【土日で稼ぐ】会社勤務のエンジニアにオススメな副業

会社勤務のエンジニアにオススメな、土日のみでできる副業について解説しています。エンジニアが土日のみで副業をするメリット・デメリットや具体的な案件の探し方を網羅的に紹介。この記事を読むことで、エンジニアの副業への一歩を踏み出せるような内容になっています。

【土日で稼ぐ】会社勤務のエンジニアにオススメな副業のイメージ

目次

  1. 1【土日のみで可能!】エンジニアの副業がおすすめな理由とは?
  2. 2エンジニアが土日のみで副業をするメリット・デメリット
  3. 3エンジニアにオススメな土日のみでできる副業とは?
  4. 4【確認必須】エンジニアが土日のみで副業するときの注意点
  5. 5まとめ

エンジニアが土日のみで副業できないかとお考えですね?

会社勤務のエンジニアの人にとって、副業はキャリア形成に効果的でオススメです。

土日のみでできる開発案件もありますし、エンジニアの経験が活かせる副業で稼ぐこともできます。

ただし、確定申告などの雑務が増えるといったデメリットもあるのです。

そこで本記事では、エンジニアが土日のみで副業をするメリット・デメリット、具体的な案件の探し方、注意点について解説。

本記事を読むことで、不安を解消し、安全に副業を始めることができます。

本記事を参考にして、副業への一歩を踏み出しましょう!

【土日のみで可能!】エンジニアの副業がおすすめな理由とは?

土日のみで可能!】エンジニアの副業はキャリア形成にも効果的

エンジニアの副業は土日のみでも可能で、キャリア形成にも効果的です。

エンジニアに副業をオススメする以下の理由を、ここでは解説していきます。
 

  • 売上に敏感になるのでビジネス感覚が身に付く
  • 土日のみの開発案件はあります
  • エンジニアの経験が活かせる副業もアリ
  • フリーランスエンジニアという選択肢も視野に

エンジニアが副業するべき理由がわかれば、根拠を持って副業を始めることが可能です。

以下で、詳しく見ていきましょう。

売上に敏感になるのでビジネス感覚が身に付く

売上に敏感になるのでビジネス感覚が身に付く

エンジニアが副業をすれば、売上に敏感になるので、ビジネス感覚が身に付きます。

副業をしないままだと、会社からの給与収入が得られるにとどまり、ビジネス感覚を身に付けるのは困難です。

副業は自分自身で仕事を獲得することになるため、どうすればユーザーに喜ばれるサービスを生み出せるのか、どうすれば売上を上げていけるのかといったことを常に考えるようになり、ビジネス感覚を身に付けられます。

また、赤字を出さないように気を付けるため、例えば自宅でプリンタを使用する際には、インク代を下げるためにカラー印刷ではなくモノクロ印刷をする、といったコスト意識も身に付くのです。

副業をすることで、売上やコストに敏感になり、ビジネス感覚を身に付けられます。

土日のみの開発案件がある

土日のみの開発案件はあります

エンジニアの副業で、土日のみの開発案件はあります。

エンジニアの副業は需要が高く、副業案件が豊富にあるため、土日のみの開発案件も見つけることが可能です。

例えば、以下のような案件があります。
 

業務内容 レストランに来店するユーザーと店舗スタッフが利用するWebアプリ開発
報酬案 時給4,000円~
業務時間 1日数時間でOK / 週1日でOK / リモートOK / 土日稼働OK
採用条件 GolangでのAPIサーバー開発実務経験3年以上

上記は、スマートフォンからメニューの閲覧・注文・決済を行うレストランのアプリを開発する案件です。

土日のみ副業が可能で、本業と両立し、効率的に稼ぐことができます。

エンジニアの副業は、土日のみの開発案件があり、本業に大きな負担をかけることなく始めることが可能です。

エンジニアの経験が活かせる副業もアリ

エンジニアの経験が活かせる副業もアリ

エンジニアの経験が活かせる副業で稼ぐのもアリです。

専門知識を活かして比較的高額な時給を得られる副業もあり、スキルアップに繋がります。

例えば、ITの知識を活かしてプログラミング講師の副業をすれば、時給1,000円~2,000円程度の報酬が得られ、人に教える力が付き、自らの知識も広げることが可能です。

また、エンジニアの経験を活かしてWebライターの副業をし、ライティングスキルを身に付けることもできます。

初めのうちは文字単価1円程度の案件が多く、5,000文字の記事で5,000円ほどの報酬ですが、経験を積めば文字単価5円程度まで上げることも可能です。

エンジニアの経験を活かせる副業で、スキルアップしながら稼ぐことができます。

フリーランスエンジニアという選択肢も視野に

フリーランスエンジニアという選択肢も視野に

エンジニアの副業を続けていけば、フリーランスエンジニアという選択肢も視野に入ってきます。

好条件の案件を長く続けることが、フリーランスエンジニアとして成功するポイントです。

副業時に実績を積み、クライアントと関係を築いておくことで、継続して仕事を得ることができます。

フリーランスエンジニアとして成功すれば、年収1,000万円も可能です。

働く場所や時間に縛られず、自由な働き方ができます。

エンジニアの副業を続けることで、フリーランスエンジニアとして独立することも可能です。

エンジニアが土日のみで副業をするメリット・デメリット

エンジニアが土日のみで副業をするメリット・デメリット

エンジニアの副業は土日のみでも可能で、キャリア形成にも効果的であることを確認してきました。

ここでは、エンジニアが土日のみで副業をするメリット・デメリットをご紹介します。

メリット・デメリットを把握すれば、モチベーションを保ってエンジニアの副業を続けることが可能です。

以下で、順に詳しく見ていきましょう。

メリット

メリット

エンジニアが土日のみで副業をするメリットには、以下のようなものがあります。
 

  • 収入の柱が増える
  • 経費が使えるようになる
  • ビジネス感覚が身に付くので本業への効果も期待できる

以下で、詳しく見ていきましょう。

収入の柱が増える

エンジニアが土日のみで副業をするメリットの1つ目は、収入の柱が増えることです。

エンジニアの副業は需要があり、高単価の案件を獲得することができます。

時給4,000円以上の案件が多くあり、土日のみで効率的に稼ぐことが可能です。

エンジニアが土日のみで副業をすれば、会社からの給与収入の他にも、効率的に収入の柱を増やすことができます。

経費が使えるようになる

エンジニアが土日のみで副業をするメリットの2つ目は、経費が使えるようになることです。

会社員であれば、自身のお小遣いから出さなければならない支出も、経費として支出することができるため、所得税や住民税の節税効果が得られます。

例えば、遠方の勉強会に参加した場合、勉強会の参加費や交通費を経費に計上可能です。

所得税率を30%と仮定し、勉強会に関して1年間に10万円の費用がかかった場合、3万円の節税効果が得られます。

エンジニアの副業をすることで経費が使えるようになり、節税効果を得ることが可能です。

ビジネス感覚が身に付くので本業への効果も期待できる

エンジニアの副業でビジネス感覚が身に付くので、本業への効果も期待できます。

エンジニアの副業をすることにより売上やコストに敏感になるため、ビジネス感覚を身に付けることが可能です。

経営の視点で本業にも取り組むことができ、仕事の効率化に繋がります。

例えば、1つの作業にかけるべき時間はどのくらいなのか、5人のエンジニアが2時間も会議していた場合を工数に換算するといくらになるのか、といったことを意識するようになり、業務の効率化に繋がるのです。

エンジニアの副業によってビジネス感覚が身に付き、本業の効率化を生み出すこともできます。

デメリット

デメリット

エンジニアの副業をするデメリットは、確定申告などの雑務が増えることです。

以下で、詳しく見ていきます。

確定申告など雑務も増える

エンジニアの副業をすることで、確定申告などの雑務が増えます。

土日のみで効率的に稼ぐことはできますが、確定申告の手続きや帳簿をつけるといった業務も行わなければなりません。

副業で得た収入が20万円を超える場合、確定申告が必要です。

副業からの収入が20万円以下でも、医療費控除や住宅ローン控除を受けた上で確定申告を行えば、還付金を受け取れる可能性もあります。

収入が少ないうちから帳簿をつけておけば、収入に対してどのくらい費用が発生するのかという感覚も身に付き、年の途中で急に売上が増えても安心です。

エンジニアの副業をすると、確定申告や帳簿記入といった雑務が必要になります。

エンジニアにオススメな土日のみでできる副業とは?

エンジニアにオススメな土日のみでできる副業とは?

エンジニアが土日のみで副業をするメリット・デメリットを確認してきました。

ここでは、エンジニアにオススメな土日のみでできる副業を3つご紹介します。
 

  • 開発案件の業務委託
  • プログラミング講師
  • ブログ運営

オススメの副業を知れば、エンジニアの技術を活かして効率的に稼ぐことが可能です。

以下で、順に詳しく見ていきましょう。

開発案件の業務委託

開発案件の業務委託

エンジニアにオススメな土日のみでできる副業の1つ目は、「開発案件の業務委託」です。

エンジニアの副業は需要が高いため、案件は豊富にあります。

開発案件の副業は単価も高く、経験を積めば単価アップも可能です。

週1日からの勤務が可能なものや、リモート勤務可能な案件もあり、土日のみで効率的に稼ぐことができます。

案件が豊富にあり、単価も高く、土日で効率的に稼げる開発案件は、エンジニアの副業にオススメです。

案件はどう探すの?

副業募集サイトを利用すれば、案件を見つけることが可能です。

副業募集サイト「Kasooku」では、副業初心者歓迎・リモート面談可といった条件で案件を探すことも可能で、安心して副業を始めることができます。

具体的な案件を1つ見てみましょう。

株式会社entershare
 

業務内容 Webサービス・アプリ開発
報酬 月収:4万~40万円
(時給:2,000円~5,000円)
希望稼働時間 5時間~20時間
希望期間 1ヶ月~3ヶ月

Webサービス・アプリの受託開発と自社サービスの開発を行っており、クライアントとのミーティング・設計・実装までをこなすことが必要です。

基本的に1人が1つプロジェクトを担当しますが、副業初心者歓迎で、他のメンバーもサポートしてくれます。

Kasookuでは詳しい会社紹介もされており、希望の案件を探すことが可能です。

プログラミング講師

プログラミング講師

エンジニアにオススメな土日のみでできる副業の2つ目は、「プログラミング講師」です。

IT知識を活かした副業で、比較的高額な報酬を得ることができます。

小学生から大人まで生徒の年齢はスクールによって異なりますが、教える力が身に付き、自分自身の知識も広げることが可能です。

時給の相場は1,000円~2,000円程度ですが、案件によってはさらに時給が高いところもあります。

具体的な案件を1つ見てみましょう。

株式会社インフラトップ
 

業務内容 大阪難波のスクールにて受講生の学習をサポート(講義はなし)
報酬 月収 8万円~19.2万円
(時給2,500円~3,000円)
働き方 週1〜2日

受講者のほとんどはプログラミング未経験のため、受講者の「つまずき・分からない」を解消しながらより成長できるようにサポートします。

IT知識を活かして比較的高額な報酬が得られるプログラミング講師は、土日のみで効率的に稼げるため、エンジニアの副業としてオススメです。

ブログ運営

ブログ運営

エンジニアにオススメな土日のみでできる副業の3つ目は、「ブログ運営」です。

エンジニアがブログ運営をすることで、個人の信頼性が高まり、新たな仕事の獲得に繋がります。

初めのうちは訪問者も少ないですが、軌道に乗って月50万~100万PV以上になれば、月に100万円以上広告収入で稼ぐことも可能です。

具体的には、アプリの開発手法やコードの書き方といった、技術的なノウハウを書く「技術ブログ」を執筆します。

技術的な内容をブログで発信することがスキルの証明になり、仕事の獲得に繋がるのです。

ブログは、「WordPress」を利用すれば数千円程度の初期費用で開設することができ、「はてなブログ」などのブログサービスを使えば無料で始めることもできます。

新たな仕事の獲得にも繋がり、広告収入も得られるため、ブログ運営はエンジニアの副業としてオススメです。

【確認必須】エンジニアが土日のみで副業するときの注意点

【確認必須】エンジニアが土日のみで副業するときの注意点

エンジニアにオススメな土日のみでできる副業を見てきました。

ここでは、実際にエンジニアが副業をするときの注意点をご紹介します。
 

  • 開発案件を受託する場合は案件の見極めが必要
  • 本業の会社で副業が禁止されていないか確認が必要
  • バレずに副業するには対策が必要
  • 確定申告を忘れずにする

注意点に気をつけないと、減給や解雇といった事態を招きかねません。

以下で、順に詳しく見ていきましょう。

開発案件を受託する場合は案件の見極めが必要

開発案件を受託する場合は案件の見極めが必要

開発案件を受託する場合は、案件の見極めが必要です。

作業量に対して正当な報酬が得られる案件かどうかを見極め、明らかに単価の低い案件は避ける必要があります。

極端に単価が低い案件は応募する人が少ないため、獲得は難しくありません。

しかし、単価が低すぎるとあまり稼ぐことができず、副業として成立しないのです。

時給4,000円程度が目安になります。

作業量に対して明らかに単価が低い案件は避け、正当な報酬が得られる副業を探しましょう。

本業の会社で副業が禁止されていないか確認が必要

本業の会社で副業が禁止されていないか確認が必要

本業の会社で副業が禁止されていないか、確認が必要です。

社内規定で副業を禁止している企業もあります。

禁止されているのに副業をした場合、減給や降格、最悪解雇されてしまう可能性があるのです。

副業を始める前に、本業の会社で副業が禁止されていないか確認しましょう。

バレずに副業するには対策が必要

バレずに副業するには対策が必要

会社にバレずに副業をするには、対策が必要です。

会社に副業がバレないように、住民税を「普通徴収」にしましょう。

給料から天引きされる「特別徴収」の場合、副業の分だけ住民税額が高くなり、会社にバレてしまいます。

確定申告の際に、住民税の納付方法の項目で「普通徴収」を選択することで、会社にバレずに副業をすることが可能です。

確定申告を忘れずにする

確定申告を忘れずにする

確定申告を忘れずに行いましょう。

副業の所得が20万円を超えた場合は、確定申告が必要です。

所得とは、入ってきたお金全部ではなく、収入から経費を差し引いた額を指します。

義務があるにもかかわらず申告を怠ると、重加算税などのペナルティーを科されてしまのです。

副業からの所得が20万円を超える場合は、忘れずに確定申告を行いましょう。

まとめ

エンジニアの副業について詳しく見てきました。

会社勤務のエンジニアの人にとって、副業はキャリア形成に効果的でオススメです。

土日のみでできる開発案件もあり、エンジニアの経験が活かせる副業で稼ぐこともできます。


明らかに単価の低い案件は避ける、確定申告を忘れずに行うといった注意点にも気を付け、まずはKasookuなど副業募集サイトの登録からぜひ一歩を踏み出しましょう!

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ