40代自営業者にオススメの副業3選【複業で本業にも相乗効果を狙う】

40代自営業の人に向けて、副業に対する考え方と選び方、またそれらを踏まえた腕オススメな副業を厳選3つ紹介しています。結論として、40代自営業の人は副業ではなく複業をするべきです。わかりやすく解説しているので、ぜひ一読ください。

40代自営業者にオススメの副業3選【複業で本業にも相乗効果を狙う】のイメージ

目次

  1. 1副業と複業の違い【40代自営業者は複業をするべき】
  2. 240代自営業者が複業をするメリット・デメリット
  3. 340代自営業者が副業を選ぶときのポイント
  4. 440代自営業にオススメの副業【集客・自営業に関連があると良い】
  5. 5まとめ

副業を考えているあなたは、現在の収入や将来に不安があるのではないでしょうか。

人口減少による売り上げ低下、増税による消費活動の減少、AIにとって変わられる技術職など、自営業者をとりまく厳しい環境で生き残るには、本業以外に収入の柱を増やす必要があるのです。

40代の自営業者には「副業」も良いのですが、本業のプラスになる「複業」をオススメします。

本記事は「複業」とは何なのか、副業と何が違いどんなメリットがあるのかをまとめました。

また、複業を選ぶ際のポイントや、自営業者にオススメな複業も紹介しています。

この記事を読んで、単なる収入アップだけでなく、複業による本業へのプラス効果も狙いましょう!

副業と複業の違い【40代自営業者は複業をするべき】

副業と複業の違い【40代自営業者は複業をするべき】

「副業」と「複業」、読みは同じですがどう違うのでしょうか。

40代の自営業者が複業をするべき理由と合わせてご紹介します。

1ー1.副業と複業の違い

副業と複業の違い

「副業」と「複業」は、稼ぐ目的が大きく異なります。

それぞれの目的の違いを見ていきましょう。

1ー1ー1.副業とは?【サブの仕事】

副業とは、本業以外の仕事で収入を得ることです。

本業の合間に行い、収入の足しにしたり、目先の収入を得ることが第一の目的になります。

副業は以下のような仕事が当てはまります。
 

  • アルバイト
  • ポイントサイトでの小遣い稼ぎ
知識や経験を必要としない簡単な作業が多いため、誰でも稼ぐことができます。

しかし、その分稼げる金額も小さくなるのが副業です。

1ー1ー2.複業とは?【メインの仕事】

複業とは、複数の本業を持つことを言います。

目先のお金を稼ぐ副業とは違い、新たな収入の柱をつくるのが「複業」の目的です。

複業は本業のサブという位置づけではなく、どれも本業という考え方をします。

簡単な作業で誰でもできる副業とは違い、収入の柱になる仕事を立ち上げる複業は、これまでの仕事で得た知識や経験、考える力が必要です。

オススメの複業を以下で紹介していますが、誰でもできる仕事ではない分、稼げる金額は副業よりも大きくなります。

1ー2.副業ではなく複業をやるべき理由

副業ではなく複業をやるべき理由

自営業者が、副業ではなく複業をやるべき理由はなんでしょうか。

それは、複業で得た知識や経験をそのまま本業に活かすことが可能だからです。

小売店経営者が、チラシやDM作成のコンサルティング事業を始めた場合、顧客になるのは企業や店舗経営者達です。

他業種の経営者との繋がりは、企業間コラボレーションや、オリジナル商品の共同開発に発展させることができます。

企業に雇用されているサラリーマンの場合、複業で得た知識や繋がりをその場で本業のアイデアに活かすことは難しいと言えます。

自営業者は、すでに事業立ち上げのノウハウを持っているというアドバンテージもあるため、副業ではなく複業がオススメなのです。

40代自営業者が複業をするメリット・デメリット

40代自営業者が複業をするメリット・デメリット

40代の自営業者が複業をするメリット・デメリットをご紹介します。

メリットだけでなくデメリットも把握しておくことで、複業を始めた後のトラブルを回避できるので重要です。

2ー1.メリット

メリット

自営業者が複業をするメリットは以下の3つです。
 

  • 収入の柱が増える
  • リスク分散になる
  • 本業の業績UPに繋がる

では、順番に見ていきましょう。

2ー1ー1.収入の柱が増える

複業のメリットは、収入の柱が増えることです。

現在の本業とは別の本業をもつことで収入が増え、本業の経営や生活が安定するメリットがあります。

本業が複数あれば「閑散期はもう一つの本業で稼ぐ」ということが可能なのです。

2ー1ー2.リスク分散になる

複業をすることでリスクの分散ができます。

自営業は、企業と雇用関係にあるサラリーマンとは違い、自分の力で大きな収入を狙える反面、収入が安定しているとは言えません。

複数の本業を持っていれば、仮に一つの事業が失敗したとしても、別の本業で収入を確保することができます。

そのため、複業はリスクの分散になるのです。

2ー1ー3.本業の業績UPに繋がる

複業は本業の業績アップにも繋がります。

複業で得た新しいスキルや人脈、アイデアは本業にも活かすことができるため、業績アップに繋がるのです。

複業が本業の業績アップに繋がった例は以下の通りです。
 

  • 複業でスキルが身につき、これまで外注していた作業を自分でできるようになった。
  • 複業の顧客に本業の顧客を紹介して貰った。
  • 複業のスキルと本業を組み合わせて、新しい商品やサービスを開発した。

複業で身につけたスキルは、本業のコスト削減に役立つほか、本業のサービス改善や新しい商品に繋げることができます。

また、複業で得た人脈で、本業の顧客を増やすことが可能です。

複業の顧客が経営者であれば、その人脈はより広がります。

人脈により、本業でこれまでできなかったサービスが実現する可能性もあるのです。

このように、複業は本業の業績アップに繋げることが可能と言えます。

2-1-4.精神的な余裕ができる

自営業者の廃業を決める理由の一つに、精神的なストレスがあります。

その日の売り上げ、時代に対応していけるかという不安、従業員の給与や対応など、悩みは尽きることがありません。

中には悩みによって、体調を崩してしまう事業主もいるほどです。

複業によって、収入アップ・リスクの分散・本業の業績アップが実現できれば、精神的な余裕も生まれ、前向きに本業ができます。

2ー2.デメリット

デメリット

複業には、デメリットもあります。

複業を始める前に、デメリットを確認しておきましょう。

2ー2ー1.体力面や責任面で負担が増える

複業は体力面や責任面で負担が増えます。

もう一つ本業を抱えることになるので、体力の維持や自己管理する力が必要です。

また、複業はアルバイトとは違いプロ意識を求められ、責任も負います。

複業の数だけあなたの負担が増えることは、承知しておかなければなりません。

40代自営業者が副業を選ぶときのポイント

40代自営業者が副業を選ぶときのポイント

ここまで複業のメリット・デメリットをお伝えしました。

メリットが多い複業ですが、仕事の選択を間違えると本業に悪影響がでてしまう可能性があります。

以下のポイントを踏まえて、複業を選びましょう。

3ー1.本業に相乗効果がある副業を選ぶ

本業に相乗効果がある副業を選ぶ

自営業者の複業は、本業に相乗効果があるものをオススメします。

自営業者が複業を始める理由の多くは、本業の収入が心もとないからです。

本業のプラスになる複業を選べば、本業の収入をアップさせることができます。

複業を選ぶ際は、本業に相乗効果があるものがオススメです。

3ー2.体力的に無理をするのは禁物

体力的に無理をするのは禁物

40代の自営業者が、複業で体力的に無理をするのは禁物です。

無理をして、本業に悪影響が出る可能性のある複業はオススメしません。

例えば、本業の店舗の閉店時間後に睡眠時間を削って複業をするというのは、体調を崩す原因になります。

最悪の場合、体調不良で本業の関係者に迷惑や負担をかけてしまい、結果的には本業も複業も続けることが難しくなってしまうのです。

自営業者の複業は、体力的に無理がないものを選びましょう。

3ー3.初期費用のかからない副業を選ぶ

初期費用のかからない副業を選ぶ

複業は、初期費用のかからないものを選びましょう。

初期費用がかかる複業で、万が一失敗して初期費用が回収できなかった場合、本業にも影響が出てしまいます。

例えば、新たに店舗を用意する必要がある複業はオススメできません。

初期費用に数百万円以上かかった上に、赤字続きで倒産になった場合、その損失で本業もまわらなくなってしまう可能性があります。

自営業者の複業は初期費用がかからないか、少ない費用で始められる複業がオススメです。

3-4.趣味が活かせる複業を選ぶ

趣味が活かせる複業を選ぶ

趣味で特定の分野に詳しい人や、スキルを習得している人は、趣味に関連する複業を選ぶ方法もあります。

複業を趣味に関係するものにすることで、モチベーションを上げたり、本業の気分転換になるからです。

昔はプロになる手段が限られた職種が、インターネットの発達によってスキルがあれば誰でも仕事を受注できるようになったという場合もあります。

例えば、イラストや動画、音楽といったクリエイティブな仕事はインターネットの発達により、作品の発信や収入を得る手段が飛躍的に増えました。

アーティスト活動をしながら、本業では全く別の分野の仕事をしている人もいます。

複業は体力的な負担が増えるからこそ、好きなことで稼げるものを選ぶのも一つの方法です。

40代自営業にオススメの副業【集客・自営業に関連があると良い】

40代自営業にオススメの副業【集客・自営業に関連があると良い】

これまで40代の自営業者が副業を選ぶポイントを見てきました。

では、具体的にどんな副業を選べばいいのでしょうか。

40代の自営業者にオススメの副業3つをご紹介します。

4ー1.Webライティング【未経験でもok】

Webライティング【未経験でもok】

Webライティングとは、インターネットに掲載する記事やブログを作成する仕事です。

Webライティングを複業にするメリットは以下の通りです。
 

  • 特別なスキルが必要なく、始めるハードルが低い
  • 初期費用がかからない
  • 魅力的なキャッチコピーを考えられるようになる
  • 人に読まれる文章の書き方が身につく

Webライティングは、文章を書くことができれば始められる副業です。

また、パソコンとインターネット環境があれば仕事が出来るため、初期費用がほとんど必要ありません。

Webライティングの仕事で文章力がつけば、本業の顧客とのコミュニケーションに役立ちます。

さらに、魅力的なタイトルの付け方や、ネット検索にかかりやすくユーザーに読まれる文章の書き方を学べば、本業のチラシやブログにも活かすことが可能です。

自営業者にとって、文字だけで閲覧数や売り上げが変えられるライティングのスキルは、大きな武器になります。

なので、Webライティングの複業は自営業者にオススメです。

4ー2.ブログやYouTubeでの発信【集客源・資産になる】

ブログやYouTubeでの発信【集客源・資産になる】

ブログやYouTubeでの発信も、自営業者の副業に向いています。

ブログやYouTubeで発信するメリットは、以下の通りです。
 

  • ブログや動画内の広告で稼ぐことができる
  • 本業の集客源になる
  • 人脈を広げることができる

ブログやYouTubeは、記事や動画の中に他社の商品・サービスの広告を掲載することで、収入を得ることが可能です。

代表的なものに、ブログにAmazonや楽天の商品を掲載して、閲覧者が購入すると報酬が支払われるアフィリエイトがあります。

アフィリエイトでまとまった金額を稼ぐには地道な投稿と、閲覧数や再生数が伸びる内容にしなければなりません。

しかし、長く必要とされる記事や動画を作成し蓄積していけば、継続的に収益を生み出す資産になるのです。

さらに、ブログや動画の内容が本業に関係したものであれば、本業の集客源になります。

本業と関係のない内容でも、発信をきっかけに新たな人脈をひろげ、集客に活かすことが可能です。

4ー3.コンサルティング【自営業で得たノウハウを活かす】

コンサルティング【自営業で得たノウハウを活かす】

コンサルティングは、あなたの知識やノウハウを顧客に提供する副業です。

コンサルティングの副業のメリットは、以下があります。
 

  • 自営業で得た知識や経験をそのまま活かせる
  • 初期費用がかからない。
  • 時間単価が高い
  • 人脈が広がる

コンサルティングは、自営業で得た知識・経験・ノウハウをそのまま活かせるため、始めやすい副業です。

経営者を相手に成功事例のノウハウを提供したり、個人にプロの知識や技を教えたりと、教える分野も規模も自由に選ぶことができます。

また、知識が商品になるため初期費用がかからず、時間単価も1時間の相談で数千円に設定することが可能です。

コンサルティングで広がった人脈を、本業の集客や新たなアイデアに繋げることもできるため、自営業者にはオススメの副業と言えます。

まとめ

40代自営業者の方は、本業にも相乗効果のある複業がオススメです。

目先のお金を稼ぐのでなく、自己投資や本業である自分のビジネスにプラスになるような副業を選びましょう。

また、40代からの副業で体力的に無理をするのは禁物です。

以上のようなポイントを踏まえて、本記事では40代自営業者にオススメな副業を3つ紹介しました。

本記事を参考にぜひ副業で新たな収入源を作りましょう。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ