土日のみでも営業の副業はできる?具体的な営業案件を交えて解説

土日のみで営業の副業を行う方法を説明しています。メリットやデメリット、注意点を説明した上で、具体的な案件例を紹介しています。この記事を読めば、土日のみでも営業の副業を始められます。

土日のみでも営業の副業はできる?具体的な営業案件を交えて解説のイメージ

目次

  1. 1土日のみでも営業の副業はできます【成果重視】
  2. 2営業の副業における報酬形態【土日の副業なら成果報酬がオススメ】
  3. 3営業の副業をはじめる方法
  4. 4土日のみで営業の副業をはじめるときのポイント
  5. 5副業をするときの注意点
  6. 6まとめ

土日のみで営業の副業をお考えですね?

土日のみで営業の副業を行い収益を得ることは可能ですが、案件ごとの仕事内容や報酬形態など気をつけなければいけない点も多くあるのです。

そこで、今回の記事では土日のみで営業の副業を始める方法やポイント、注意点を紹介しました。

この記事を読むことで、土日のみでの副業方法や注意点がわかり、営業の副業を始めることができます。

是非参考にし、土日のみから営業の副業を始めていきましょう。

土日のみでも営業の副業はできます【成果重視】

土日のみでも営業の副業はできます【成果重視】

土日のみでも営業の副業はできるのです。

具体例を2つ紹介します。
 

  • 1件あたり10%の成果報酬
  • 1件あたり20%の成果報酬

以下で詳しく述べていきます。

1ー2.【具体例】1件あたりの10%の成果報酬

【具体例】1件あたりの10%の成果報酬

1件あたり10%の成果報酬の具体例です。

一件あたり10%の成果報酬のため、30万円の商材ならば10%で3万円の報酬になります。

仕事内容はweb制作案件のリードから受注までです。

こちらの案件では、営業経験があり様々な企業に繋がるのある人、webマーケティングについての知識がある人を募集しており、経験者が優遇されていることがわかります。

1ー2.【具体例】1件あたり20%の成果報酬

【具体例】1件あたり20%の成果報酬

1件あたり20%の成果報酬の具体例を紹介します。

一件あたり20%の成果報酬のため、30万の商材ならば20%で6万円になります。

仕事内容は、転職希望者をクライアントに紹介することです。

紹介した方が転職し、実際に働いた時に紹介料が発生する仕組みになります。

営業の副業における報酬形態【土日の副業なら成果報酬がオススメ】

営業の副業における報酬形態【土日の副業なら成果報酬がオススメ】

結論から述べると、土日のみで営業の副業を行う場合は成果報酬がオススメになります。

固定報酬型では、ノルマやミーティング参加を求められることがあるため、土日のみで検討中の人には負担になる可能性があるのです。

次に、3つの報酬形態について紹介します。
 

  • 固定報酬
  • 成果報酬
  • 固定報酬+成果報酬

以下で述べていきます。

2ー1.固定報酬

固定報酬

固定報酬とは、契約した時点で報酬額が決まっている形態です。

成果数や稼働時間によらず、最初に契約した金額が支払われます。

固定報酬は月に4〜10万円以内が多く、案件によって様々です。

固定報酬型では、契約後の成果ではなく契約前の実績やクラアントの設定に報酬が最初に決まります。

成果を上げなければ固定報酬の契約は打ち切られてしまうので、「成果にかかわらず報酬がもらえる」という誤解はしないようにしましょう。

2ー2.成果報酬

成果報酬

成果報酬とは、成果を上げた分だけ報酬が支払われる報酬形態です。

クライアントが仕事を依頼し契約した段階では、報酬額は発生しません。

案件をこなしていく上で、成果によって報酬が変わります。

成果報酬では、一件成約で10,000〜20,000円の案件が多いです。

多くの成果をあげればそれだけ報酬も上がりますし、上げられなければ報酬も少なくなります。

固定報酬では最初から報酬が決まっているため、クライアントもそれなりの成果や稼働を求めてくることも。

電話での打ち合わせやミーティングなど、土日だけでは対応できない可能性も多くあるのです。

土日のみで副業の営業を行う場合、成果報酬で行いましょう。

2ー3.固定報酬+成果報酬

固定報酬+成果報酬

固定報酬+成果報酬の報酬形態は、固定報酬の金額に加えて、成果に応じて報酬が加算される形態です。

固定報酬が5万円、成果報酬が一件の成約につき10%などの案件があります。

固定報酬が5万円、成果報酬が5万円だった場合、10万円の収益になるのです。

成果が高く上がった場合は、その分の成果報酬がプラスで支払われます。

営業の副業をはじめる方法

営業の副業をはじめる方法

営業の副業をはじめる方法を5つのステップで紹介します。
 

  • 【STEP1】希望の条件を決める
  • 【STEP2】副業エージェントに登録する
  • 【STEP3】希望を満たす案件に応募する
  • 【STEP4】面談をし契約締結
  • 【STEP5】契約時に定めた報酬を受け取る

それぞれみていきましょう。

3ー1.【STEP1】希望の条件を決める

【STEP1】希望の条件を決める

営業の副業を始めるにあたり、まず希望の条件を決めましょう。

闇雲に応募をしても、希望の案件は見つかりません。

営業の副業案件の中には、単価が低いものや多くの時間を要する案件もあるのです。

働く稼働時間や報酬など、営業の副業を行う上で大切な条件になります。

単価が低く長時間働くことで、自分の本業に支障をきたしてしまう可能性もあります。

まずは希望の条件を決めましょう。

3ー2.【STEP2】副業エージェントに登録する

【STEP2】副業エージェントに登録する

営業の副業を始める希望条件を決めたら、副業エージェントに登録しましょう。

副業エージェントに登録することで、副業案件を獲得しやすくなります。

オススメなのがKasooku

Kasookuは営業に特化した副業エージェントです。

掲載されている案件を1つ紹介します。

この案件は、広告代理店 ・映像制作会社 ・出版社 の新規取引先開拓が業務内容です。

報酬は6万〜24万で、スキルによって異なります。

上記以外にも様々な案件が掲載されているので、副業エージェントに登録し案件を確認しましょう。

3ー3.【STEP3】希望を満たす案件に応募する

【STEP3】希望を満たす案件に応募する

希望の条件を決め副業エージェントに登録したら、希望を満たす案件に応募しましょう。

上記で述べた報酬形態は成果報酬を選び、自分の希望条件を満たす案件を探します。

土日のみで営業の副業になるので、勤務時間にも注意が必要です。

3ー4.【STEP4】面談をし契約締結

【STEP4】面談をし契約締結

案件に応募したら、クライアントと面談を行います。

詳細の確認をし、双方が合意すれば契約締結です。

契約が締結すれば、営業の副業が始まります。

3ー5.【STEP5】契約時に定めた報酬を受け取る

【STEP5】契約時に定めた報酬を受け取る

面談をし契約が締結したら、仕事に取り掛かります。

そして、契約時に定めた報酬を受け取りましょう。

上記では成果報酬をオススメしました。

あなたが成果をあげるほど報酬はあがります。

成果に見合った報酬を受け取りましょう。

土日のみで営業の副業をはじめるときのポイント

土日のみで営業の副業をはじめるときのポイント

これまで営業の副業を始める方法について説明しました。

次に、土日のみで営業の副業を始めるときのポイントを3つ紹介します。
 

  • ノルマのないフルコミッション型がオススメ
  • 売れることがイメージできるサービスを選ぶ
  • 本業に支障をきたさない範囲でやる


以下で詳しく述べていきます。

4ー1.ノルマのないフルコミッション型がオススメ

ノルマのないフルコミッション型がオススメ

副業として営業を行う場合は、ノルマのないフルコミッション型を選びましょう。

土日のみで営業の副業を行う場合、ノルマがあると負担になってしまいます。

案件詳細を確認し、ノルマや会議がない案件を選びましょう。

フルコミッション型は、土日のみで行う営業の副業に適しています。

4ー2.売れることがイメージできるサービスを選ぶ

売れることがイメージできるサービスを選ぶ

売れることがイメージできるサービスを選ぶことも大事なポイントです。

副業を行う際、売れなそうな商品をわざわざ選ぶ必要はありません。

副業は自分で案件を選ぶことができます。

自分の得意分野や、ターゲットが明確でかつニーズも明確な売れることがイメージし易いサービスを選びましょう。

4ー3.本業に支障をきたさない範囲でやる

本業に支障をきたさない範囲でやる

営業の副業を行う際、本業に支障をきたさない範囲で行うことも大切です。

副業を始め本業以外から収益が上がると、つい副業に力を入れてしまいがちになります。

副業からくる疲れや睡眠不足から、本業に支障が生まれてしまう可能性があるのです。

副業で営業を行う際は、本業に支障をきたさない範囲で行いましょう。

副業をするときの注意点

副業をするときの注意点

土日のみで営業の副業を始めるポイントについて述べました。

ポイントについて理解をしたところで、注意点も気になる方が多いはず。

そこで副業をするときの注意点を5つ紹介します。
 

  • 住民税を普通徴収にする【会社バレ対策】
  • バレたくない場合は周りに言わない
  • 競合する会社で副業しない
  • 会社に損失を与える行為をしない
  • 会社の信頼を失う副業をしない

以下でそれぞれ説明します。

5ー1.住民税を普通徴収にする【会社バレ対策】

住民税を普通徴収にする【会社バレ対策】

住民税は普通徴収に変更しましょう。

住民税は収益によって変動します。

副業により収益が増えると、住民税の変化により会社にバレてしまう可能性があります。

そこで住民税を普通徴収にすることで、個人で住民税の支払いを行い会社に住民税額の通知が行かないようにするのです。

会社に副業がバレたくない場合、住民税は普通徴収に変更しましょう。

5ー2.バレたくない場合は周りに言わない

バレたくない場合は周りに言わない

副業がバレたくない場合、周りに言わないようにしましょう。

数人に伝えたつもりでも、自分の知らないうちに噂が広がってしまうことも珍しくありません。

副業で収益がで始めるとつい周りに言いたくなってしまいます。

しかし、副業がバレたくない場合は周りの人に言わないことが大切です。

5ー3.競合する会社で副業しない

競合する会社で副業しない

競合する会社で副業しないことも大切なポイントです。

務める企業の大切な情報や技術が、副業を通してうっかり漏れてしまう可能性もあり得ます。

副業がバレてしまうきっかけにもなり得るので、競合する会社での副業は行わないよう注意しましょう。

5ー4.会社に損失を与える行為をしない

会社に損失を与える行為をしない

副業の営業を始めるにあたり、会社に損失を与える行為をしてはいけません。

これは副業に限らず、本業の場合でも禁止されています。

例えば、会社の重要な機密を外部に漏らしたり、本業の取引先とビジネスを行うことです。

または、務める企業のサービスを使い個人的にビジネスをすることも会社に損失をもたらします。
 

会社に損失を与える行為はしないようにしましょう。

5ー5.会社の信用を失う副業をしない

会社の信用を失う副業をしない

会社の信頼を失う副業もしてはいけません。

副業で何か違法な副業に手をだしたり、社会的な信頼を失う行為をした場合、同時に会社の信頼も失います。

違法なキャッチや公序良俗に反した場所で副業するはやめましょう。

会社の信頼を失わない方法で副業をすることが大切です。

まとめ

まとめ

土日のみで行う営業の副業について解説しました。

成果報酬の案件を選び5つのステップをこなすことで、営業の副業を始めることができます。

ノルマのないフルコミッション型を選び、売れることがイメージできるサービスを選ぶなどのポイントもあるのです。

競合する会社で副業しない、会社の損失を与えないなどの注意も必要になります。

しかし、上記の事をしっかり意識すれば営業の副業は可能です。

この記事を参考に、土日のみで営業の副業への一歩を踏み出しましょう!

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ