、営業職の副業にはどのようなメリットデメリットがあるのでしょうか。

ここから営業職の副業をするメリット・デメリットを紹介します。

営業職の副業を始めるにあたり、メリット・デメリットを知っておくことは大切です。

以下で述べていきます。

2ー1.メリット

メリット

営業職の副業をするメリットは3つあります。
 

  • 青天井に稼ぐことが可能
  • 商材に縛りがないのでよりお客様目線で営業できる
  • 自分のペースで稼働できる

以下で説明します。

2ー1ー1.青天井に稼ぐことが可能

営業職の副業では、青天井に稼ぐことが可能になります。

営業職の副業は成果主義なので稼げる幅が広く、働く頻度も自分で選ぶことができるからです。

自分のあげた成果の分だけ収益を得られます。

青天井に稼ぐことができることは、営業職の副業のメリットです。

2ー1ー2.商材に縛りがないのでよりお客様目線で営業できる

商材に縛りがないので、よりお客様目線で営業ができます。

会社員の営業なら会社の商材に縛られますが、営業職の副業では自分で商材を選ぶことが可能です。

自分で売りたい商品を選ぶことで、よりお客様目線で商材を幅広く紹介できます。

商材に縛りがなくお客様目線で営業できることは、営業職の副業のメリットです。

2ー1ー3.自分のペースで稼働できる

営業職の副業では、自分のペースで稼働することができます。

土日だけで行う事も出来ますし、隙間時間を全て副業に充てる事も可能です。

自分の求める収益や生活スタイルを考慮しながら、副業が行えます。

自分のペースで稼働できるため、無理なく自分の生活スタイルに合わせて副業をしたい人におすすめです。

2ー2.デメリット

デメリット

次に、営業職の副業をするデメリットを紹介します。

営業職の副業をするデメリットは2つです。
 

  • 本業に支障が出ることがある
  • 成果がゼロなら報酬もゼロ

以下で説明していきます。

2ー2ー1.本業に支障が出ることがある

力を入れすぎてしまい本業に支障が出ることは、営業職の副業をするデメリットです。

本業だけの場合には発生しない業務や活動が増えるので、疲労が溜まってしまうことも。

本業に支障が出ないよう休む時間も作り、疲労がたまらないようにしましょう。

2ー2ー2.成果がゼロなら報酬もゼロ

営業職の副業では、成果がゼロなら報酬はありません。

収入が青天井という一方で、報酬を得られないこともあります。

案件へ応募する際、売れることまでイメージできるものを選ぶようにしましょう。

売れることまでイメージできる案件であれば、試行錯誤もやりやすいのでデメリットをカバーできます。

何がある?営業職の副業を始める方法

何がある?営業職の副業を始める方法

メリット・デメリットについて理解したところで、営業職の副業を始める方法が気になる方も多いのではないでしょうか。

営業職の副業を始める方法を知ることで、実際に始める決心がついた際にスムーズに行動することができます。

営業職の副業を始める方法は以下の2つです。
 

  • 営業案件が見つかる副業サイトに登録する
  • 企業と代理店契約を結ぶ

以下で述べていきます。

3ー1.営業案件が見つかる副業サイトに登録する

営業案件が見つかる副業サイトに登録する

営業職の副業を始めるには、まず案件を見つけられる副業サイトに登録しましょう。

営業案件が豊富な副業サイトに登録することで、あなたのペースに合わせて働ける仕事を見つけることができます。

営業が豊富な副業サイトには、Kasookuがあります。

Kasookuは副業のやり方から企業の紹介まで支援を受けられるので、これから始めたい人にオススメです。

例えば、以下のような案件があります。

Kasooku

こちらの案件では、不動産購入を考えている人との1アポイントで1万円、 投資用不動産で成約に至れば別途20万円の報酬が入ります。

営業職の副業を始める場合、副業サイトに登録しましょう。

3ー2.企業と代理店契約を結ぶ

企業と代理店契約を結ぶ

企業と代理店契約を結び案件を獲得する方法もあります。

代理店契約とは、事業会社に変わりその企業の営業業務を行う事です。

アントレでは、副業をしたい人や独立している人と営業支援が必要な企業とのマッチングを支援しています。

実際にアントレでは以下のような案件があるので、独立や営業業務を探している人がいれば利用をしてみると良いです。

画像

営業業務に加え独立も視野に入れたい人は、企業と代理店契約を結ぶことをおすすめします。

これで安心!営業職の案件が見つかる副業サイトまとめ

これで安心!営業職の案件が見つかる副業サイトまとめ

これまで、営業職の副業を始める方法について説明しました。

副業を始める方法について理解したところで、営業職の案件が見つかる副業サイトが気になるのではないでしょうか。

そこで、営業職の案件が見つかる副業サイトを紹介します。
 

  • Kasooku
  • Lancers
  • プロの副業
  • ITプロパートナーズ
  • Workship

それぞれ、見ていきましょう。

4ー1.Kasooku

Kasooku

Kasookuでは営業職の案件を見つけることが可能です。

Kasookuの特徴は2つあります。
 

  • 営業案件に特化している
  • 金銭以外の報酬も選べる

Kasookuについて、以下で紹介します。

4ー1ー1.特徴①:営業案件に特化している

Kasookuは営業案件に特化した副業サイトなので、あなたの希望にあった仕事が見つかりやすいといえます。

以下は、Kasookuに掲載されている案件の具体例です。

Kasooku2

こちらの案件では、1件の成約につき10,000円〜20,000円の報酬が発生します。

営業の仕事にフォーカスして案件を探したい場合は、Kasookuに登録してみましょう。

4ー1ー2.特徴②:金銭以外の報酬も選べるので副業初心者でも始めやすい

Kasookuでは依頼企業のサービスやプロダクト、ノベルティ等、金銭以外の報酬も選べます。

よく使う会社の製品で、特徴やメリットデメリットがよく理解できていれば営業もしやすく、報酬として普段から愛用している企業の商品やノベルティを受け取ることができるのです。

4ー1ー3.Kasookuはこんな人にオススメ!

Kasookuは、営業案件に特化して副業を探している人にオススメです。

営業案件の掲載に特化しているので、報酬形態など細かな条件も設定しつつ、スムーズに仕事を探せます。

営業にフォーカスして案件を探している人は、Kasookuに登録しましょう。

4ー2.Lancers

Lancers

Lancersは、日本最大級のクラウドソーシングサイトです。

Lancersの特徴は2つあります。
 

  • 幅広い仕事内容と豊富な案件数
  • 認定ランサー制度

Lancersがオススメな人も含め、以下で説明します。

4ー2ー1.特徴①:幅広い仕事内容と豊富な案件数

Lancersは、幅広い仕事内容と豊富な案件数が特徴になります。

Lancersの案件数はおよそ150万件にも上り、日本最大級のクラウドソーシングサイトです。

幅広い仕事内容と豊富な案件数からあなたの希望に合った副業を選べます。

ライティングやデザイン、営業、エンジニア、コンサルなどの職種が主です。

実際に営業というキーワードで検索すると40,857件あり、以下のような案件があります。

Lancersの案件

こちらの案件ではメール営業の代行が業務になり、報酬は5,000円〜10,000円です。

様々な業務内容の案件があるので、自分にあった仕事を探す場合はLancersに登録しましょう。

4ー2ー2.特徴②:認定ランサー制度

Lancersには、認定ランサー制度があります。

認定ランサーとは、返信速度・納品実績・報酬額・高評価などの条件を満たしているフリーランスのことです。

月1で審査があり、毎月基準をクリアする必要があります。

認定ランサーになることでエンブレムがついたり、ランサーズサイト内に掲載されて、さらに仕事が受注しやすくなるのです。

4ー2ー3.こんな人にオススメ!

Lancersは幅広い仕事内容と豊富な案件数があるため、多くの案件の中から副業案件を選びたい人にオススメです。

また、認定ランサー制度があるため本格的に副業を行いたい人にもオススメできます。

Lancersに登録し多くの副業案件をこなし、認定ランサーを目指しましょう。

4ー3.プロの副業

プロの副業

次に、プロの副業を紹介します。

プロの副業は、他エージェントと比べて単価が高いということが特徴です。

以下で述べていきます。

4ー3ー1.特徴①:他エージェントと比べて単価が高い

プロの副業はプロフェッショナルスキルを持つ副業人材を紹介しているので、他エージェントと比べて単価が高いです。

プロの副業では現職と並行してできる高単価案件を、あなたの働き方に合わせて紹介・説明しています。

求められるスキルが高いため、その分単価が高いです。

4ー3ー2.こんな人にオススメ!

プロの副業は、高いスキルや知識を持った人にオススメです。

高いスキルを持った人材を求めているので、その分単価も高い傾向にあります。

スキルがあり高い収益を得たい人に、プロの副業はオススメできるのです。

4ー4.ITプロパートナーズ

ITプロパートナーズ

ITプロパートナーズは、フリーランスとして働く人のサポートをメインに行なっている会社です。

週2回の稼働から案件を探せるので、自分のスタイルにあった仕事が見つけられます。

ITプロパートナーズは、営業案件の中でもITに関連したものがメインということが特徴です。

以下で述べていきます。

4ー4ー1.特徴①:営業案件の中でもITに関連したものがメイン

ITプロパートナーズは、営業案件の中でもITに関連したものがメインになります。

マーケティングやデザイン、プログラミングなど様々な案件を探すことが可能です。

実際に、以下のようなITに関連した募集が多くあります。

ITに関連

ブログサービスをサポートする業務やブロックチェーン開発案件など、エンジニア向きの案件になります。

週2回の稼働から案件を探すことができ、リモートワークも可能です。

IT関連の副業を探したい場合、ITプロパートナーズを利用しましょう。

4ー4ー3.こんな人にオススメ!

ITプロパートナーズは、IT関連の副業案件を希望している人にオススメできます。

IT関連の案件が多くあるため、プログラミングやブロックチェーン等のITスキルがある人は仕事を探しやすいです。

なので、ITに関連した副業案件を探している人はITプロパートナーズに登録しましょう。

4ー5.Workship

Workship

Workshipについて説明します。

Workshipには、2つの特徴があります。
 

  • ベンチャー案件が多い傾向
  • 認定ランサー制度

Workshipをオススメな人も含め、以下で説明していきます。

4ー5ー1.特徴①:ベンチャー案件が多い傾向

Workshipは、ベンチャー企業を中心に250件以上の案件があります。(2019年10月時点)

ベンチャー企業は知名度も低く採用コストも多くかけられないため優秀な人材確保が難しく、社内で人材を確保しきれません。

そのため、営業業務を必要なときにのみアウトソースすることが多いのです。

実際に以下のような、新規顧客を獲得する営業案件があります。

ベンチャー企業

つまり、多くのベンチャー案件があるので、あなたの働き方に合った仕事が見つけやすいのです。

4ー5ー2.特徴②:認定ランサー制度

Workshipにも、認定ランサー制度が’存在します。

認定ランサーになることで、より単価の良い案件を受注しやすくなります。

4ー5ー3.こんな人にオススメ!

Workshipは、ベンチャー案件を受注したい人にオススメです。

多くのベンチャー案件が掲載されています。

また、認定ランサーになれば多くの収益をあげることも可能です。

多くの収益をあげたい人に、Workshipはオススメといえます。

気をつけて!営業職の副業をするときの注意点

気をつけて!営業職の副業をするときの注意点

これまで営業職の副業が見つかる副業サイトを紹介しました。

次に、営業職の副業をするときの注意点を述べていきます。

営業職の副業するときの注意点は2つです。
 

  • 報酬形態と仕事内容を事前に明確にする
  • 会社にバレたくない場合は住民票を普通徴収にする

以下で述べていきます。

5ー1.報酬形態と仕事内容を事前に明確にする

報酬形態と仕事内容を事前に明確にする

営業職で副業を行う場合、報酬形態と仕事内容を事前に明確にしましょう。

報酬形態と仕事内容を事前に明確にしないと、自分の望む収益を得られなかったり、副業が本業に支障をきたすほど忙しくなってしまうことがあるからです。

報酬形態には、完全歩合制・完全歩合制+固定報酬・固定報酬があります。

スキルに自信があり多くの成果をあげる可能性がある場合、完全歩合制がおすすめです。

しかし、完全歩合制では成果が出ないと収益も0というデメリットがあります。

固定報酬は契約した時点で収益が決まっているのです。

成果数に関係なく収益が生まれるため、収益0の心配はありませんが多くの成果をあげても収入は同じになります。

報酬形態と仕事内容は事前に明確にすることが大切になります。

5ー2.会社にバレたくない場合は住民票を普通徴収にする

会社にバレたくない場合は住民票を普通徴収にする

副業が会社にバレたくない場合は、住民票を普通徴収にしましょう。

住民税は収入によって変動するため、住民税の変化から副業がバレてしまう可能性があります。

住民税の徴収方法は、普通徴収と特別徴収の二種類です。

企業に勤めている場合、住民税は企業が全て手続きを行ってくれる特別徴収になっています。

副業が会社にバレたくない場合は、自分で役所にいき、普通徴収に変更しましょう。

まとめ

営業案件が見つかる副業サイトについて述べてきました。

営業職の副業は、需要も増えており、正しい方法で行えば稼げるので注目されています。

メリットとしては、青天井に稼ぐことができ、自分のペースで稼働できるという点がありました。

その一方で、本業に支障が出る可能性があり、成果をあげられないと収益もゼロというデメリットも忘れてはいけません。

営業職の案件を探すには、Kasooku・Lancers・プロの副業・ITプロパートナーズ・ Workshipなどあなたの目的にあったサイトを利用しましょう。

本記事を参考にすれば、営業職の副業への一歩を踏み出せます。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ