Webマーケティングスキルを活かしてできる副業【始め方も解説】

Webマーケティングの副業について詳しく紹介しています。Webマーケティングの副業を始める方法から、必要なスキル、注意点まで網羅的に解説しています。この記事を読むことで、Webマーケティングの副業への一歩が踏み出せます!

Webマーケティングスキルを活かしてできる副業【始め方も解説】のイメージ

目次

  1. 1Webマーケターが副業をすべき理由
  2. 2Webマーケティングの副業をはじめる方法
  3. 3Webマーケティングの副業に必要なスキルとは?
  4. 4Webマーケティングの副業はどれくらい稼げる?
  5. 5Webマーケティングの副業における注意点とは?
  6. 6まとめ

Webマーケティングの副業を始めたいとお考えですね?

WebライティングやWeb制作の副業に続き、最近ではより効率的に稼げる副業としてWebマーケティングが注目されているのです。

そこで今回の記事では、今の収入にプラスαで稼ぐために、Webマーケティングのスキルを活かして副業をする方法を説明します。

必要なスキルや案件の獲得方法を知ることで、副業をすることが可能です。

Webマーケティングのスキルを活かして、副業を始めましょう。

Webマーケターが副業をすべき理由

Webマーケターが副業をすべき理由

Webマーケターが副業をすることで、効率よく稼ぐ事が可能です。

本業のスキルが活かせるので、学習コストがかかりません。

さらに、Webマーケティングを副業ですることで、スキル向上や幅広いマーケティングに関する知識を得ることが可能です。

本業のWebマーケティングスキルを活かせる副業がお勧めになります。

Webマーケティングの副業をはじめる方法

Webマーケティングの副業をはじめる方法

Webマーケティングの副業をはじめるには、案件を獲得しないといけません。

案件を獲得する方法は、主に3つあります。
 

  • クラウドソーシングサービスを利用する
  • エージェントを利用する
  • 知人から紹介してもらう

それぞれのメリット・デメリットも踏まえて自分に合った方法を探しましょう。

以下でそれぞれ詳しく見ていきます。

2ー1.クラウドソーシングサービスを利用する

クラウドソーシングサービスを利用する

Webマーケティングの副業を始めるには、クラウドソーシングサービスを利用しましょう。

今回紹介するクラウドソーシングサービスは、案件数が豊富なので、全て登録しておきましょう。

本項では、知名度の高い2つのサービスを紹介します。
 

  • Lancers(ランサーズ)
  • CrowdWorks(クラウドワークス)

それぞれ、詳しく見ていきましょう。

2ー1ー1.Lancers(ランサーズ)

Lancersで、Webマーケティング案件を獲得することが可能です。

実際に「Webマーケティング」のプロジェク案件で絞り込み検索すると、2019年7月時点で1,500件以上の案件が見つかります。(参考:検索結果ページ

見つかった案件の中から、希望にあった案件に対して提案をしましょう。

提案をし、先方が合意することで正式受注です。

また、ランサーズでは実績が積み重なると、「認定ランサー」という称号を貰えます。

依頼する側からみて、信頼性の担保になるので、Lancersを利用する際は「認定ランサー」の獲得を視野に、1つ1つの案件を行いましょう。

2ー1ー2.CrowdWorks(クラウドワークス)

CrowdWorksでも、Webマーケティングの案件を獲得することが可能です。

「Webマーケティング」のプロジェクト案件で絞り込み検索すると、2019年7月時点で50件以上の案件がヒットします。(参考:検索結果ページ

案件数ではLancersの方が多いですが、Lancersでは募集されていない案件も存在するので、両方とも登録しておくのがオススメです。

案件獲得までは、Lancers同様、提案後クライアントの合意で正式受注となります。

2ー2.エージェントを利用する

エージェントを利用する

スキルに自信があり、少ない労力で仕事を獲得したい人は、エージェントを利用して案件を獲得しましょう。

エージェントをつけることで、提案作業を省くことが可能です。

以下では、高単価案件が多く出回っているエージェント、Workship Agentを紹介します。

2ー2ー1.Workship AGENT(ワークシップエージェント)

Workship Agentは、ハイレベルなスキルホルダーのためのフリーランス案件マッチングサイトです。

登録後、担当者とのヒアリングが行われ、希望条件にあった案件を、エージェントから紹介してもらえます。

Workship Agentのマーケティグ案件では、以下の経験がある人は登録必須です。
 

  • コンテンツマーケティング
  • SNSマーケティング
  • バズプランニング

時給単価4,000円以上の高単価案件を受注したい人に、オススメです。

2ー3.知人から案件を紹介してもらう

知人から案件を紹介してもらう

知人から案件を紹介してもらい、案件を獲得することも可能です。

具体的なシチュエーションとして、以下の2つがあります。
 

  • 情報発信して自分の媒体に連絡が来る
  • SNSで自ら人脈を作る

SNSなどで自分のスキルや知識を発信していると、周りに自分がどのような事をできるのかが認知されます。

認知されることで、クライアントが自分のスキルや実績を把握し、案件を提案してくれるので、営業活動も不要です。

情報発信をすることで、プル型で案件が獲得できます。

Webマーケティングの副業に必要なスキルとは?

どんなスキルが必要なのか?

ここまで、クラウドソーシングサイトやエージェントを利用して、案件を獲得する方法を説明しました。

もちろん、案件により必要なスキルは異なりますが、本項ではWebマーケティング全般が業務範囲の案件を仮定して紹介します。

それでは、基本的にWebマーケティングに必要なスキルを見ていきましょう。

3-1.Web広告運用スキル

Web広告運用スキル

Webマーケティングの副業には、広告運用スキルが必要です。

最低限、以下2つの運用経験があることが望ましいです。

・GDN(Googleディスプレイネットワーク)
・YDN(Yahoo!ディスプレイアドネットワーク)

運用スキルを具体化すると、下記が挙げられます。

・広告入稿作業
・広告文作成
・レポーティング
・運用結果の分析と提案

会社では、作業が分担されていたり、一部外注していたりもしますが、副業では一気通貫でできることが求められます。

Web広告運用スキルを活かして、予算内の広告費でより大きな成果を目指しましょう。

3-2.SNS運用スキル

SNS運用スキル

Webマーケティングの副業には、SNS運用スキルも必要です。

SNSの利用者増加と消費行動の変化に伴い、SNS運用のニーズが高まっています。

複数あるSNSの特徴や、利用ユーザーの性質などを理解して、各SNSで最適な運用が必要です。

SNS運用では、いかにファンを増やすかがポイントで、ユーザーとのコミュニケーション、発信コンテンツの作成などがメイン業務となります。

なので、Webマーケティングの副業には、SNS運用スキルが必要なのです。

3-3.アクセス解析スキル

アクセス解析スキル

Webマーケターにとって、アクセス解析スキルは必要不可欠です。

アクセス解析をすることで、各媒体でユーザーの行動を分析し、改善案の立案ができます。

具体的なアクセス解析ツールとして、PV数や流入数の確認ができるGoogleアナリティクスは扱えるようにしましょう。

アクセス解析スキルは、マーケティングの効率を向上させるのには必要不可欠なスキルです。

3-4.プログラミングスキル

プログラミングスキル

Webマーケティングでは、プログラミングスキルが必要です。

Webマーケティングにおける使用頻度の高さから、クリエイティブ制作に必要なHTML/CSSといったマークアップ言語のスキルも必要と言えます。

他にも、Pythonのスキルがあると、業務効率化が可能です。

プログラミングスキルがあることで、あなたのWebマーケティング業務を効率化することができます。

Webマーケティングの副業はどれくらい稼げる?

副業でいくら稼げるの?

Webマーケティングの副業は、他のWeb案件に比べて高単価なことが多いです。

具体的な価格については、案件ごとに異なるので、以下でそれぞれ個別にみていきましょう。

案件次第ですが、相場を理解すると、自分ができる案件の中で効率よく稼げるものはどれかを、見つけられます。

4-1.Webディレクター

Webディレクター

Webディレクター案件では、1件10万円からが相場になります。

2019年7月時点で募集中のこちらの案件では、約半年の契約で10万/月+インセンティブという条件です。

主な業務は進捗管理やクライアントへの提案で、成果次第ではインセンティブもあるので、スキル次第では大きく稼ぐことが可能。

4-2.リスティング広告運用代行

リスティング広告運用代行

リスティング広告運用代行の案件では、1件につき約5万円を稼ぐことができます。

こちらの案件では、制作を除いた運用が作業内容で、運用額の10%が実際に支払われました。

リスティング運用案件の相場は、運用額の10%~20%が報酬となるのです。

4-3.SEOコンサル

SEOコンサル

SEOコンサルの案件では、10万〜40万円/月稼ぐことが可能です。

SEO対策の結果はすぐに出ないため、継続的な収入が見込めます。

案件獲得が困難ですが、Webマーケティングの副業を始めるなら、受注したい案件です。

スキルと実績が必要ですが、コンサルであれば工数も少なく、安定的かつ大きく稼ぐことが可能です。

Webマーケティングの副業における注意点とは?

副業をするときの注意点

ここまで、Webマーケティングスキルを活かしてできる副業の報酬例や、案件獲得方法について説明しました。

本項では、副業を始める際に知っておきたい、2つの注意点について解説します。
 

  • 本業に支障が出ないように気をつける。
  • 確定申告は忘れずにする。

それぞれ、みていきましょう。

5-1.本業に支障が出ないようにする

本業に支障が出ないようにする

本業に支障が出ないように、自分のキャパシティーを考えて仕事を受けましょう。

副業なので、案件を受注しすぎて本業に支障をきたしてしまっては、本末転倒です。

また、スケジュールの詰め込み過ぎで、体調を壊さないように自己管理も大切。

本業に支障が出ないように受注量、体調をしっかり管理しましょう。

5ー2.【必須】確定申告は忘れずにしましょう

【必須】確定申告は忘れずにしましょう

サラリーマンでも副収入がある人は、確定申告をする必要があります。

申告しないという行為は、脱税にあたるのです。

副業での収入が、月20万円以下では確定申告する必要がないと耳にしますが、企業と直契約をしている場合は例外。

確定申告をしないと後から罰金が来たり、悪質な場合は逮捕されるケースもあるのです。

まとめ

まとめ

Webマーケティングスキルを活かした副業を始める方法から、報酬例、必要なスキルまで、詳しく解説しました。

まずは、クラウドソーシングサービスから案件を獲得して、実績を積みましょう。

実績をコツコツ積む事が信用に繋がり、大きな案件を獲得することもできます。

スキルに自信のある人は、エージェント登録もオススメです。

また、実際に稼いだ際の確定申告は忘れずに行ってください。

この記事を参考に、副業への一歩を踏み出しましょう。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ