音楽の副業で稼げるって本当?【具体的な方法5選!】

音楽の副業について詳しく解説しています。結論だけ言うと、音楽の副業で稼げます。この記事では、副業を始める具体的な方法から、副業で稼ぐ上でのポイント、会社にバレずに副業する方法まで網羅的に紹介。この記事を参考に、音楽を武器に稼ぎ始めましょう!

音楽の副業で稼げるって本当?【具体的な方法5選!】のイメージ

目次

  1. 1結論!音楽を副業にして稼ぐことは可能です
  2. 2音楽の副業で稼ぐ具体的な方法【5選】
  3. 3音楽の副業で稼ぐ2つのポイント
  4. 4会社員や公務員でもバレずに音楽の副業ができる!
  5. 5まとめ

音楽で副業を始めたいとお考えですね?

音楽の副業で稼いでいる人は多くいます。

音楽配信やライブ活動、またはアフィリエイトなど、あなたのスキルや知識を使って副業をすることは可能なのです。

この記事を読めば、音楽を副業にして稼ぐ方法が分かります。

以下で詳しく説明するので、是非参考にしてください。

結論!音楽を副業にして稼ぐことは可能です

結論!音楽を副業にして稼ぐことは可能です

結論から言うと、音楽を副業にして稼ぐ事は可能です。

音楽を本業にして食べていくとなると狭き門ですが、音楽を通して稼ぐ事は難易度が高いことではありません。

あなたの音楽に関するスキルを活かすことによって、本業以外での収益を得られます。

そして、収益を上げる方法も様々です。

以下で音楽の副業で稼ぐ具体的な方法について述べていきます。

音楽の副業で稼ぐ具体的な方法【5選】

音楽の副業で稼ぐ具体的な方法【5選】

音楽の副業で稼ぐ具体的な方法を5つ述べていきます。
 

  • ライブで稼ぐ
  • 音楽配信で稼ぐ
  • 楽曲提供で稼ぐ
  • 広告収入で稼ぐ
  • スキルシェアで稼ぐ

以下で詳しくみていきましょう。

2ー1.ライブで稼ぐ

ライブで稼ぐ

ライブで稼ぐことが可能です。

ライブの収益は、主にチケット代やグッズ代。

仮にチケット代が2000円で、ライブに50人きてくれれば10万円、100人きてくれれば20万の収益になります。

しかし、場所代は安くなく、都内でライブハウスを借りようとすると数10万円かかってしまうのです。

また、スタッフを雇う場合は、彼らに給料を支払わなければいけません。

場所代やスタッフ代を考えると、ライブハウスを借りる場合は集客力がなければ赤字になってしまう可能性が上がってしまいます。

ライブで収益を上げるには、どれだけ集客ができるかが大事なポイントです。

もし、ライブハウスを借りることが難しければ、路上ライブでも収益を上げることが可能です。

路上ライブでは初期費用がかからないため、損するリスクを防ぐことができます。

しかし場所やタイミングを選ばないと注意を受け、収益が0円なんてことも珍しくありません。

路上ライブでファンを付け、ライブハウスに来てもらうというのも1つの方法です。

最初から大きな利益を目指すことは難しいので、まずは路上ライブから初めてみましょう。

ライブで大きな収益を得るにはある程度の人気がないと難しいですが、収益を得るのは不可能ではありません。

2ー2.音楽配信で稼ぐ

音楽配信で稼ぐ

音楽配信で稼ぐ方法があります。

音楽配信とは、音楽を不特定多数に対して配るということ。

CDやアルバムを売る方法もありますが、SNSやインターネットの発展した現代では音楽配信がいい方法です。

具体的な方法としては、Amazon MusicやApple Music、YouTubeなどでの配信。

YouTubeの単価としては、1再生あたり約0.02円〜0.1円と言われています。

それに対しApple Musicの単価は1再生約0.7~1.3円と言われているので、YouTubeよりも単価が高く稼ぎやすいです。

音楽配信で稼ぐのも、収益を得る良い方法になります。

2ー3.楽曲提供で稼ぐ

楽曲提供で稼ぐ

楽曲提供で稼ぐことが可能です。

作詞や作曲を自分の得意スキルとするのであれば、その楽曲を売ることが可能になります。

音楽を作ると、著作権が発生し、第三者があなたの音楽を利用する場合は権利収入が発生するのです。

権利収入とは、いわば印税。

AudioStockでは、著作の二次使用を許可した楽曲の使用権を販売できます。
 
あなたの楽曲が利用される度に、収益が発生する仕組みなのです。

利用料は無料で、自分で営業をしなくても収益が発生する可能性があるので、登録をオススメできるサイトと言えます。

しかし、サイトによってはフリー素材になってしまうこともあるので、登録する前にしっかり確認しましょう。

フリー素材化など注意すべきこともありますが、楽曲提供で稼ぐことは可能です。

2ー4.広告収入で稼ぐ

広告収入で稼ぐ


広告収入で稼ぐ方法もあります。

具体的な方法として、以下の2つが挙げられます。
 

  • アフィリエイト
  • アドセンス

1つずつ、見ていきましょう。

2ー4ー1.アフィリエイト

アフィリエイトは広告収入の1つです。

アフィリエイトとは、自分のブログなどで音楽に関するものを紹介し、ブログ経由で商品が購入されると紹介料の数%が収益になります。

成果報酬型になるので、ショップ運営に近い内容になるのです。

例えば、あなたの趣味がギターで、売買の経験があるとしましょう。

その経験が活かせる案件を探し、記事にします。

アフィリエイトの案件には以下のようなものがあるのです。
 

プログラム名 ギター取り扱い専門店A
成果報酬 新規査定3300円

あなたの記事にアフィリエイトリンクを貼り、ギターを売りたいと考えている人がこの広告をクリックし査定に出せば、1人につき3300円があなたの収益になるのです。

ライティングスキルも必要になりますが、検索上位に表示されて多くの人に見てもらうことができれば、継続的に収益が発生します。

2ー4ー2.アドセンス

ブログやYouTubeなどで発信をし、アドセンス広告を貼ることも可能になります。

アフィリエイトは成果報酬なので、クリックされ実際に購入されなければ報酬にはなりません。

一方、アドセンス広告とは、あなたの記事や動画内にある広告がクリックされることで収益になるのです。

クリック単価は幅がありますが、30円程度。

より多くの人をサイトに呼び込むほど、収益は大きくなります。

自分にあった方法を探し、広告収入で稼ぎましょう。

2ー5.スキルシェアで稼ぐ

スキルシェアで稼ぐ

スキルシェアを行い稼ぐという方法もあるのです。

スキルシェアとは、個人間でスキルを売買するという仕組みになります。

業界最大手のcoconalaでは、デザインやイラスト、プログラミング、作曲など様々なスキルシェアを行うことが可能。

例えば作曲の案件では、約2万円から請け負っている人が多くいるのです。

あなたの人気が上がり、継続的に案件依頼があるとすれば、多くの収益になります。

価格も500円〜自分で決めることが可能になるので、自分の望む収益と仕事を貰える範囲での価格設定が大切になるのです。

あなたのスキルをシェアすることで、収益を上げることができます。

音楽の副業で稼ぐ2つのポイント

音楽の副業で稼ぐ2つのポイント

ここまで、音楽の副業で稼ぐ具体的な方法について解説しました。

次に、音楽の副業で稼ぐ2つのポイントを紹介します。
 

  • マーケティングの視点を持つ
  • まずは小さく稼ぐことから始める

以下で詳しく解説します。

3ー1.マーケティングの視点を持つ

マーケティングの視点を持つ

音楽の副業で稼ぐには、マーケティングの視点を持つことがポイントです。

商品が売れる、お金を稼げるということは、そこに需要があるということになります。

需要がなければ、収益は発生しません。

あなたが何をどのように、どのくらい売りたいのか、そしてそれにはどのような需要があるのかを知ることが大切になります。

マーケティングの視点を持つことで、より効率的に音楽の副業で稼ぐことが可能になるのです。

3ー2.まずは小さく稼ぐことから始める

まずは小さく稼ぐことから始める

音楽の副業で稼ぐために、まずは小さく稼ぐことがポイントです。

ライブをするにしろ、広告収入を得るにしろ、まずは小さな収益の積み重ねを目標にしましょう。

小さな収益が上がることで、今後のモチベーションにも繋がります。

最初から大きな収益を目指すのではなく、まずは小さく稼ぐことから始めましょう。

会社員や公務員でもバレずに音楽の副業ができる!

会社員や公務員でもバレずに音楽の副業ができる!

ここまで、音楽活動で副業はできるかどうかや、その方法について紹介してきました。

しかし、「できることはわかったけど、会社にバレないようにできるの?」と気になる人もいるでしょう。

結論から言うと、会社員や公務員でもバレずに音楽の副業をすることが可能です。

会社にバレたくない場合は、確定申告の際に住民税を普通徴収で申告しましょう。

以下で、詳しく紹介します。

4-1.確定申告の際、住民税を普通徴収で申告

確定申告の際、住民税を普通徴収で申告

確定申告の際、住民税を普通徴収で申告しましょう。

所得にかかる住民税の徴収方法は2種類あり、特別徴収と普通徴収があります。

特別徴収とは給与から引き落とされる形態で、あなたが手続きを行わなくても企業が行ってくれます。

普通徴収とは、あなた個人が手続きをして住民税を支払う方法です。

収益が上がると住民税も上がるので、特別徴収の場合、住民税の変化により企業に副業がバレてしまいます。

普通徴収で支払えば、企業はあなたの住民税を知ることはないので、副業を隠すことが可能になるのです。

まとめ

まとめ

今回は、音楽の副業について説明しました。

音楽で稼ぐことは可能で、その方法もライブ・音楽配信・楽曲提供・広告収入やスキルシェアなど様々です。

マーケティングの視点を持ち、まずは小さく稼ぐことから始めることで、音楽の副業で稼ぐ第一歩に繋がります。

あなたの持つスキルを活かし、音楽の副業で稼ぎましょう。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ