SEにオススメの副業3選!【土日のみ・在宅可も】

SEの副業について詳しく解説しています。この記事では、副業を始める具体的な方法から、副業で稼ぐ上でのポイント、会社にバレずに副業する方法、SEにオススメの副業まで網羅的に紹介。この記事を参考に、SEのスキルも活かして稼ぎ始めましょう!

SEにオススメの副業3選!【土日のみ・在宅可も】のイメージ

目次

  1. 1会社員のSEでも副業はしていいの?【まずは会社の規定を確認】
  2. 2まず確認!SEが副業をするメリット・デメリット
  3. 3知っておこう!SEが副業を選ぶときのポイント
  4. 4SEにオススメの副業3選!
  5. 5まとめ

SEにも副業ができるか気になるようですね。

SEの人でも副業をして、副収入を得ている人は多くいます。

自宅でできるリモートワーク案件や、本業にも活かせるスキルが得られる案件など、あなたの経験になるものがあるのです。

この記事を読めばSEとして副業する方法がわかります。

是非参考にしてください。

会社員のSEでも副業はしていいの?【まずは会社の規定を確認】

会社員のSEでも副業はしていいの?【まずは会社の規定を確認】

SEとして副業をしたいと考えたのならば、まずは会社の規定を確認しましょう。

企業によって、副業が禁止かどうかの規定は様々です。

あなたの勤める企業が副業を禁止しているのに副業をしてしまった場合、減給やペナルティを受けてしまう可能性があります。

信頼や人間関係にも関係するので、しっかりと確認しましょう。

しかし、副業がバレないでできる方法もあります。

以下で説明していきますので、ぜひ参考にしてください。

1ー1.バレずに副業をする方法

バレずに副業をする方法

バレずに副業をするには以下の2つの方法があります。
 

  • 確定申告を行うとき、住民税を普通徴収にする
  • 本業に影響が出ない範囲で働く

以下で詳しくみていきましょう。

1ー1ー1.確定申告を行うとき、住民税を普通徴収にする

確定申告を行うときは、住民税を普通徴収にしましょう。

所得にかかる住民税の徴収方法は2種類あり、特別徴収と普通徴収があります。

特別徴収とは給与から引き落とされる形態で、あなたが特別な手続きを行わなくても企業が全て行ってくれる形態です。

もしあなたが副業で収益を得ている場合、住民税が変わるため企業にバレてしまいます。

一方、普通徴収とは、あなた個人が自分で住民税を支払う方法です。

普通徴収で支払うことにより、企業側はあなたの住民税の変化を知ることがないので、副業を隠すことが可能になります。

1ー1ー2.本業に影響が出ない範囲で働く

本業に支障が出ない範囲で働くことも、バレずに副業をする上で大切と言えます。

副業を初めて本業以外で収益が上がると、つい本業を疎かにして副業に力を入れたくなってしまうのです。

しかし、副業に力を入れすぎてしまうと本業に支障をきたし、その変化から副業がバレてしまう可能性があります。

例えば、睡眠時間を大きく削り副業に取り組めば、本業の仕事中に眠くなるなど、ミスの原因となってしまう可能性があるのです。

なので、副業をする際は本業に支障がでないことを前提に行ないましょう。

まず確認!SEが副業をするメリット・デメリット

まず確認!SEが副業をするメリット・デメリット

上記では、そもそも副業が可能かどうか、バレない方法について紹介しました。

SEとして副業をする場合、メリットとデメリットが存在します。

副業を始める上のメリットとデメリットはしっかり確認しておきましょう。

2ー1.メリット

メリット

SEとして副業をするメリットは以下の3つです。
 

  • 収入が増える
  • 本業につながるスキルが得られる
  • 人脈が増える

1つずつ、詳しく説明します。

2ー1ー1.収入が増える

SEとして副業をすることで収入が増えます。

企業に勤めながら年収を上げ続けるのは、簡単ではありません。

しかし、自分の隙間時間や休日に副業を行うことで、今より確実に収益を増やすことが可能です。

後ほど説明しますが、SEとして副業を探すことは難しくありません。

収入が増えることで生活に余裕が生まれ、自由に使えるお金が増えることは大きなメリットです。

2ー1ー2.本業に繋がるスキルが得られる

SEとして副業をすることで、本業に繋がるスキルを得ることができます。

今まで得たスキルを活かし、さらに案件をこなすことで自分のスキルアップに繋がるのです。

また、本業ではなかなか取り組むことのない案件や分野を自分で選ぶことが可能になります。

そのため、企業に勤めているだけでは得ることのできなかったスキルを新たに学ぶことが可能になるのです。

2ー1ー3.人脈が増える

副業を行うことで人脈が増えます。

案件の依頼主は企業や社長、フリーランスなど様々です。

企業に勤めていると多くの同業者や同僚と出会う機会は多いかもしれませんが、副業を行う際に出会う人は今まで接点がなかったような人が多くいます。

人脈が広がることで視野が広がり、新しいチャンスが舞い込んでくる可能性も上がるのです。

副業において人脈はとても大切な資産の1つなので、積極的に人脈を作りましょう。

2ー2.デメリット

デメリット

上記では副業のメリットについて説明しました。

次にSEとして副業を行う際のデメリットを2つ紹介します。
 

  • 休日も働くことが増える
  • 副業禁止の会社にバレたときのリスクがある

以下で詳しく説明していきます。

2ー2ー1.休日も働くことが増える

副業をすると、休日も働かなければいけない場合があります。

企業に勤めている場合、平日は仕事に行かなければなりません。

本業を疎かにしてはいけないので、副業は仕事後や休日にやる必要があります。

今まで自由に過ごしていた時間を副業に当てなければいけないため、自分の時間や趣味に費やせる時間は減ってしまうのです。

休日も働くことが増えることは、副業のデメリットと言えるでしょう。

2ー2ー2.副業禁止の会社にバレたときのリスクがある

副業禁止の会社に、副業の事実がバレた時のリスクはデメリットの1つです。

副業が禁止されていなければ問題ありませんが、社内規定で副業を禁止している企業もあります。

禁止されているのに副業をしてバレてしまうと、減給や注意を受けてしまうのです。

これらのリスクがあることは、副業のデメリットと言えます。

知っておこう!SEが副業を選ぶときのポイント

知っておこう!SEが副業を選ぶときのポイント

これまで、副業のメリットやデメリットについて説明しました。

次に、SEが副業を選ぶときのポイントを4つ紹介します。

ポイントは、以下の4つです。
 

  • スキルが活かせるか
  • 本業にもプラスの経験になるか
  • 初期費用がかからないか
  • 土日/在宅/単価など希望の条件を満たしているか

以下で詳しく説明していきます。

3ー1.スキルが活かせるか

スキルが活かせるか

副業を選ぶ際、あなたのスキルが活かせることがポイントになります。

せっかくSEとしての知識や経験、スキルがあるのに全くスキルがなくてもできるような副業をするのはもったいないです。

今まで培ったものを活用して副業をすることで、より条件の良い案件を獲得することができ、高い報酬を得る可能性が高まります。

今まで培ったスキルが活かせる副業を探しましょう。

3ー2.本業にもプラスの経験になるか

本業にもプラスの経験になるか

本業にもプラスの経験になるかということも、副業をする上で大事なポイントと言えます。

せっかく副業をするのであれば、収益を上げつつも何か学べることがあるといいです。

本業を行う上で副業の経験が活きて、何かプラスのスキルを得ることができれば、あなたが副業をする価値はより高くなるでしょう。

なので、本業にもプラスになる経験が得られる副業をすることは、大事なポイントです。

3ー3.初期資金がかからないか

初期資金がかからないか

副業をする上で初期費用をかけないことも大事なポイントです。

まだ副業を経験した事がない時点で、高額な初期費用をかけるのはリスクになります。

副業がうまくいくか、そして本業と両立できるか分からないうちに高額な初期費用をかけてしまうと、副業を継続して行うことが難しいときに損をしてしまうのです。

副業がどんなものか分かり継続して出来ると思った時には、費用をかけるのも良い方法になります。

まずは、初期費用のかからない副業から始めましょう。

3ー4.土日・在宅・単価など希望の条件を満たしているか

土日・在宅・単価など希望の条件を満たしているか

SEとして副業を始める際、自分の希望条件を満たしているか確認しましょう。

案件により働く形態は様々なので、自分の条件とあっているか確認することが大切になります。

中でも、副業を土日のみ、在宅のみで希望する方が多いです。

自分の望む単価条件を満たしているかも大事なポイントになります。

単価が低すぎると、モチベーションを保つ事が難しくなるのです。

自分の希望条件を満たしているかも確認しましょう。

SEにオススメの副業3選!

SEにオススメの副業3選!

上記ではSEとして副業をする際のポイントを説明しました。

次にSEにオススメの副業を3つ説明します。
 

  • 受託開発案件
  • プログラミング講師業
  • ブログ運営

以下で詳しく説明していきます。

4ー1.受託開発案件

受託開発案件

受託開発案件は、SEにオススメの副業になります。

受託開発案件とは、システムやサイトの開発を請負う副業で、在宅案件が多いことも特徴です。

場所に囚われることがないので、副業としては最も取り組みやすいでしょう。

また、受託開発案件を得る方法は主に2つあります。
 

  • クラウドワークス
  • コデアル

1つずつ、見ていきましょう。

4ー1ー1.クラウドワークス【在宅案件多数】

クラウドワークスとは、企業や個人が案件を掲載し、個人が案件に応募し受注できるwebサービスになります。

案件や単価は幅広く、自分の理想とする案件を探すことができるのです。

しかし1つの案件に応募が殺到し、競争率が高い場合も多くあります。

フリーランスや一般の人も、クラウドワークスを利用しているからです。

しかし、クラウドワークス上に在宅案件は200件以上あるので、案件探しに困ることは少ないでしょう。

4ー1ー2.コデアル【週1〜常駐】

コデアルもSE向けの副業が探せるサイトです。

コデアルは週1リモートワークから可能の案件などが見つけられます。

10,000人以上が登録しており、700社以上の取引が存在するのです。

コデアルでは最低時給単価が2,500円〜と定められているため、高収入を望める可能性が上がります。

4ー2.プログラミング講師業【作る側から教える側へ】

プログラミング講師業【作る側から教える側へ】

プログラミング講師業もオススメの副業です。

IT化や小学校からプログラミング教育が導入されることなどから、近年一気にプログラミングを学ぶ人が増えています。

そのため、プログラミングを教えられるのは大きな武器になります。

また、オンラインのプログラミング指導サービスの講師を務めることも可能です。

具体的には「CodeCamp」や「TechAcademy」が有名。

講義の日時も指定できるので、自分の都合に合わせて副業ができます。

開発側ではなく、教える側になり副業をするのもいい方法でしょう。

4ー3.ブログ運営【長期的な視点で】

ブログ運営【長期的な視点で】

長期的な目で見たときに、ブログ運営も副業として良い方法です。

ブログ収入としてはアフィリエイトやアドセンスが有名になります。

しかし、収益を上げるまでには継続して更新をし、質の良い記事を書く根気が必要になるのです。

ブログ運営ではすぐに収益は発生しません。

ですが、長期的な視点で見たとき、サイトを育てることができれば自分の財産になります。

副業でブログ運営をすることで、労働ではなく資産で稼げるようになるのです。

まとめ

まとめ

今回はSEの副業について紹介しました。

 SEの方が副業を始める際には、ただお金を稼ぐだけでなく、せっかく持ち合わせているスキルを最大限に活かすという視点が重要です。

方法は受託案件開発からプログラミング講師業、そしてブログ運営などがありました。

この記事を参考に、まずは案件応募など一歩踏み出しましょう。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ